2013年04月30日

5/19、チャクラを整える講座 with YULAさん(神戸・新開地)

chakra_yula.jpg

5月19日の日曜日、14時から、
神戸・新開地の、すぺーす楽の森にて、
ヒーラーのYULA(ゆら)さんといっしょに、
チャクラ講座(ワークショップ)をさせていただくことになりました。

チャクラとは、
気(エネルギー)のコントロールセンターで、
主なチャクラは、背骨に沿って7つあると言われています。

チャクラを整えることで、
気が整い、体や心も整い、全体のバランスが取れ、
また、天地とつながることができます。

ふだんのヨガクラスでは、あまりやっていませんが、
ヨガでは、古来より、
チャクラを整える技法がたくさんあり、

今回のワークショップでは、
ヨガのアサナ(ポーズ)を使ったり、
呼吸法や瞑想を使ったり、
マントラ(声)を使ったりして、
チャクラを整える技法をお伝えしようと思います。


また、ヒーラーのゆらさんの方では、
チャクラについてのお話と、
クリスタルセラピーの観点から
各チャクラに対応するクリスタルの使い方や、
チャクラリーディングなどを行ってくれます。

はじめと、おわりに、
みなさんのチャクラをリーディングするので、
実際にチャクラがどのように変化したのか確認できるそうです。


おおまかな流れは、以下の通りです。

13時半 開場
14時  スタート。かんたんなあいさつ。
    チャクラリーディング

    チャクラについてのお話と講座
    クリスタルのお話と講座

15時半 リラックスするヨガ
    各チャクラを整えるヨガアサナ
    チャクラを整える呼吸法やマントラ(声)
    瞑想

17時頃 チャクラリーディング&お茶タイム

最終、18時頃まで


はじめての方でもわかりやすく、
また、家に帰った後も、
チャクラのイメージを使って、
自分で心身のバランスを調整できるような内容を目指しています。

チャクラについて、知りたい方、
チャクラを実感したい方、
心身のバランスを整えたい方、

ぜひぜひ、この機会に、ご参加くださいませ。


今回、いっしょにこの講座をするYULAさんは、
ヒーラーであり、また、
こども向けの服や雑貨の作家でもあり、
色や、感覚的なことへの感度が、とてもすてきな方です。

昨年、YULAさんが主催した音楽イベントに、
ヨガで呼んでいただいたご縁で、
今回も、この会をすることになりました。

温かい、アットホームな会になったらいいなと思っています。

YULAさんWEBサイト
http://yula-yularis.jimdo.com/


チャクラを整えるワークショップ with YULAさん

5月19日(日) 14時〜18時

■場所:すぺーす楽の森
http://www.rakunomori.com
神戸市兵庫区中道通1−3−5 森本グラスビル3F

阪急、阪神、神戸電鉄、神戸市営地下鉄、いずれでもアクセスできます。

・阪急、阪神、神戸電鉄の場合
「新開地駅」 西@出口より徒歩3分

・神戸市営地下鉄の場合
「湊川公園駅」 西口A出口より徒歩5分

・JRの場合(JRだと、少し駅から遠いです。)
「神戸駅」から、徒歩15分

■持ち物:
動きやすい服装、飲み物など
(※ヨガマットは、スタジオのものを無料で使えます)

■料金:3500円(お茶つき)

■定員:15名

■お申し込み・お問い合わせ:ぬんまで
sakakiba@gmail.com

お待ちしております〜。
posted by ぬん at 23:46 | Comment(0) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

5/5、アースデイ神戸2013で外ヨガします(神戸・三宮)

earthday2013.jpg

5/4,5の2日間、
神戸・三宮の、みなとのもり公園にて、
「アースデイ神戸2013」が行われます。

「地球を大切にすること」をテーマに、

自然食や、エコ雑貨など、
「食」「環境」「教育」などに関する
お店や手作り体験のワークショップがたくさん開かれ、

よりよい地球を目指した活動をしている人たちがつながる、
すてきなイベントです。

会場となる、みなとのもり公園は、
芝生がとても気持ちよく、

買い物したり、ご飯を食べたり、
音楽ライブを聞いたり、

のんびりと、楽しい時間をすごせると思います。

earthyoga2012.jpg


昨年に引き続き、ぼくもそこで、
外ヨガをさせてもらうことになりました。

芝生の上で気持ちよく、
地球を感じられるヨガ、
空と地面を感じられるヨガをしようと思います。

ゆるい雰囲気だけど、
体を楽しく動かせて
体も心もすっきり、
やさしい気持ちになれるようなヨガを目指します。

ヨガがはじめての方も、
老若男女、子連れの方でも、
マイペースで、お気軽にご参加ください。

ヨガマットか、敷物を持ってきてくださいな。

5月5日の、
15時〜16時に、行います。

予約は不要ですので、当日、直接来ていただければ大丈夫です。

参加費は、お1人500円を目安に、
参加費BOXに入れてください。

全額、アースデイ神戸が設置する募金箱に寄付させていただきます。


みんなで、気持ちよく、外ヨガして、
地球を感じましょう〜〜。


5月5日は、アースデイ会場でうろうろしてると思うので、
見かけた方は、声をかけてもらえるとうれしいです。

アースデイ神戸2013のHP
http://earthdaykobe.com/

すてきなお店や、ワークショップがいっぱい出ますよ〜
お待ちしております!
posted by ぬん at 08:10 | Comment(0) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

引っ越しと、蚤の市。

先月末に、引っ越しをしまして、3kmほど西に移りました。

ショックだったのは、
引っ越しの段ボール箱が、90箱もあったことです。

hikkoshigo.jpg

箱に詰めずに動かしたものもあるので、
それを含めると、100箱相当と言えます。

なんで、そんなに多くなってしまったのか。。。
気になったので、エクセルに打ち込んで、分析してしまいました。

結果は、こちらです。

hikkoshi_uchiwake.jpg

どこが、多すぎるかなあ。。。


約半分を占めるのが、服・かばん・靴などの、衣類でした。
ぼくと、奥さんと、赤ちゃんの3人で、45箱。

ぼくの服も、思ったより、いっぱいありました。
ぼくは、わりと毎日、同じ服を着ているのに、こんなにあるとは、
着ない服がいっぱいということだなあ。

できるだけ減らしているつもりでしたが、まだまだでした。

反省。


次に多かったのが、キッチンまわりの20箱。
お皿だけで、10箱ありました。多いよね。。。

反省。


本が10箱。
ヨガの本だけで、4箱もあった。
引っ越し前に、1箱以上売ったのに、まだこんなにあったとは。

反省。


過去の写真やノート、説明書などの書類で8箱です。
歳を重ねるほど、過去の年月は増えるばかり。
どんどん減らしているつもりでも、増えるものなのだなあ。。

反省。


PCやプリンタなどの電子機器で7箱。
よくよく数えてみると、
デスクトップのPCが2台、ノートPCが3台もあった。。

(無言)


自分の持ち物と向き合ってみて、
いかに、自分が、安易に物を増やしているか、よくわかりました。

便利だから、性能がいいからと言って、
安易に、新しいものを買っています。

これから、物を買うときには、
「長く、大切に使おう」という気持ちをこめて、
ずっと持ち続けたいものを買いたいと思います。



今回、物を減らして整理するにあたり、

捨ててゴミにしてしまうのは簡単だけど、
必要としている人に使ってもらえたら、うれしいなと思い、
蚤の市(ガレージセール)をすることにしました。

せっかくなので、楽しく、
寺田本家の自然酒や、ちょっとしたおつまみも用意して、
パーティー風に行おうと思います。

ぜひぜひ、新居をのぞきに来がてら、ふらっと遊びに来てください。

お待ちしてます〜〜〜!

nominoichi.jpg


蚤の市 night flea market

日時:4月26日(金)18:00〜21:00
4月27日(土)18:00〜21:00

アンティーク雑貨、日用品、キッチン雑貨、旅やお料理の本、
ヨーロッパの紙物、アクセサリー、ワンピース、

たくさんのヨガ本、ヨガパンツ、フリース、アウトドアリュック、
手づくりどうぶつTシャツ、ベビー服、ベビー布団、
収納ケースや収納グッズ、椅子、

ノートPC、照明、エレキバイオリン、折りたたみ自転車、
釣り道具、清原サイン入りバットetc...

金曜日の夜と土曜日の夜だけ魔法の扉がオープン!
引っ越し後のNEW HOUSEに、
あなただけの宝物を見つけに来てください。

三宮、元町、神戸駅からバスで1本の場所ですので、
何かあるかな?と夕暮れ時にカフェに立ち寄る感覚で
ふらりとあそびにお越しください。

のぞきにいけそう!という方、
メッセージお待ちしております〜

当日は、レセプションパーティーのイメージで、
赤ワインやカシスのカクテル、
ささやかなフィンガーフードをご用意してお待ちしております。

場所:ぬんハウス(神戸市兵庫区)

神戸市営バス 夢野2丁目 徒歩3分程度
神戸高速 新開地 または
地下鉄 湊川公園 徒歩20分程度

(ご連絡いただけましたら、詳しい行き方をご案内します^^)

///////////////////////////////////////////////////////////

見に来るだけでも楽しそうですよ。
遊びに来ていただける方、ご連絡、お待ちしてます〜!

posted by ぬん at 17:52 | Comment(0) | 日々、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

「祈り」という映画

inori_img.jpg

先日に引き続き、もうひとつ、映画をご紹介します。

4月27日(土)
神戸・三宮(新神戸)の、神戸芸術センター芸術劇場にて、
「祈り〜サムシング・グレートとの対話」という映画の、
上映会&監督講演会があります。

昨年から、スピリチュアル系の方々の間で話題なっている映画なので、
すでに観られた方や、聞いたことある方も多いと思います。


以下が、映画の内容です。(「祈り」公式ページより)

筑波大学名誉教授、村上和雄博士は、
「心と遺伝子研究会」を立ち上げ、
心の働きが遺伝子に影響を与える事を確かめている。

中でも「笑い」が眠っている遺伝子をオンに変える事が証明された。

その他にも、「愛」や「感動」などのポジティブな心の働きが
眠っている遺伝子をオンに変え、
「祈り」が遺伝子に影響を与える事を研究している。

村上和雄氏と共に、
ホリスティック医学の権威ディーパック・チョプラ博士、
細胞生物学者ブルース・リプトン教授、
祈りを含めた意識研究を科学雑誌に発表し続けているジャーナリスト、リン・マクタガート女史などが登場し、
「祈り」を含めた意識研究の最先端を明らかにしていく。


詳細の内容はこちら(公式サイトの作品紹介)
http://www.inori-2012.sakura.ne.jp/sakuhin/index.html


ぼくたちが、何かを考えたり、何かを意識したりした時に、
何か、物質的に変化が起こるなんてことは、
今までの科学では、あまり信じられていませんでした。

でも、最近では、
ぼくたちの思考や意識が、物質に影響を与えると考える科学者が、
少しずつ増えてきています。

「祈る」ことで、何が、どう変わるのか?

そんな最先端の科学を知ることができる映画のようです。

物質中心の時代から、心の時代・スピリチュアルな時代へ変わりつつある今、
とても大切な映画だと思います。

今回は、監督のお話も聞けるということなので、
まだ観られていない方は、ぜひぜひ、この機会にどうぞ。


また、この日、観られない方も、
大阪の十三にある「シアターセブン」で、
5月中旬まで上映しているようなので、
興味ある方は、ぜひどうぞ。
http://www.theater-seven.com/

ぼくも、神戸の会では観られないので、近々、十三で観ようと思っています。

その他、全国の上映スケジュールはこちら
http://ameblo.jp/crystal-design/entry-11389184811.html#shira_geki


「祈り」上映会&監督講演会

4月27日(土)

12:00〜開場
13:00〜上映
14:50〜白鳥哲 講演

・場所:神戸芸術センター芸術劇場
http://www.art-center.jp/kobe/
新神戸駅まで徒歩4分、三宮駅まで徒歩15分

・参加費:3,000円(映画&講演)

・主催:世界の子供と生きる葡萄の会事務局

・お申し込み:doomu32.1@gmail.com

「祈り」公式サイト
http://www.inori-2012.sakura.ne.jp/
posted by ぬん at 21:57 | Comment(0) | おすすめのもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

ヨーガ療法学会でのトラウマの話(宮崎)

yogagakkai2013.JPG

金・土と、
宮崎県で行われた、ヨーガ療法学会に行ってきました。
今年も、いい話がたくさん聞けて、とても勉強になりましたが、

特におもしろかったのは、
ヴェッセル・ヴァンデル・コーク先生のお話でした。

コーク先生は、ボストン大学医学部の教授で、
ボストン・トラウマ・センターを設立された、トラウマ研究者です。

トラウマを持っている人は、
パニックにおちいった時に、心拍と呼吸が乱れるそうで、

コーク先生は、心拍をコントロールできるものをグーグルで探していて、
ヨーガを見つけたそうです。

ヨーガの呼吸法を研究してみると、
呼吸をゆっくり、深くすることで、
心拍もゆっくりできることが、証明できたそうです。

心拍と感情の結びつきは深く、
1分間に6回ぐらいの呼吸を続けると、
落ち着いた気持ちになっていくそうです。


コーク先生は、トラウマの対処法として、
心理カウンセリングや、投薬など、いろんな方法を比較したところ、
ヨーガが、非常に効果が高かったそうです。

特に、過去のトラウマを自分の内に押し込めたような、
慢性的なトラウマに対しては、ヨーガがとても良いとおっしゃってました。


トラウマの人は、
過去の記憶を、自分の体の中に感覚(印象)として残しており、
その痛みと向き合うのを避けるため、
自分の肉体感覚を遮断し、喪失してしまうので、

ヨーガの体操で、今この瞬間の自分の体と向き合い、
今この瞬間、安心・安全で、コントロールできるということを体感することが、
とても大切なようです。

そのために、もっとも大切なのが、
「自分の内側の意識化」だそうです。

自分の体がどこにあるか?
どういう姿勢になっているか?
体にどんな感覚が生じているか?
どんな呼吸がおこっているか?


そのような意識を行うことにより、
自分を客観視する能力が高まるそうです。

脳の中で、自分を客観視する能力は、
眉間の奥の部分(前頭前野)にあるそうです。
ヨーガで、第3の目(第6チャクラ)という場所とも一致します。

トラウマやパニックの人は、
この部分が不活性化しており、
この部分の能力を高めることにより、
少しずつ自分を客観的に眺められるようになり、
感情をコントロールできるようになるそうです。


この部分を鍛えるには、ヨーガに限らず、
身体感覚をともなう動作、
例えば、剣道や柔道などの武術や、気功なども良いそうです。

きっと、お茶などの所作や、
ダンスなどでも良いのだと思います。
身体感覚を磨くことが大切なのでしょう。


ボストン・トラウマセンターでは、
アーサナ(体操)・呼吸法・マインドフル瞑想を組み合わせたヨーガを行っていますが、

一般のヨーガスタジオで行われているヨーガをそのまま行うのでは、
うまくいかないそうです。

例えば、ヨーガの指導者が、少しでも体に触れたり、
強制的な指示を出したりすると、パニックになってしまったり

シャバーサナ(くつろぎのポーズ)で仰向けになって休むとき、
安心感を得られない人が多かったり、

体を動かすことにより、
過去の感情が出てきて、パニックになることもあるようです。

ボストン・トラウマ・センターで、
具体的に、トラウマの人にどのようなヨーガを行っているか、
書いている本があるので、
興味ある方は、読んでみてください。

book_trauma.jpg

トラウマをヨーガで克服する



コーク先生のお話は、トラウマの人以外にも通じる部分が多く、

ヨーガをする上で、

・体の感覚を意識すること
・呼吸をゆっくりにしていくこと

が重要なのだと、あらためて感じるお話でした。
posted by ぬん at 23:59 | Comment(3) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

食の映画「FORKS OVER KNIVES」

forks_chirashi.jpg

4月28日(日)
神戸・元町の玄米カフェにて、
FORKS OVER KNIVESという、
食に関するドキュメンタリー映画の上映会があります。

この映画は、2011年、アメリカで上映されて話題になり、
昨年末、日本語版ができたようです。

この映画で伝えているのは、
現代の栄養学への疑問です。

動物性たんぱくを中心にした食生活が、
いかに病気につながっているか、
2人の博士の研究を追いかけたドキュメンタリーです。

穀物と野菜を中心に食べることで、
治療がむずかしいとされてきた多くの生活習慣病も治せるということを示し、
「食が、ナイフ(外科的手術)よりも勝る」
ということを教えてくれる映画だそうです。

現代の栄養学については、多くの人が語る通り、
たしかに、誤った部分が多く、
ぼくたちの常識を、変えなければいけない時なのだと思います。

興味がある方は、ぜひぜひ、ご覧になってくださいな。
ぼくも、この日は都合が悪いのですが、
機会があるときに観ようと思っています。


「FORKS OVER KNIVES」上映会

・日時:2013年4月28日(日)
  3回上映します。
  @10:00-12:00
  A13:30-15:30
  B16:00-18:00

・場所:玄米カフェ4階
http://www.shunki.com/cafe.html

神戸市中央区三宮町3-9-19 春貴ビル4階
元町駅から、徒歩2分です。

・料金:1000円(要予約)

・申し込み電話番号:078-334-0623

※小さなお子様連れのご参加はご遠慮ください。
※冨田先生の、おまけトークあり。





この映画のもととなっているのは、この本のようです。
ぼくも読みましたが、おもしろかったです。
興味ある方は、ぜひ読んでみてくださいな。

book_macgaban.jpg
葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻)

posted by ぬん at 23:19 | Comment(0) | 食と農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

太陽と月のマーケット in 正福寺(大阪・池田市)

image.jpg

直前の告知になってしまいましたが、
今週末、4月20、21の土日に、
「太陽と月のマーケット」というイベントが開催されます。

大阪、池田市の正福寺というお寺を会場に、
食べもの屋さんや、雑貨のお店などがいっぱい出店され、
いろんなワークショップや、
お寺の本堂では、ヨガやライブが多数、催される、
すてきなてづくり市です。

その中で、ぼくも、ヨガをさせていただくことになりました。

このイベントは、
3人の主催者の、
ののちゃん、まきさん、川崎君が呼びかけて始まって、
それから、あれよあれよという間に、
すてきなお店の人や、すてきな出演者が、人づてでどんどん集められ、
主催者も手がまわらなくなってきたら、手伝ってくれる人があらわれ、
facebookを中心に、どんどんと盛り上がってきて、
「シェア」「つながり」を感じさせる、
とても今っぽいイベントだなあと感じています。

そうして集まった、お店や出演者のみなさんは、
個性的で、やさしくて、味わい深い方々がいっぱいです。

ぼくも、いろんな出会いを楽しみにしています。


ぼくのヨガは、
4月21日の日曜日、14時半から15時半、

「おうちでできる、日々のヨガ講座」
というタイトルで、

心と体のお話を中心に、
ちょっとの体操、ちょっとの呼吸、瞑想、をする予定です。

体を使って遊びながら、
体を開き、心を開き、

日々の生活で役立つような、
体の意識の仕方、
呼吸の意識の仕方、
心の意識の持ち方、
を、お伝えしていきたいと思います。

ヨガマットなどは不要です。
料金は、ワンコイン、500円です。

どなたさまも、お気軽に、ぜひご参加くださいな。

ぼく以外のヨガも、
なかなかにすてきな先生揃いで、
ヨガだけでも楽しめると思います。

お時間ある方は、ぜひぜひ、遊びに来てくださいね!

image.jpg
image.jpg

『太陽と月のマーケット』

【日時】4月20日(土)4月21日(日)
AM11:30〜PM19:30

【場所】浄土真宗本願寺派 正福寺
〒563-0032 大阪府池田市石橋4-15-14
阪急蛍池駅、石橋駅より徒歩10分

【主催】末川マキ/藤岡法子/川崎尚彦

【特別後援】正福寺

【FBページ】http://www.facebook.com/taiyoutotsuki3

【blog】http://taiyoutsuki.jugem.jp/

来たる4月20日(土)21日(日)、大阪池田の正福寺で突如として現れる巨大マーケット。『誰もが個性を輝かせる共存共栄型社会の実現』というコンセプトのもと、新たな時代を切り拓かんとして関西の有志100名以上が集まって催されるイベント。

限られたスペースの境内をところ狭しと有効活用した多彩な演出で来場者を待ち受ける。

本堂では関西を代表するヨガのインストラクターを招いたSpecialClass、各界で活躍中のアーティストを招いた国際色豊かなGuestStage。

10帖間の和室では幅広い専門分野から講師を招き、誰もが参加できるワークショップやお話会。

そして境内に常設されたホール館内と屋外スペースでは一日約40店舗ものブースが出店。次代のトレンドリーダーとも呼ばれる面々が多数参加。オーガニックや天然素材にこだわった飲食ブース、繊細優美な手作りの品々が並ぶ物販ブース。授乳室や休憩テーブル、また子供も楽しめるアトラクションを用意するのはユニバーサルという視点から発想されたもの。

極短期間でこのような規模とクオリティのフリーマーケットが開催されるのは異例のこと。
中でも今回特筆すべきはイベント企画未経験の主催者三人をサポートする形で、出店者や出演者、その周辺の関係者全員がイベント運営に主体的に協力し、その成功に向けて日々オンラインで意見交換をしたり、あるいは実際に現場で顔合わせや議論を繰り返しながら、恊働的にイベント全体を構築していること。

もはや市民運動の様相を呈してきたこの催し、当日何が起こるのか、人々に何を与えるのか社会に何をもたらすのか、まだ誰にも予測はつかないが、周囲の期待と注目は日を追うごとに高まりを見せ、そのエネルギーはすでにイベント外部にも拡大中。

image.jpg
posted by ぬん at 11:47 | Comment(0) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

平和の実践は、家族からはじまる。

love_satish.jpg

昨日のサティシュとのリトリートのレポートの続きです。

サティシュと2日間すごす中で、すてきな言葉をいっぱいもらいましたが、
もっとも印象に残っているのが、
「HOME」つまり、家庭のことです。

サティシュは言いました。

社会の正義や、平和を叫んでいても、
一番身近な人に対して、平和でいられなかったら、
一番身近な人に対して、やさしくできていなかったら、
社会の平和が実現できますか?

もし、すべての人が、自分のまわりの人たちに、
心からのやさしさを向けたら、世界は平和になるでしょう。


そのサティシュは、家庭で、どんなふうなのかと言うと、

サティシュは、
自分の奥さんや、子供に、
決してイライラしないそうです。

親や兄弟は、自分で決めた訳ではないけど、
奥さんは、自分が恋に落ちて、自分で選んだ人なんだから、

その人にイライラしたり、おこったりするなんてことが、どうしてできるでしょう?

と言っていた。

イライラの感情ってのは、勝手に湧き出てくるものだと思うので、
そう言われても、できないと思って、
ぼくは、サティシュに、
「どうやったらそんなふうになれますか?」
と聞きました。

サティシュは、
「簡単なことではないよ。
 でも、そうすると決めたからできるんだよ」
と言いました。


サティシュは、毎朝、欠かさず、奥さんにハグして、
I love you.
と言うそうです。

ただ口で言うだけではだめで、心から本当に思って言わないとだめらしい。


サティシュは、家族でも、気を遣ってあげることが大事だと言いました。
朝には、「よく寝れたかな?」というのが、お決まりのあいさつだそうです。


そう言われてみると、
ぼくは、家族といっしょにいながらも、
「心ここにあらず」で別のことを考えていたりして、
気づかいが足りないし、
その場に意識を集中できていないなあと、反省したのでした。


サティシュは、
Do(すること)ではなく、Be(いること)が大事だと言います。

ぼくたちは、
「あれもしなくちゃ」「これもしなくちゃ」
と、Do(すること)に気をとられがちですが、

「ただ、そうであること(Be)」に集中したらいい。
「ただ、おだやかであること」
「ただ、平和であること」
「ただ、やさしい状態であること」

自分が常にその状態であれば、
自分の周りの人に対して、自然に行動が出る。

まわりを変えよう、まわりに働きかけよう、と思わなくても、
自分のあり方を見て、
自然にまわりが変わっていく。

それは、まるで、花のような、謙虚な姿勢だそうです。

花は、美しく咲いているけど、「私を見て!」とは言わない。
ただ、美しく咲いている。

「世の中に大きく貢献しよう」と思うよりも、
毎日の生活の中で、自分のまわりの人に対して、
花のように、美しい心でいるのが大切だそうです。


サティシュに近づけるように、
少しずつ、心がけていきたいと思います!!
posted by ぬん at 10:14 | Comment(3) | 環境・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

サティシュの鎌倉リトリート行ってきた。

satish_walking.jpg

先週末、神奈川県・鎌倉で行われた、
サティシュ・クマールさんとのリトリートに参加してきました。

憧れのサティシュさんと、2日間も共にすごせる、
とてもとても楽しみにしていた企画でした。

サティシュと語り、いっしょに瞑想し、いっしょに歩き、いっしょに飲み、
宝物のような言葉をいっぱいもらいました。

参加される方も、
きっとすてきな方々に違いないという期待通り、
すてきな出会いがたくさんありました。


リトリートのタイトルは、
「スモールスクール(小さな学校)」

自分たちができる小さいことが、
世の中を大きく変えていく。

「世界の変化を望むなら、
 自分が変化の一部となりなさい。
 自分がまず変わりなさい」

というガンジーの言葉のように、

ぼくたちが、今、どう生きるべきなのか、

サティシュの言葉を聞き、
また、みんなで話し合いました。


サティシュの語る一言一言から、
すべての人への愛、
すべての動物や植物への愛、
地球への愛を感じ、

このすばらしい地球・自然が、
ずっと続いていくように、
まずは自分の生活を変えていきたいと強く感じました。

ぼくたちは、
完全に、環境に負荷をかけずに暮らすことはできません。

現代社会で生きている限り、
毎日毎日、環境にいろいろな影響を与えています。

自分のできる範囲で、少しずつやる。

急に変えるのではなく、
人生を通じて、一歩ずつ変わっていくのが大事だそうです。

サティシュは言いました。

現代のぼくたちは、便利さを求めすぎている。
いくら便利になっても、
もっと、もっと、便利になりたいという欲求が止まらない。

便利さを追い求めるあまりに、
地球資源を掘り起こし、その代わりに地球にゴミを返し、
地球の裏側の人々や、様々な動物、
そして、将来世代の子供たちを犠牲にしている。

今、日本人のぼくたちのような生活を、
世界中70億人がするとしたら、
地球が5個半必要になる。

便利さは、もう十分。
便利になったから、現代人は幸せになったかというと、
そんなことはない。
今の便利さに感謝し、満足し、
便利さを求めて翻弄するのはもうやめなければいけない。

今、ぼくたちは、生活の仕方を見直して、
持続可能な生き方にシフトしなければいけない。

自然と調和した、地球が永続していける、
真の発展を考えていかなければいけない。


サティシュがイギリスで開いている学校の授業は、
大人向けのものでも、
子供向けのものでも、
まず、食からはじまるそうです。

畑で作物を育て、料理すること。

それが、いちばん最初の授業だそうです。

頭でいろいろ考えても、
まず、食べなければ、はじまらない。

食を通して、自然とのつながりや、自然への敬意を学ぶそうです。

ぼくも今年は、
もっともっと、土に近づいていこうと思います。

book_satish_saiko.jpg

英国シューマッハー校 サティシュ先生の最高の人生をつくる授業


この本が、とてもおもしろいです。

辻信一さんと、ゼミ生18人が
サティシュの学校「シューマッハ・カレッジ」で
1週間学んだドキュメント
です。


人生とは何か?
幸せに生きるにはどうしたらいいか?

サティシュとの1週間を、
横からのぞいているような感じで、

自分の内に眠っている力を
勇気づけ、後押しして、
人生の指針を与えてくれるようなすてきな本です。

ぜひぜひ、読んでみてください。
posted by ぬん at 08:16 | Comment(0) | 環境・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

4/24、ゆる社会活動の交流会します(神戸・長田)

yurukai_people.JPG

2013/4/24(水)の19時半から、
ゆる社会活動の交流会(通称:ゆる会)を行います。

今回は、神戸・長田の、「桃寧さんサロン」にて行います。

ゆる会とは、、、、

みんなで、おいしいご飯を持ち寄って、
地球環境、エネルギー、農、食、健康、教育などについて語り合う、
ゆるい集まりです。

ご飯を食べながら、自由に歓談したり、
輪になって、気になることをシェアし合ったり、

ゆるいんだけど、ちょっとまじめで、
おもしろい情報がいっぱい集まる場です。

2011年末に始めて以来、
毎回、和やかな雰囲気で、
いろいろなつながりが生まれています。

ゆる会のテーマは、

・持続可能性
=自然や地球が永続できる、循環型の社会をめざした暮らし。

・ローカリゼーション(地域コミュニティ)
=地元の人同士のつながりを大切に、個人個人の得意なことを発揮しあう暮らし。

そして、何と言っても、
・ゆるく、楽しく

これが重要です。

おいしいものを食べながら、
お酒が飲みたい人は飲みながら、

誰かを批判するのでなく、
自分たちができる小さなことから、実践していく。

世の中の暗い部分に目を向けるより、
明るい未来を思い描いて、シェアしていく。

そんなものを目指しています。

おもしろい人が集まって、
ゆるくつながっていくのが最高です。

2013年のゆる会は、
より多くの人と、つながっていくために、
毎回、会場を変えながら、
毎週第4水曜の夜に、やっています。

ゆる会のブログはこちら
http://yurukobe.blogspot.jp/


今回、4月のゆる会は、
気功・整体と、自然療法の先生である、
桃寧さんのサロンを使わせていただくことになりました。

せっかくの機会なので、
簡単な、自然食の講座をお願いしたところ、
なんと、2つのプチ食養講座をしていただくことになりました。

その1.元気の源!玄米スープの作り方
その2.な〜んちゃってでも美味しい!酵素玄米の炊き方

どっちも、見逃せません。楽しみです!!


そして、今回のゆる会でも、
はじまる前に、映画の上映会をすることにしました。

今回は、「木の来た道」という映画を観ます。

木材の流通過程を、
日本からの視点で捉えたドキュメンタリー映画です。

ぼくたちは、木や、木からできた製品に囲まれてますが、
それが、どこからどうやって来たのか、あまり知りません。

大切な森林を守るために、
まずは、どんなことになってるのか、知ることから。

映画詳細はこちら
http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2009/pr090423_publish_woew.html

ぼくも、まだ観てないのですが、
お時間ある方は、ぜひ、いっしょに観ましょう〜。

yurukai_food.JPG


ゆる会@楽の森 2013.04

◆日時:4/24(水)

17:45  開場
18:00-18:15 プチ食養講座@元気の源!玄米スープの作り方
18:15-19:05 DVDの上映(50分)
(途中入場OKです。どこから観ても楽しめそうです。)
19:15-19:30 プチ食養講座Aな〜んちゃってでも美味しい!酵素玄米の炊き方
19:30-  ゆる会(本編)スタート
    持ちよったご飯を食べながら歓談
20:30頃より、それぞれが一言ずつ、自己紹介や、最近気になることを話す時間を取ります。
22:00頃、いったんお開き(最終23時頃まで)

何時からでも、何時まででも、ご自由にご参加ください。

◆参加費は、今回は、300円です。

食べもの、飲みものを、持ち寄りで、おねがいします。
お1人1品を目安に、すてきな食べ物、待ってます。(お気軽にどうぞ)

お酒など、飲みたい方は、持ってきてください。

お茶は、こちらで用意します。

マイ皿、マイ箸、マイコップが持参できる方は、お願いします。

◆会場:ヒーリングルーム桃寧
http://www.tounei.net/shop/

事前にご予約いただいても、
sakakiba@gmail.com (ぬん)

当日、直接来られても、どちらでも大丈夫です。
お知り合いをお誘いの上、お気軽にご参加ください。

今回も、おもしろいつながりが広がっていくのを、
楽しみにしています!

facebookイベントページはこちら
https://www.facebook.com/events/231908853614489/
posted by ぬん at 13:21 | Comment(0) | 環境・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

4/21、ピクニックピクニックで、どうぶつヨガします(神戸・三宮)

4月21日(日)の、10時から16時まで、
神戸・三宮の、みなとのもり公園にて、
『ピクニック・ピクニック2013』というイベントが開催されます。

公園の芝生広場で、
子供を対象にしたワークショップが、いっぱい並びます。

工作やら、絵やら、紙芝居やら、楽器やら、ものづくりやら、

いろんな、おもしろい人が、
いろいろと、楽しそうなワークショップをします。

こだわりの、ごはんや、おかしの出店もいっぱいで、
とても楽しそうです。

ぼくも、
『親子で遊ぼう どうぶつヨガ』
というのをさせていただくことになりました。

昨年の『ピクニックピクニック2012』でも、やる予定だったのですが、
雨で中止になったので、
今年こそ、楽しみにしています。
doubutuyoga2012.jpg


どうぶつヨガは、
みんなでどうぶつのまねをしたり、
どうぶつに、なりきったり、します。

ゴリラや、ぞうや、いぬや、ねこ、など。


遊びながらも、
じぶんの体に親しみ、
たくましく、健康に、

体を動かしながら、楽しく、笑って、
心もハッピーに、やさしくなることをめざします。

どうぶつヨガの、進行は、こうです。

1.準備運動

 まずは体と心をほぐします。

2.練習タイム

 それぞれの動物ポーズを説明して、みんなで練習します。

3.本番タイム

 ゴーンと鐘が鳴ると、次の動物を伝えられるので、
 みんなでその動物になります。

 想像力ふくらませて、アレンジや、アドリブOK!

4.クールダウン

 体と心をやさしく落ちつけます。


芝生に寝っ転がったりするので、汚れてもいい服装でお越しください。

親子での参加もOK。
子供だけの参加も、
大人だけの参加も、大歓迎です。

昨年、大阪の中之島で行われた、アウトドアヨガ祭りで「どうぶつヨガ」をしたときも、
大人の参加者が中心でしたが、
みんなで笑って、とても盛り上がりました。

みなさん、おきがるに、ご参加ください。


4/21(日) 11時〜11時45分ごろに、芝生広場で行います。

料金は、500円/1家族 です。

ぜひぜひ、みなさん、
散歩がてら、お食事がてら、遊びに来てくださいね〜。

ピクニックピクニック2013
http://picnicpicnic.info/
posted by ぬん at 15:12 | Comment(0) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

サティシュさんの講演会に行ってきた(京都)

家の引っ越しやら、なんやらで、すっかり忙しくて、
ブログの更新が止まってしまいましたが、
ちょっと落ち着いてきたので、
しばらく、毎日をめざして更新していこうと思います!

satishkyoto.jpg
(写真:ナマケモノ倶楽部より)

先週土曜日は、以前のブログでお伝えしていた通り、
環境活動家、サティシュ・クマールさんの、講演会に行ってきました。

サティシュさんは、
やさしく、子供のようにキラキラした目で、
むじゃきでお茶目なお方でした。

やさしく、力づよく、ぼくたちを勇気づけるようなお話をしてくれました。


サティシュさんが言うには、


今は、お金や経済を最優先にし、
地球環境を損ねてしまうような時代だけれど、
長い人類の歴史で見たら、それは、ほんの一瞬のこと。

人間が作り出したものは、必ず、人間の手で変えることができる。

どんな世の中になったらいいかを思い描き、
それをみんなとシェアして広めていくこと。
創造力(クリエイティビティ)を発揮すること。

変革は、上からおこるのではなく、
個人個人の力から生まれる。

1人1人が、
良くないと思う社会の仕組みに加担しないように気をつけること。
何かを買うとき、選ぶとき、
より良い社会づくりを応援できるものをチョイスすること。

そうすることで、必ず、すてきな社会が実現するとおっしゃいました。


まずは、世の中の仕組みを知ること。
そして、悪い仕組みに加担しないような実践を続けること。
そして、まわりの人とシェアすること。

サティシュさんは、
環境をテーマにした「リサージェンス」という雑誌の編集長を、
長年務められています。

どうして、現在は、地球環境が損なわれる社会になっているのか?

どんな世の中になれば、
経済と科学と自然環境が調和して、
幸せな暮らしを続けることができるのか?

そのようなビジョンを、
もう40年以上にわたって示し続けてきた、
ポジティブで、視野の広い、すばらしい雑誌です。

英語なのですが、
ぼくも、英語の勉強がてら、読むことにしました。
ナマケモノ倶楽部のHPから申し込みできるので、興味ある方はどうぞ。


そして、過去のリサージェンス誌の中から、
現在の日本に重要そうなものを選んで、日本語に翻訳した本がこちらです。

k-book_tsunagari.jpg

『つながりを取りもどす時代へ
―リサージェンス誌選集 持続可能な社会をめざす環境思想』

ぜひぜひ、読んでみてくださいな!


今週末には、
鎌倉で行われる、サティシュさんとの1泊2日の合宿に参加する予定です。
とても楽しみなのです。またご報告したいと思います。
posted by ぬん at 17:53 | Comment(0) | 環境・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする