2011年05月31日

パーマカルチャーのお話を聞いてきた(神戸・六甲)

先週、神戸・灘区の自然派カフェ、ごパンで開催された、
パーマカルチャー日本代表の、設楽さんのお話会に行ってきました。

原子力発電所で、環境汚染が問題になっている今、
永久に持続可能な地球環境を保つにはどうしたらいいのか、
自分たちにできることは、どんなことなのか?
そんなことを話し合いました。

パーマカルチャーについては、以前のブログもご参照ください。


設楽さんは、
海外の、イサカというエコビレッジの事例などから、
人と自然が共存し、
それぞれの人が、お互いに表現を認め合って、
ローカルに暮らす可能性を見せてくれました。


他にも、地球の本来の姿である、森について考えたりして、
人も、地球の一部ということを、あらためて感じました。

まわりの人、ものと、なかよく波長を合わせながら、
地球を大切にしていきたいなあと思いました。


そして、この会に集まっていた人の、意識の高さにおどろきました。
みんなが、いろいろなところで、
いろいろなことを考えていて、できることをはじめていて、
これからどんどこ、良い未来に変わっていくんだと思います。
posted by ぬん at 09:46 | Comment(0) | 食と農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

平原誠之さんのピアノコンサート行ってきた(大阪・肥後橋)

今日は、おすすめのピアニストを紹介するよ。

平原誠之さん(まーくん)です。

ぼくより少し若いです。


先週末に、1年ぶりに、コンサートに行ってきました。


「魂を奏でるピアニスト」という肩書きがあるように、
コンサートがはじまると、
泣き出してしまう人がいっぱいいます。

今回のコンサートでも、開演と同時に、あちこちからすすり泣きの声が。。


平原さんは、
ピアノを弾く前に、
手のひらに、エネルギーを集めていたりして、
ただ物質的に音を鳴らしているだけでなく、
エネルギー的な次元を操っているように感じます。


平原さんの弾くピアノは、とても自由です。

とっても、おかしいので、
どんな人なのか、とても気になってしまう。


最後に曲が終わるときには、ジャンプして決めのポーズをするし、

弾いてる時は、なんか口をぱくぱくして、何かとしゃべっているよ。
いや、歌っているのか、なんなのか。

弾いてるときの顔も、

体の動きも、

感情いっぱいで、とにかくすごい。

コンサートが終わった後は、しばらく、彼のまねをしたくなります。

言葉じゃうまく伝わらんので、このユーチューブをぜひ見てくだされ。



この動画もすごい
http://www.youtube.com/watch?v=RgqA-WoSy8g&feature=related


変なところもすごいのですが、

迫力もすごい。

気持ちを、そのまま素直に表現しているためか、

なんか、拍(リズム)が、バラバラな気がする。

早くなったり遅くなったり。
自由に、むちゃくちゃな感じになる時も。

それがまた、感情がストレートに伝わってきて、とても気持ちが良い。


速く弾くときは、ものすごく速くって、
息をするのを忘れて、見入ってしまっておりました。


なんだか、自由すぎて、
ああ、こんな自由でいいんだなあ。と思います。

それでいて謙虚で、すごいなあと思います。
天才なのに。

まーくんが弾くのは、
自分で作曲した曲や、自分でアレンジした曲。

作曲するときは、いつも一瞬で作ってしまうそうな。


ピアノが好きな人も、そうでない人も、
ぜひ聴きに行ってみてください。

泣いて、笑って、興奮して、すっとする感じです。
とにかくすごい。


おすすめのコンサートは、

・2011年9月10日(土)
開場13:00  開演13:30
加古川 アラベスクホール

ぼくも、予約してます。

その他にも、全国各地でやっているので、みなさんもぜひ、行ってみてくださいね。


・平原誠之公式サイト
http://www.bravi-classical.com/

・まーくんブログ
http://ameblo.jp/bravi/

このブログが、字が大きすぎて、変です。
気になります。。

100_233.jpg
posted by ぬん at 18:26 | Comment(2) | おすすめのもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

今日の外ヨガ中止します。

おはようございます。

今日の、外ヨガ、雨のため、中止いたします。

本日のアースデイは、マーケットの開催も中止で、
屋内のワークショップ、ライブのみの開催だそうです。

お申し込みいただいていた方々、ありがとうございます。
また、どこかでお会いできるのを楽しみにしております。

アースデイ神戸2011
http://www.chi-pro.org/edk/


昨日のアースデイの様子

100_229.jpg

100_228.jpg


posted by ぬん at 08:19 | Comment(0) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

「幸せの経済学」観てきました。

今日は、ぼくが観てきた映画を紹介するよ。

それは、
「幸せの経済学」という、ドキュメンタリー映画なのです。


幸せの価値観が変わりつつある現在、

「豊かさとは何か?」

「どういうふうに生活をシフトしていけばいいか?」

というようなことを、

「グローバリゼーション」 「ローカリゼーション」

という言葉をテーマに考えていく映画でした。


資本主義は、
どんどん大規模化を推し進めるグローバリゼーションと共に発展してきましたが、
それは、効率化によって物が安くなるというメリットの一方で、
大量生産・大量消費の社会を産み出し、
不要な競争や、ストレスも生み出してきました。

この、いきすぎたグローバリゼーションによるアンバランスを修正するには、
ローカリゼーションが必要だということでした。


ぼくたちが、地域のつながりを大事にして、
地元の人たちから物を買い、
地元の人が作ってくれる食物を食べるようになれば、

輸送にかかる、よぶんなエネルギーは必要なくなるし、
作り手の顔が見える、温かみのあるコミュニケーションが復活するとのことです。


幸せは、物が豊かになることでは得られるのでなく、

人や、自然と、つながることで得られるのです。


まわりの人がつくった、まごころを買い、

自分がつくったまごころで、まわりの人にお返しする。

それが、幸せの基本的な形なのかもしれません。


これからの時代は、
隣の人を喜ばせられるようなものを持つことが必要なのだなあと感じました。

そうして、お互いにできることを交換していくことで、
物質的だけではない幸せが、得られるのだと思います。


経済って、自分たちの手の届かないような世界で動いている気がしていたけど、
自分たちで変えられるものなのだなあと思いました。

まずは、遠くの大きな会社のものを買うのをやめて、
地元のものを買う。

そういうところから、温かい社会が始まっていくのだと思います。


この映画は、
5/22の生物多様性デーに合わせて、全国113ヶ所で一斉上映されてたのですが、
今後も、いろいろなところで上映されると思います。

興味がある方は、ぜひ、ご覧ください。
幸せに生きるヒントがいっぱいの、すてきな映画です。

幸せの経済学 日本語サイト
http://www.shiawaseno.net/


posted by ぬん at 21:40 | Comment(0) | おすすめのもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

6/14(火)ヨガ哲学、心の勉強会します。(神戸・元町)

6/14(火)19時〜20時半に、
神戸・元町の、生田文化会館で、
第4回目となる、ヨガ哲学の勉強会(座学)を実施いたします。


◆場所:生田文化会館 2階 第5会議室
http://www.kobe-bunka.jp/facilities/ikuta/

神戸市中央区中山手通6丁目1-40。
元町の上の西の方です。

地下鉄「県庁前」徒歩5分
JR・阪神「元町」徒歩10分
神戸高速(阪急)「花隈」徒歩10分


◆参加費:1000円


今回は、ヨガの古い教科書「ヨガスートラ」に書かれている、
ヨガ的な心の使い方のうち、
「ニヤマ」と呼ばれる5つの心がまえについて考えます。

今までと同じく、こむずかしい話ではなく、
自分たちの生活シーンを想像しながら、
考えていきたいと思います。


ヨガのしあわせ哲学を、日常の生活の中で、どう生かせるか、
どう考えたら、日々の生活が、楽しく、おだやかになるか、
そんなような話を、ざっくばらんと話したいと思います。


ヨガが初めての方でも、
お気軽に、ご参加くださいませ。

ご予約は、私までお願いします。


今回は、勉強会後の食事会は、ありません。
(遅くに団体で予約するのが、
 サティスファクションさんのご負担になっていたようで)

でも、希望者は、近くのカレー屋さん「ひんほい」に行ってもいいかなあと思ってます。

ではでは、
今回も、よろしくおねがいします。

ご参加をお待ちしてまーす。
posted by ぬん at 15:32 | Comment(0) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

親子ヨガ

oyako_kobekko.JPG

先週は、
2つの「親子ヨガ」の講師をさせてもらいました。

1つめは、
神戸市総合児童センター(こべっこらんど)主催の、
1〜2歳児とママの親子ヨガでした。

1〜2歳だと、ちびっこたちは、まだ自発的にヨガをしないので、
お母さんとのふれあい体操のような感じになります。

ヨガの前に、こべっこらんどのお姉さんが、
歌に合わせた体操などをしていましたが、
ちびっこの心をとらえる上手さに、感心しました。

さすが、プロはすごいです。


もう1つは、
明石市子育て支援課というところが主催で、
3歳児との親子ヨガをしました。

3歳にもなると、子供は自分からどんどんポーズを取ります。

ヨットは、あんまり知らなかったみたいだけど、
ロケットやら、ひこうきは、よくわかるようでした。

カンガルーや、ペンギンも、ちゃんとわかるし、
おもちがふくらんで、ぷしゅーっとつぶれるのも楽しいらしい。

「お母さんの足の裏をふんであげよう」
って言ったら、だいたいの子がちゃんと踏んでいた。

1人の子は、うつぶせになったお母さんの膝の裏を踏んでいて、
お母さんは苦しそうでした。


なんとなく、わかってきたものの、
子供がいないので、
まだまだ、子供をどう扱っていいかわからんところがあります。

子供ができたら、いろいろと我が子で試しながら、
いろんな技を、編み出していけるんだろうなあ。
posted by ぬん at 14:39 | Comment(0) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

布ナプキン&月経血コントロールのWSに行った(神戸・岡本)

先々週末
神戸・岡本の、ファームハウスカフェで行われた、
布ナプキンと、月経血コントロールのワークショップに行ってきました。

りんごさんに、布ナプの作り方を教えてもらって、チクチクと縫いながら、
ひらやませいこさんが、月経血コントロールについて語ってくれるという会でした。


男の子のぼくなので、
参加はちょっととまどいましたが、
男の人にもぜひ聞いてほしいと誘ってもらったので、
勇気を出して行きました。

そいでも、ちょっと心細かったので、
奥さんをむりやりに誘ったら、
途中から来てくれた。


いちばん興味があったのは、
月経血をコントロールするための、骨盤底筋という筋肉が、
ヨーガにおけるエネルギーの操作においても、とても重要な筋肉だということです。
(ヨガでいうところの、ムーラバンダ)

月経血コントロールでは、
普段の経血をがまんして、トイレで出すそうですが、

ヨガにおいても、
普段、エネルギーを漏らさないために、骨盤底筋を軽く閉めておくことが
大切であると言われているのです。


ひらやませいこさんの話によると、
骨盤底筋を引き締めておくには、
逆に、腰や肩の力を抜いておく必要があり、
そのためには、落ち着いた呼吸が必要であり、
普段の呼吸の意識につながり、
それで、普段の心も落ち着いてきたという体験を語ってくれていました。

まさにヨガだよね、これは。


腰や肩をゆるめ、骨盤底を締めるという、
月経血コントロールのための体の意識を保つことで、
多くの人が、
・生理痛が軽くなる。
・生理がすぱっと3日で終わる。
・生理周期が一定になる。
ということを実感するそうです。


はじめは、1時間おきぐらいにトイレに行って、
「できるだけ出す」ということから始めて、
徐々にコントロールできるようになるそうな。

なにしろ、江戸時代とか、昔の人は、みんなやっていたそうです。


それがなぜ、現代人はできなくなったかというと、
いくつかの推論が挙げられていました。

ひとつ目が、紙ナプキンと、紙おむつの影響。
紙ナプキンには、吸収作用のある物質が入っているため、
紙ナプキンだと、血の量が多くなったりして、うまくいかないそうです。

また、乳児の頃からの、性能の良すぎる紙おむつが、
「尿をした」という感覚を薄くし、
それが、おしっこをがまんする筋力を低下させているそうです。
近年の「尿漏れ」の増加の一因にもなっているのかもしれません。

ふたつ目が、運動不足の影響。
また、トイレが和式から洋式に変わったことも影響してるかもしれないと言ってました。


ひらやませいこさんは、
現代の紙ナプキンに入っている化学物質が、
女性の病気の原因とかなりつながっているのではないかと考えていて、
布ナプキンに変えて体調が良くなった事例などを、いろいろ教えてくれました。

まあ、こういうのは、食事とかといっしょで、
あまり決めつけるよりは、自分の感覚に従うのが一番なんだろうなあと思いますが、

月経血がコントロールできて、汚れないのであれば、
布ナプキンで良いし、
それで、身体にも地球環境にもやさしいのであれば、
やらない手はないなあと思いました。


ぼくは男なので挑戦できなくて残念ですが、
ぼくの分まで、女性のみなさん、がんばって試してみてください。


夏あたりに、ひらやませいこさんと、
「月経血コントロールのお話 + ぼくの骨盤底筋ヨガ」
のワークショップをしようかなあという話をしています。

わざわざ、男のヨガの先生がやることもないかなあという気もするのだけど。

でも、考えてみると、
生理が、
ふだんの体の緊張をゆるめるきっかけになったり、
ふだんの姿勢の意識のきっかけになったり、
深いヨガへの入口だと思うのです。

興味がある方は、ぜひご参加を!また告知します。


ひらやませいこさんおすすめの本を買いました。
月経血コントロールのやり方(体の使い方)がこれでわかります。
興味がある方はどうぞ。



女は毎月生まれかわる



ぼくが作った布ナプキンはこちら。

目と口をつけてみたよ。かわいいね。

nunonap2.JPG


nunonap3.JPG

奥さんにあげたよ。
posted by ぬん at 22:22 | Comment(2) | 日々、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

歯医者で瞑想

今日は、歯医者に行ったよ。

治療中に、肩と指先に、力が入っていることに気づいたぼくは、

肩の力を抜いて意識を呼吸に向け、
自分のゆったりした呼吸を数えてみることにしました。


歯石除去は、63呼吸。
歯の着色除去は、38呼吸で終了。

治療のことを忘れて、ここちよい気分になり、
「もっと、このままでいさせてくれ」
と思いましたが、先生に、
「夜もしっかり歯を磨くように」
と注意をされて、現実に戻りました。

みんなも歯医者に行ったら、呼吸を数えてみてください。
posted by ぬん at 11:16 | Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

陰陽五行と旧暦、マヤ暦のワークショップがあるよ。(神戸・兵庫)

※WSの詳細情報を追記しました。(5/17)

昨日のブログで紹介した、冨田貴史さんが、
6月12日(日)に、神戸・兵庫のおっこ食堂にて、
今度は、陰陽五行&旧暦と、マヤ暦のワークショップをしてくれることになりました。

富田さんは、メディアや経済構造などに通じてる一方で、
スピリチュアルな世界にも詳しくて、
ものごとを大きくとらえていて、すてきな人です。

ぼくと、同い年なのに、えらいねえ。


冨田さんが言うには、

今の西暦は、7のリズムだったり、31日だったり、
リズムが悪いそうです。

旧暦や、マヤ歴で生活すると、
リズムよく、ぽんぽんとのっていけて、体のリズムも良くなるし、

月のリズム、太陽のリズム、季節感など、
自然を意識した生活になるそうな。


そうすると、自然のエネルギーに敏感になって、
自然の流れに合わせるようになり、
自分の身体にも、自然にも、やさしい暮らしができるそうです。


まず手始めに、手帳を変えるだけでも変わるよ。

という言葉に妙に納得して、
さっそく、旧暦の手帳に変えることにしました。

これです。

hibi_diary.JPG

毎月の区切りは、新月の日で、
月の形や、季節の移り変わりを意識できる構成になっています。
なんかすごい。


『冨田さんワークショップ』

◆場所:おっこ食堂(神戸・兵庫)(兵庫駅or大開駅or上沢駅)

◆日にち:2011年6月12日(日)

◆第1部:陰陽五行と旧暦について
  13時半〜15時半頃

◆第2部:マヤ歴について
  19時〜21時頃

◆料金
  一部、二部とも、各2500円(ご飯、デザート付)
  (ご飯なしの方は、デザート付で1900円)
  一部二部、ご飯付きで両方参加の方は、200円引きで4800円

◆昼の部、夜の部ともに、
 30分前に、関西の原発「もんじゅ」を含めた若狭の現状・問題点や、
 私たちができることについて、お話いただくそうです。
 昼:13時〜  夜:18時半〜
 ぜひ、早めに行って、こちらもお聴き逃しなく!

◆ご予約
予約は、おっこ食堂さんにどうぞ。
090-7095-5471


ぼくも、1部2部とも参加します。
おすすめだよ〜。多分、すぐいっぱいになりそうなので、予約はお早めに。


暦について、とても興味が出てきたところで、
昨日、ぐうぜんに、
コズミックダイアリー(マヤ暦の手帳)をプレゼントされました。

グッドタイミングです。

手帳は、旧暦を、
日記は、マヤ暦を使って、

自然に対する感覚を高めていきたいと思います。
posted by ぬん at 20:59 | Comment(3) | 日々、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

原発のWSに行ってきた(神戸・兵庫)

先週末、
おっこ食堂で行われた、原発のワークショップに行ってきました。

講師は、冨田貴史さん。
原発に関する映画「ミツバチの羽音と地球の回転」製作スタッフであり、
核、エネルギー、環境、お金などのワークショップで、各地をまわっている方です。

◆冨田貴志さんサイト
http://takafumitomita1320.cocolog-nifty.com/blog/
http://www.greenwebs.net/


原発の反対運動ということだったので、

「原発、はんたーい!!」
「東電、許さないぞー!!」

みたいなのを、ちょっと想像してたのだけど、
冨田さんには、切羽詰まった感じはなく、
穏やかに楽しんでいるような印象を受けました。


冨田さんは、

「お互いに対立し、引っ張りあってたら、何も進まない。

 意見を押し付けるより、
 相手の意見を聞いて、
 どうして相手がそういう意見になっているのか、
 原因や仕組みを考える方が大事」

とおっしゃっていて、すてきだった。

対話して、共通目標をつくるのが大切だそうな。


例えば、
電力会社の人ほど、
電気のことを考え、電気に愛情を注いできた人はいない。

彼らを叩いて、今までの行為を否定し、プライドを傷つけて、
彼らを敵に回すのは、絶対に損なことです。

と言っていた。
まずは、リスペクトだそうな。

とてもレベルの高い反対活動です。


原発をやめるために、ぼくたちに、何ができるかを聞いてみると、

まずは、健康な体と心を作ることだそうです。

体が弱かったら、けっきょく電力や社会に依存することになるし、
心が弱かったら、恐怖心にとらわれたりして何もできないと。

たしかに、その通りだなあと思います。


次に大事なのが、原発について知ること。

知識がなかったら、賛成も反対もできません。
NEWSで流れてくるような、速報型の情報だけでなく、
きちんとまとめられた、客観的な情報を知ることが重要だそうです。

おすすめの情報源として、以下のようなものが挙げられていました。

◆WEB
原子力資料情報室

◆雑誌
・週刊ダイヤモンドのバックナンバー「特集:電力喪失」

週刊現代や、AERAも、整理された原発の情報がよく掲載されておすすめだそうです。

◆書籍
・原子力発電が止まる日〜脱原発化を選んだ、ドイツからのメッセージ〜

・未来に続くいのちのために原発はいらない

内部被曝の脅威 ちくま新書


そして、次に大事なのが、
ぼくたちのお金を、大きな会社に投じないこと。

なぜ原発があるかというと、裏側には資本主義のマネーゲームというからくりがあるそうです。

ぼくたちが、ローカルのお店や人に払ったお金は、
めぐってまた返ってくるけれど、

外資系の会社やら、大きな会社やらに支払ったお金は、
投資家を通じてよくわからない世界に消え、
それが、原発をつくるお金や、資本家たちに都合のよいものに変わってしまうとのこと。

できるだけ、地域の、顔が見える関係の人たちとやり取りすることで、
原発だけでなく、いろいろな問題が自分たちでコントロールできるようになるようです。


そして、次に、
自分たちのまわりに、話し合いの場、活動の場となるコミュニティを
いっぱいつくっていくことだそうです。

例えば、ドイツでは、
電力を自給自足するコミュニティが成功モデルとなり、
ドイツ中のいろんな地域が、それに習って変わっていき、
国全体が変わっていったそうです。

上からの変更を待つより、
自分たちにできる小さな範囲で変化をおこしてみるのが大切だし、
そういう活動が、後々の変化の母体となっていくそうです。


そう考えたら、自分にやれることもいっぱいで、
なんだか将来が楽しみになりました。

みなさんも、自分にできるところから、
隣の人と、何か新しい動きを始めてみてはいかがでしょうか?
posted by ぬん at 17:34 | Comment(0) | 環境・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

おっこ食堂 心&瞑想WS終了(神戸・兵庫)

4/27、5/5の2回にわたり
神戸・兵庫にあるおっこ食堂で開催された
心・瞑想ワークショップが、ぶじ終了しました。

来ていただいた方、まことにどうもありがとうございました。


ぼくがいつも心がけている、
ヨガの教えを共有し、

みなさんの悩みや心の焦りを、
その教えの視点から見るとどうなるかを、みんなで考えた後、

自分の思考の状態、心の状態を、
いつでも客観的に眺められるようになるための、
簡単な瞑想法にトライしてみました。

瞑想は、体の動きを使った瞑想と、
体の動きを使わない瞑想の2種類。


短い時間で、簡単に心を操れるようになるのは、
なかなかむずかしいけれど、
何か1つでもお役に立ってもらえたらうれしいです。


その後、おっこさん特製の、
豆と重ね煮のカレーをみんなで食べた後、
みんなの自己紹介やら、トークタイムでした。

みなさん、いろいろと才能をお持ちで、
いろいろと、教えたり教えられたり、つながっていくんだなあと思いました。

100_007.jpg
posted by ぬん at 23:29 | Comment(2) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

おっこさんの畑で自然農(神戸・長田)

095.jpg

昨日は1日、
神戸・長田の山奥にある、おっこ食堂のおっこさんの畑で、
農作業をしてきました。

おっこさんの畑は、自然農法と言われるやり方で、
「肥料をやらない、耕さない、草を抜かない」
という、自然に近い状態で育てています。

ちょうど、関東から、「タイガーさん」というおっこさんの友人が来ていて、
自然農の畑のやり方を、いろいろと指導してくれました。

タイガーさんは、本職は庭師らしいですが、ご自身でも自然農法の畑をやっているそうな。


草を抜かないと言っても、
雑草を生え放題にしておくと、
作物に光が当たらず、栄養も取られすぎて育ちません。

かと言って、雑草を根から抜いてしまうと、
土の中での微生物が育たず、土の栄養がなくなってしまうそうです。

ということで、
雑草は、地面の表面ぐらいで刈り取って、
さらに、刈り取った草を土にかぶせて、
土を肥えさせるように工夫したり、

なかなか奥が深いです。

全体的に、やさしくていねいな所作。

パーマカルチャーにも通ずるのですが、
虫や、自然と共生するというか、
自然を変える範囲を最小限に抑えて、
自然に溶け込んでる感じがとても心地いいなと思いました。


昨日植えたのは、
トマト、ピーマン、ししとう、なす、
ごぼう、落花生、ササラ、などです。

うまく育ったら、おっこ食堂のお皿に登場するかもです。
うまく育ちますように。

みなさんも、お楽しみに。
そして、よかったら、おっこさんの畑を手伝ってあげてくださいな。

109.jpg
posted by ぬん at 17:33 | Comment(0) | 食と農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

大阪・弁天町のインドフェスで、ダーマヨガします

suncafe.jpg

大阪の弁天町にある、ベジタリアンカフェ「Sun Cafe」で、

5/15(日)に、
1日だけのインドフェス
『Shanti Shanti Shanti at SunCafe』

が開催されます。

ヨガあり、メヘンディあり、インド占星術あり、
ヴィーガンフードありの贅沢〜なイベントだそうな。


そこで、ダーマヨガのクラスをさせていただくことになりました。
⇒ダーマヨガクラス詳細


ヨガクラスのスケジュールは、

11:00〜 ダーマヨガ (ぬん)
13:00〜 Hatha to Raja(Toshi)
15:00〜 ハタヨガ  (aco)
17:00〜 ムーンサイクル陰ヨガミックスwith クリスタルボウル(sasa&hisasi)

各 ¥2500 (定員10名)

ぼくのダーマヨガは、最初の、11時〜12時半です。

その他の先生も、みんな友達で、すてきだよ〜

ご予約は、サンカフェさんのホームページからお願いします。


その他にも、ヨガクラスが3つあったり、
メヘンディやら、占星術やら、
ヴェジフードもおいしそうです。

詳細は、Sun Cafeさんのインドフェス紹介ページにて

よかったら、ぜひ遊びに来てください。


おまけ

このイベントのフライヤー用に、
『サラスヴァティ』という、インドの神様のイラストを頼まれて、描いてみました。

芸術と学問の神様らしいです。
(仏教で言うところの、弁財天だそうな)

携帯の待ち受けにすると運気が上がりそうだよ。

お好きなやつを、ぜひ待ち受けにどうぞ。

sara3.jpg

sara2.jpg

sara1.jpg
posted by ぬん at 15:18 | Comment(0) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

自宅修行ぶじ終了

自宅での個人修行、本日でぶじ終了です。

決めた通り、規則正しい生活ができたよ。

ふだんは、全然、自分の欲を抑えられないぼくですが、
「修行」とか「断食」と決めてしまうと、できるみたい。

たぶん、「食べない」とか、「しない」ということの優先順位が、1番になるからだと思う。
「食べさえしなければ、何もやらなくていい」
というか、
「食べないこと」だけが、その数日間の目標になるからだと思う。


ゆっくりとお皿を洗ったり、カラスを眺めながら、
ぼーっと考えていて気づいたのだけど、

ふだんのぼくは、
自分で、やりきれないほどの
「やりたいことリスト」のノルマを勝手にこしらえて、
それができないことに、焦りを感じていたということ。

そいで、
「今日は、予定の半分しか進まなかった」
とか言って、残念がっていた。

欲ばりなのだよね。

そんなにできますかっての。


掃除、料理より、
勉強したり、活動を広げることの方が、優先度が高いと思ってるから、

掃除や料理がおろそかになって、
生活を大事にできていないだけのことだと気づきました。

どちらがいいとも言えないけど、
バランスなのだと思います。


「もっとやらなければ」という思い込みにしばられずに、

今、すでに満たされていることを感じながら、日々を大切に過ごしていこう。

と、思いました。


明日からは、最近産まれた、おいっこに会いに行ってきます。


おまけ

初日に、おっこ食堂で習った、「野菜の重ね煮」を4日分作りおきしました。
(しいたけ、枝豆、トマト、かぼちゃ、玉ねぎ、かぶ、大根、ごぼう)

100_iphone 066.jpg

あとは、毎食、それに葉物野菜やわかめなどを追加してのお味噌汁でした。
こういう時に、重ね煮はとっても便利です。
posted by ぬん at 23:34 | Comment(1) | 日々、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

自宅でセルフ断食する方法

はじめに、家で断食をしようと思い立ったのは、
3年前でした。

その頃、ゴールデンウィークに、何しようかなあと考えていて、

どこかに出かけるより、
新しい自分になるようなことがしたいなと思って、

話には聞いていた、断食というの思いついたのです。

カッコよく言うと、
「新しい出会いを、外に求めるのでなく、内に求めた」
ということになりますか。


断食の本を探してみたら、
ちょうど良いのがみつかりました。

yogadanjiki.jpg 
友永先生の
ヨーガ断食で美しく健康になるという本です。

""
この本のやり方では、

全部で5日間の日程ですが、
はじめの2日で、徐々に食事を減らして、
まんなかの1日は、ジュースのみ。
後の2日で、少しずつ復食する。

というものでした。


奥さんに(当時はまだ結婚してませんでしたが)、

「ゴールデンウィークは、いっしょに断食しないかね」

と提案すると、のってきましたので、
いっしょにやることになりました。


実際、断食を始めてみると、

そこまで「お腹が空く」ということもなく、
けっこう自然にできました。

ただし、
ぼくは、蓄えがないせいか、
フラフラになり、
頭痛になり、
胃酸過多で腹痛になり、
大変でした。

しかし、
奥さんの方は、
「いつもより元気だなあ」と言って、ルンルンしていた。


大変な目には遭ったのだけど、
いいことが、いっぱいありました。

何といっても、胃が一度小さくなって、
食習慣がリセットされたのがすごいです。

【いいこと】

・2人とも、これを境に、食べる量が減りました。
 食べる量が減ると、胃が楽になったのと、
 居酒屋などでの料金がだいぶ安くなった。

・お酒の量も、少し減った。

・ジャンクな食べ物が減った。
 野菜など、ヘルシーな食事が増えた。

・奥さんは、かなりお腹がへっこんで、ズボンがゆるくなってた。
(本に載っていた、お腹をすっきりさせるヨガ体操もやったので)


3年たった今でも、この効果が残ってると思います。


断食では、
食事メニューが決まってるのと、食事の準備も簡単なので、
食事に気を取られることなく、
家での自由時間がいっぱいなのも良いとこです。


ぼくは、このときに、
「暇だろうから英語の勉強でもしよう」
と、英語の本を3冊買ってきて、

そのまま英語を勉強する習慣が身について、
今では、だいぶん話せるようになりました。


そして、
断食中の、体の変化を感じるのも、とてもおもしろいです。
36時間ぐらい、固形物を取らないって、
ふだん、ありそうで、ないことだと思います。

胃の活動が止まる様子。
久しぶりにご飯を食べた時に、
胃が活動を再開して、ぎゅるぎゅる音を立てて、
血液がどくんどくん胃に流れて、
食べたものが食道から胃に流れるのが感じられることとか、
便の様子とか、
いろいろと興味深い。


という訳で、ぼくはけっこう、断食はおすすめなのです。

習慣が変わるというのは、すばらしい。

しかも、自宅で、自分で、っていうのが、価値ある気がします。


断食のまわしものみたいになってしまいましたが、
みなさんも、ぜひ、やってみてください。

5日間のコースだけど、
仕事をしながらとかでも、できなくはないと思います。

でも、まんなかの3日ぐらいは、休める方がいいかなと思います。
posted by ぬん at 14:03 | Comment(0) | おすすめのもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする