2017年05月10日

6/17、成功を決める究極の能力「やり抜く力」を学ぶ読書会 byこんさん

yarinuku-dokusyo.gif

6/17(土)の13時より、
リーディング・ファシリテーターの小西イサオさん(こんさん)をお招きし、
『成功を決める究極の能力「やり抜く力」を学ぶ読書会』を開催します。

年間100冊以上本を読み、数々の読書会を開催する、読書の達人であり、
本を通して、人に学びをもたらす達人、こんさん。

あこがれの、こんさんと、ご一緒したくて、
今年の2月にも、こんさんをお招きして、読書会を開催したのですが、
なんと、ぼくがインフルエンザに感染してしまい、参加できませんでした。

ぼくが不在の中、開催された読書会は、やはり大盛り上がりだったようで、

参加者のみなさんからの、第2回のリクエストにお応えして、
(というか、ぼくが今度こそ参加するために、)
第2回目を開催することになりました。

とても興味深い、こんさんについてのご紹介は、
前回イベント時の案内をご覧くださいませ。
http://nunyoga.seesaa.net/article/445831095.html


今回の読書会の開催にあたり、こんさんより、

「何かテーマのリクエストはありますか?」

と聞かれたので、

「学び方」

と答えました。


ぼくは、子どもの頃からなぜか、「学び方」にとても興味がありました。

いろいろなことを学ぶのが好きでしたし、

中学生の頃から、速読術の本を読んだり、脳開発の本を読んだり、
物事を効率よくマスターできる方法を探求し続けている気がします。


速読、瞑想、など、幅広い分野に通じているこんさんにも、
とても似た空気を感じるので、

今回、こんさんと、参加者の皆さんとともに、
学び方をテーマにお話できたら楽しいんじゃないかなと思ったのです。

今回のテーマ本は、「やり抜く力」
どんな内容なんでしょうね〜。

興味ある方、ぜひぜひ、ご一緒しましょう!

以下、こんさんからいただきました、案内になります。

-----------------------

今年2月に開催して好評だったスペースわにでの読書会。

お待たせしました、2回めの開催です。

2回目は、スペースわにのぬんさんから頂いたお題「学び方」をテーマに学びます。

そして、今回のテーマ本は

「やり抜く力 GRIT(グリット)
――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける」

です。

本書は、

★HONZビジネス書グランプリ2017第1位! (ビジネススキル部門)
★DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶベスト経営書2016第2位!
★2016年翻訳者・編集者・エージェントおすすめの「今年の3冊」第2位!
★たちまち28万部突破! 世界一話題の空前のベストセラー、ついに日本上陸!
★「最後の1行まで読者を飽きさせない」と朝日新聞書評でも異例の絶賛!
★読売新聞、日経新聞、産経新聞、週刊新潮、週刊朝日、NHK「スーパープレゼンテーション」、
TBS系「王様のブランチ」他、メディアで続々紹介!

と世界的ベストセラーになっています。


では、ここで質問です。

あなたは、学生時代に部活動をやっていましたか?

もし、2年以上部活動を継続した経験があるなら、おめでとうございます。

あなたには、やり抜く力の基礎が備わったことになります。


本書にはこんな研究ややり抜く力を向上させる方法が紹介されています。

さらに、もしあなたが、やり抜く力について、こう考えていたらそれは、間違いです。

・才能がある人が最後までやり遂げることができる
・学力がある人がやり抜く力を持っている
・体力があれば、困難を乗り越えてやり抜ける
・適性こそが、やり抜くために大切だ

ではどんな人がやり抜けるのか?

そして、やり抜くためには、どうすればいいのか?

それは、この読書会で明らかになります

あなたが、やりたいことが長続きしない。
そんな悩みを持っていれば、ぜひお越しいただきたいと思います。

とはいえ、精神論で頑張れと言われても、
私には無理、そんな心のささやきが出てきそうですね。

大丈夫。根性でなんとかしようという本ではありません。

具体的に、しっかりとやり抜く力を高めるための方法が紹介されています。


また、本を読むのが苦手とか、当日までに本を読んで行くのがしんどいという方も心配いりません。

この読書会は、本を読まずに来てほしいのです。


そして、本を読むのが遅い人も苦手な人も大丈夫。

なぜなら、本はほとんど読まない読書会だから。

でも、本の内容はしっかり学べます。


もちろん、人見知りでも大丈夫。
リーディングファシリテーターである私が、安心安全な場を作ります。

きっと、参加者同士仲良くなれて、もう一度参加したいと思うでしょう。


さて、ここでこの本の著者、アンジェラ・ダックワースさんをご紹介しましょう。
アンジェラ・ダックワースさんは、ペンシルベニア大学の心理学教授。

2013年に天才賞ともいわれるマッカーサー賞を受賞。
スポーツ界、ビジネス界、ホワイトハウス、世界銀行、米国陸軍士官学校など
幅広い分野のリーダーから「やり抜く力」を伸ばすアドバイスを求められています。

しかし、アンジェラ・ダックワースさんは、小さい頃に父親から
「お前は天才じゃないんだ」と何度も言われて育ったそう。

でも、アンジェラ・ダックワースさんは、天才ではない代わりに、
人生で何かを成し遂げるには、生まれ持った才能よりも
情熱と粘り強さによって決まる可能性が高いことを突き止め、
マッカーサー賞を受賞したのです。

そして、もちろん彼女自身もやり抜く力がかなり高いのです。

さあ、想像してみてください。
あなたがやりたいと思っていたことを、最後までやり遂げたらどんな感情でしょうか?

達成したいものがあるなら、やり抜くこと、あきらめないこと。その方法を学びましょう。

ぜひ、今すぐ、以下facebookページの参加ボタンをクリックしていただくか、
https://www.facebook.com/events/422286588138187/

もしくは、メールなどでご連絡ください。
早期に満席になる可能性があります。今すぐお申込みください。


◆日時: 2017年6月17日(土) 13:00-16:00

◆場所:spaceわに
https://www.spacewani.com/
神戸市中央区中山手通3-15-11 2階

・JR 元町駅(東口)より、鯉川筋を山側へ、徒歩10分。
・阪急 三宮駅(西口)より、徒歩12分。
・地下鉄 県庁前駅(東1または西1出口より、徒歩8分。


◆参加費:3000円(お釣りのないようにご用意いただけると幸いです)

◆持ち物:
・GRIT やり抜く力(アンジェラ・ダックワース著)
・カラーペン(なくてもいいです)、筆記用具

◆定員:10名様


★講師プロフィール

KON(小西イサオ)

兵庫県生まれ。京都産業大学理学部物理学科卒。
大学卒業後、映像制作の仕事を経て、Web制作に従事。

その後、はぴねす☆ラボ(幸福研究所)を設立。
瞑想歴は15年以上。
マインドフルネスは、日本のマインドフルネスの草分けであるK先生に師事。

シータヒーリングや現代靈氣、NLP、全脳思考、フォトリーディングなども活用し、
マインドフルネスを広めるために活動中。

趣味は、農業、読書、映像制作、パン作り。

http://ameblo.jp/mindfulness-kon/
posted by ぬん at 23:43 | Comment(0) | 日々、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする