2010年05月30日

一二三さんのライブ(大阪)でヨガをします

一二三(ひふみ)さんのお誘いを受け、

ライブイベント「ぽかぽか村」で、ヨガをさせてもらうことになりました。

pokapoka.jpg

私のヨガは、17時半〜18時だそうです。


一二三さんのつくりだす、あたたかくて、ゆるくて、ピースフルな世界を感じに来てください。

お申し込みは、ひふみさんのサイトからどうぞ。
http://hifumi123.jugem.jp/?cid=1


大阪北浜「雲集堂」
6月13日(日)

開村 17:00
開宴 18:00
チケット代 2000えん(とドリンク代)
posted by ぬん at 23:58 | Comment(0) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

電車の中で焼き芋をたべるダーマ先生

30k_R0014440.jpg

キュートです。


ダーマ先生は、iPadを持っていて、
電車の中で、使い方をレクチャーしてくれた。

おちゃめなハイテクじいさんです。


71歳の人から、iPadの使い方を伝授されることになるとは。


30k_R0014255.jpg

30k_R0014263.jpg

30k_R0014279.jpg

30k_R0014283.jpg

30k_R0014286.jpg

30k_R0014322.jpg
posted by ぬん at 13:18 | Comment(2) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

アンドレのヨガWS(大阪)終了しました!

50k-R0014448.jpg

アンドレ先生のヨガワークショップ in大阪、昨日、無事、開催することができました。


参加いただいたみなさん、

手伝っていただいたみなさんに感謝です!!

50k-R0014443.jpg

50k-andrei_B.jpg


とてもなごやかで、深いワークショップになりました。


ありがとうございます!!!


posted by ぬん at 23:07 | Comment(0) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

今週土曜に、瞑想会します

ぎりぎりの案内になってしまいましたが、
今週土曜日、5/29の16時から、瞑想会をします。

今回は、神戸の東灘区民センターで行います。
http://www.kobe-bunka.jp/facilities/higashinada/

JR住吉駅と直結で、徒歩2分です。

■スケジュール5/29(日)
15:45〜16:00 受付
16:00〜17:00 私のヨガ体操

 今回は、香港でMarkWhitwell先生に教えてもらった、チベットハートヨガを基にやります。
 体の動きに合わせて、自然に呼吸が生まれ、呼吸に合わせて自然に瞑想できるような、
 体操をします。


17:00〜18:00 立川先生の講習

 今回は、今まで以上に簡単な瞑想方法を考えているそうです。

18:00〜19:00
 クンダリニー瞑想
 チャクラや呼吸を使った瞑想になります。

<その後、希望者のみ、場所を変えて茶話会>

 アジアヨガカンファレンスや、ダーマ先生のおみやげ話ができると思います。

途中参加、途中退場など、部分的な参加でもOKです。


■費用

500円


■持ち物

動きやすい服装


今回も、おもしろくなりそうです。

おもしろい人が集まって、ご縁がつながって、広がっていくと良いなあと思ってます。
ぜひ、お気軽にご参加あれーー


参加希望の方は、事前に、私までメールくださいな。
sakakiba★gmail.com
(★を@に変えてください。いたずらメール対策です)


posted by ぬん at 22:13 | Comment(1) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

アジアヨガカンファレンスで泣いてしまった

香港の、アジアヨガカンファレンスに参加しました。

世界中のカリスマのヨガ先生が集まる祭典で、
好きなクラスを選んで受けることができます。


今回のように、いい先生だらけだと、
とても目移りしてしまいます。

全部の先生の授業を受けたくなる。


そして、がんばって、いっぱい受けました。

アメリカンなヨガも、インドの伝統的なやつも、次々と。
どの先生も、人間性がすごすぎて、超刺激的でした。


そして、どの先生も、
いろんなアプローチで、ヨガを教えていて、
続きを勉強したくなるものばっかりだった。


でも、今、必要なのは、
いろんな先生のやり方を、次々と真似するのでなく、
どのやり方でもいいから、決めたやり方で練習し続けることだと思いました。

本質は、みんな同じなのです。

そして、今日の
ゲシェ・マイケル・ローシュ先生の講義で、変なことがおこった。


今日の講義のテーマは、

「良い先生を見つけて、その先生に奉仕する方法」でした。


先生は言いました。

「今日、このカンファレンスに招待されている先生は、
 ほとんどが、良い師匠と、何年もいっしょに過ごしている。

 ダーマミトラーを見てみなさい。
 彼は師匠と、8年もいっしょに暮らしている」

そして、先生は、自分の師匠のことを話そうとしたときに、
師匠のことを思い出したようで、

「ぼくは今、ちょっと泣きたい」と言って、泣きだしました。
「師匠から受け取るのは、ヨガの知恵だけではない。
 愛情、関係、すべてを与えてくれる。
 いい先生にささげるほど幸せなことはないんだ」


ぼくも、もらい泣きをしました。

そして、自分は、いったい何をやってるんだろうと思いました。

ダーマ先生や、塚本先生のような真のヨギに出会っていながら、
まだ他に探している。


その後、みんなで、キルタンと言って、楽器に合わせて歌うのをやりました。

その歌詞は、
「グル ナイラヤ、 グル ナイラヤ」
というものでした。
たぶん、師匠への愛の言葉だと思います。


それを歌い始めたとき、
ぼくは、塚本先生が頭に浮かんできて、
なぜか涙が止まらなくなってしまいました。

ぼくが今、求めているヨガは、
2weekのティーチャートレーニングでも、
1カ月のインド滞在でもなく、

ただ、バクティ(愛)を捧げられる、1人のグル(先生)だと思いました。


うーむ。やっぱりねえ。
そうなのかねえ。

なんか、
今回受けた、ヨガカンファレンスは、
すべて、このために仕組まれていたような、不思議な感じがする。

泣いてしまったこのクラスも、今朝、急遽、変更して受けたものだし、
受けたクラスがすべて、ひとつの物語でつながっている気がします。


やっぱり、
札幌に行って、塚本先生としばらく一緒にいたいなあと
改めて思いました。


posted by ぬん at 00:21 | Comment(4) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

香港のオーガニック事情

香港のオーガニック事情


香港は、オーガニックに関しては進んでいるみたいです。

調べてみたらけっこうありました。
ナチュラル、ヘルシーというのが普通にはやっているようです。


かなりいけてるオーガニックスーパーがありました。

デパートの中に入っている「スリーシックスティ」という店です。


とても広くてテンションが上がります。

 
オーガニックの野菜や果物がいっぱい。

50k-20100515hongkong 010.jpg

パンやお菓子もいっぱい。

50k-20100515hongkong 012.jpg

オーガニックのお酒だけでこんなに広い。

50k-20100515hongkong 008.jpg

明日の朝食用のパン・りんごと、
おみやげの中国茶を買った。


 
そして、ネットで評判のオーガニックカフェにも行ってきました。
LIFE organic Health Cafe
50k-20100515hongkong 014.jpg


ランチセットは、
スープ、パスタ、クッキー、ドリンクがついて
10HK$(約1200円)
でした。


50k-20100515hongkong 002.jpg

50k-20100515hongkong 003.jpg

香港の食事代は、日本の半額くらいなので、
高いと言えば高いけど、日本で考えたらお得です。


そいで、2日連続で、今日また行ってしまったので、
これが今日食べたバーガーセット。


50k-20100515hongkong 019.jpg

全粒粉のパンの上に、炒めた玄米と豆腐を揚げたものが乗っている。
これはオイリー&味が濃くて、あんまりだった。
付け合わせもポテトフライなので、ちょっとバランスが。


やっぱマクロがいいかな。


しかし、香港は、おいしそうなものがいっぱい並んでいます。

肉や魚介もおいしそうで、目移りしてしまいます。
posted by ぬん at 23:56 | Comment(1) | 食と農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

香港に来た。

香港に来ました!

今回は、香港から北海道まで、
ダーマミトラー先生をお連れするという大役を仰せつかりました。

ダーマ先生は、
香港での、「アジアヨガカンファレンス」で講師を務めた後、
北海道ニセコでの、200時間ティーチャートレーニングに参加されるので、

私も、お供させていただいて、来週月曜に、いっしょにニセコに参ります。



せっかく香港まで来たので、
私も、アジアヨガカンファレンスに参加して、
いろんな先生のヨガレッスンを受けまくります。


明日
アナ・フォレスト先生と、Mark Whitewell先生


あさって
シーン・コーン先生と、ダーマ先生と、カルロス・ポメダ先生の瞑想クラスと、
ゲシェ・マイケル・ローシュ先生の講義


しあさって
ダーマ先生と、Dr.Madhavannのヨガセラピー講義と、Lama Christie McNally先生の瞑想


知らない先生がいっぱい。

英語が理解できるかどうかは不明。
わかる範囲でがんばります。


今日の夕方に着いて、とくに目的もなく、街をふらふらしました。


ダーマ先生とお会いするとあれば、
肉と魚を食べるのをやめて、アヒムサ(不殺生)に徹しなければなりません。

まあ、今さら急にやめても遅いですが。
先生には、すべて見通されてしまうに違いないです。


ヌードル屋に行って、「ベジタブル」を頼んだら、
麺がない、ただの「ゆで青菜」がでてきた。
そりゃないでしょー
麺が食べたいわ。私は。
ヌードル屋に入ったからには。


次のお店でも、注文の仕方がわからず、ついつい魚とビールを平らげてしまいました。


明日から、アヒムサがんばります。

ちょっとネットで、ベジレストラン(ヘルシーなやつ)を探してみます。
また、マクロビの店とかないかな。


posted by ぬん at 23:43 | Comment(2) | 日々、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うわさのハラドーナッツ(神戸元町)に行った。

hara-donut.jpg

昨日、うわさのハラドーナッツに行った。
ドーナツやさんに併設されている、cafe「豆茶」
神戸の元町商店街に、最近できました。

ヘルシーで安全な、おやつと飲み物を出すお店です。


平日だというのにすごい人です。
ドーナッツに並ぶ行列ができております。


ぼくは、ハラロールと紅茶を頼んだ。
どっちも超うまいです。うまいーーー

hara-roll.jpg


追加でドーナッツも頼んじゃった。
うまいーーー。

こういう、甘さがやさしいスイーツは、いっぱい食べれちゃう。


このこだわりを見てください。


はらドーナッツ8つの安心
http://haradonuts.jp/8safeties/


もともとは、原豆腐店という豆腐屋さんらしいです。

とうふ屋さんが、こんな風に展開してて、おもしろい。


ずいぶんしゃれてます。かわいいお店。


今後、こういうヘルシーなカフェが増えていくのは必然ですね。
ありがたいことです。

特に、これからは、ヘルシーなスイーツの時代だと思います。
このニーズはすごいです。


posted by ぬん at 23:25 | Comment(0) | 日々、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

「ヒマラヤ聖者の教え」を読み終えた

バリにいたときに、ずっと読んでいた本が、

これ

himarayaseija.jpg


ヒマラヤ聖者の教え

です。

日本に帰ってきて、やっと読み終えました。


いやあ、なかなか良かったですお。


この本は、ヨガシャラのたかさんに教えてもらった本です。

ヨガシャラのたかさんが、
急にお酒をやめていたので、どうしてか聞いたら、

この本を読んで、ちゃんとしようと思ったからだと言いました。
それで、ぼくも気になって読んでみたというわけです。


特に、酒をやめろとか書いてないんだけど、
その気持ちはよくわかった。

ヨギーとして、ちゃんと生きていきたいなと思わされます。


この本は、
スワミラーマの弟子が、
師匠と過ごした時のことや、師匠の教えを記したものです。


師匠が、愛情深く、
今の時代に、どうヨガの道に向き合っていったらよいか、
教えを与えてくれます。

ヨギとしての生き方を示してくれるという点で、
あるヨギの自叙伝 」と通ずるものを感じました。

ヨギ、ヨギーニとして、ちゃんとしてみたい人は、
ぜひ読んでみてください。


posted by ぬん at 23:08 | Comment(3) | おすすめの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

バリ島のマクロビレストランに行ってみた

バリのスミニャックの街に、マクロビオティックのレストランがあったので、
行ってみましたよ。

南国のマクロとは、どんなものか??


barimacro.jpg

ランチプレートを頼むと、その内容は、

・バリ米(玄米)
・しょうゆ味のテンペ
・ひよこ豆とグリーンピースの煮物(コリアンダー入り)
・人参、玉ねぎ、紫キャベツのプレスサラダ
・ひじき
・青菜の炒め物

でした。


熱帯地域だけど、熱帯野菜は使わず、
あくまで、マイルドな中庸食材を使った献立でした。


南国に住んでる人にとっては、
もうちょっと体を冷やしても良いような気もしますが。


バリに来てから毎日、
ビールと、フルーツと、肉と魚を、もりもり食べていたぼくにとっては、
ちょうどバランスが取れてうれしかったです。


味付けも、とてもマイルドでした。
日本で食べるのと、ほとんど変わらない味だなあと思いました。

まあ、使う味付けが、わりとシンプルなので、
必然的にそうなるのかもしれませんね。


本場で食べるテンペ(マクロでたまに使う大豆の発酵食品)は、
日本のより、独特の臭みが強くて、おいしかったです。
生っぽい感じがしました。

日本で食べてるのが、冷凍製品だからかもしれません。


豆をよく噛み、しみじみと、素材のおいしさを味わいながら、
ああ、この感じ、なつかしいなあ。と幸せに浸ってしまいました。


やっぱ、マクロ食もいいなあ


posted by ぬん at 16:15 | Comment(3) | 食と農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

アーユルヴェーダのオイルマッサージを受ける

スミニャックの街で、
家族みんなが、マッサージを受けると言ったので、

ぼくもそれに便乗して、アーユルヴェーダのオイルマッサージを受けました。

アーユルヴェーダとは、インドに何千年も前から伝わる、
食事法、健康法などの知恵です。

その中に、漢方のような薬の知恵や、オイルマッサージなども含まれます。


今回は、「シロダラ」と言われる施術を受けました。

15分間、簡単な顔と首のマッサージをした後、
30分間、ひたすら、眉間の第3の目と言われる部分(第6チャクラ)に、オイルを垂らすものでした。

「この施術の目的は、あなたの心に落ち着きをもたらすことです。
 アンチエイジングの効果も高い」

と書いてあった。


感想は、うーむ。

これは、奥が深いですな。良かったのか、どうなのか。


第3の目の部分が熱い感覚は、数日続きました。
瞑想で、その部分に意識を向けると、いつもと違ってかなり熱い。


それがすごいのかもしれないし、そうでないかもしれない。

ふつうに、パワーのあるエッセンシャルオイルを1滴垂らすだけで、
そうなるような気もする。


なんにしても、
アーユルヴェーダについても、もっと深く、学んでみようと思っています。


posted by ぬん at 23:40 | Comment(0) | 日々、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バリ島の両替屋で、手品詐欺に遭う

スミニャックの街で両替した時の話です。


家族みんなで、両替所を探しながら歩いていて、他よりレート(交換率)の良いところを発見しました。

レートがやけに良いので、少し怪しい。
家族7人とも両替所に入り、みんなが、だまされないように警戒して見守りながら両替しました。

普通の両替所は、50,000ルピア(約500円)札か、100,000ルピア(約1,000円)札にチェンジするのだけど、
ここでは、20,000ルピア(約200円)札にチェンジしてきました。

5万円分を両替したので、合計250枚の札束です。
数をごまかされないように、しっかりと家族みんなで数えました。


その時は、ごまかされたことに全く気づかず、両替所を出たのですが、

その後、たまたまカフェで隣にいたバリ人のお兄さんが、
ぼくたちが大量の20,000ルピア札を持っているのを見て、
「多分、両替屋でだまされたと思いますよ」と教えてくれました。
お札の数を数えたら、確かに、だまされていました。


手口はこうです。

@まず、20,000ルピア札を25枚ずつ数えて、金額分の山をつくる。
 今回は、10個の山。

sagi001.jpg

(この時点で、ちょっとあやしいので、
ぼくたちは、ごまかされないようにしっかり数えて、お札から目を離さないようにしてました。)


A全部の札束を、ひとつに束ねて、トントンと揃える。
 このときに、なんと、お札の約半分を下に落としている!

sagi002.jpg
横から見た図
sagi003.jpg

家族みんなで見てたけど、誰も気づかず。
なかなかの手さばきです。


B厚みが減ったのがばれないように、
 手でぎゅっと押さえながら、半分に折って渡してくれる。

 しかも、ていねいにも、
 「みんなで分けますか?」とか言って、家族数人に、分配して渡してきた。

このあたりの話術と、手順のスムーズさはさすがです。


かなり警戒してたにも関わらず、みごとにやられましたヮ。
みなさんも気をつけてくださいナ



負けず嫌いのうちの家族は、

次こそは、トリックを見破って、表示通りのレートで両替してやろうと言って、
もう一度、その両替所に行きました。

もちろん、だまされたことに気づいてないふりをして。


両替所のお兄さんたちは、さっきだました人達がまた現れたのを見て、少しおどおどした感じでした。
「今度は、50,000ルピア札でいいか?」とか言って、
今度は、手品をすることなく、普通に両替してきました。


うちの母は、まだ気が済まなかったらしく、
同じ日に、さらに2回、そこに両替をしにいきました。

だまされたお金を取り返せるわけじゃないけど、意地ですね。さすが、うちの母。いいぞ。

最後は、「もうお金がなくなったので、また明日来てくれ」
と断られたらしい。

そのレートでまじめに両替すると、きっと儲けが出ないのだと思います。


家族みんなで、とてもいい勉強、いい経験になりました。

感謝感謝


posted by ぬん at 23:36 | Comment(2) | 日々、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

バリの祭りと葬式を見に行った。

ウブドで、オダランという祭りを見に行った。
神聖な祭りを見に行くには、バリ式の正装をしなければいけません。

ぼくは、街の衣装屋に行って、ばっちりのやつを買い込みました。

50k-bari100505 045.jpg
ぼくと弟

これは、かなり現地人と見分けがつかんぐらいかと思ったのだが、
これを着て歩いていると、
どこにいっても、現地人にじろじろ見られ、笑われ、写真まで撮られた。
そこまで変わらんと思うけど。


オダランでは、夜から伝統芸能がはじまるはずだったのだけど、
いつまで待ってもはじまらず、

次々と、お供え物を頭に乗せたバリ人たちが押し寄せるばかりだった。
50k-bari100505 061.jpg
数時間のうちに、1万人以上の人がどんどんやってきては、お祈りしていきました。

随分と、信仰心の厚い人たちだなあと思ったけど、
もし、外人が、日本の初詣(はつもうで)を見たら、同じように感じるのかもしれない。

次の日は、お葬式(火葬式)を見に行きました。
バリでは、火葬するのは特別な機会なので、
村の一大行事で、屋台も出ます。


今回は、1か月前に亡くなった村の王様の火葬式。

50k-bari100505 148.jpg
棺桶をみこしの上に乗せ、
近親者が棺にまたがり、
鳥の刺さった杖をふりまわす。


そのみこしをみんながかつぎ、
楽器で囃し立てながら、墓地に向かい、そこで火葬。


つっこみどころが満載で、興味深かった。


posted by ぬん at 11:44 | Comment(3) | 日々、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バリでの瞑想

ウブドに、アルサナ氏という、カリスマヒーラーがいます。
彼のゴッドハンドにかかれば、難病も治ってしまうとか、
プラーナ(気)のゆがみを治してくれるとか言われています。

彼がいる、Bodyworksというサロンに行ってみると、

「彼は予約がいっぱいなので、
 彼の施術を受けるには、2か月以上前には予約しないと無理」

と言われました。
彼は、週に何度か、夕方にお寺で瞑想会をしてるらしい。

今回は、予定が合わず、残念ながら参加できず。
次にウブドに行くことがあったら、ぜひ行ってみたいです。


ちなみに、アルサナ氏、6月に来日するらしいです。
ちょっと高いみたいだけど、レッスンとかヒーリングとか、合宿とかあるらしい。


バリで、毎朝、宿のテラスなどで瞑想してますが、
なかなか集中できる。

バリのエネルギーかもしれないし、
自然の音ってのもいいんだろうな。


posted by ぬん at 11:37 | Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする