座禅の瞑想は、こんな感じだった。

前回の、座禅記事の続きです。 座禅の瞑想は、ひたすら、呼吸の意識を保つというものでした。 まず、慣れるまでは、 「数息観」といって、 ひたすら呼吸を、「ひとーつ、ふたーつ」と数え続けます。 慣れてきて、数えるのが途切れなくなったら、 「随息観」といって、 自然の呼吸を、ただ眺め続けます。 すべての…

続きを読むread more