手塚治虫の「ブッダ」を読みました

  ずっと気になっていた、 手塚治虫の漫画「ブッダ」を読みました。 シャカ族の王子である、ゴーダマ・シッダルタさん(ブッダ)の 生涯を描いた物語です。 最近、なんでか、仏教を身近に感じるのだけど、 ブッダさんの一生を想像して、 ますます仏教が身近になりました。 物語の中で、 仏教の教えがいっ…

続きを読むread more