2018年03月02日

3/24、わにの庭トーク&ワークvol.2 詩人・白井明大さん〜旧暦のある暮らし

niwa-2.jpg

わにのトークイベント「わにの庭 トーク&ワーク」

3/24(土)16時より、詩人の白井明大さんをお迎えして、第2回目を開催します。

『日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし―』(東邦出版2012)ほか、
旧暦にまつわるたくさんの著書を持つ白井さんは、

心にそっとしみいるような言葉で、
ちいさな季節の変化を伝えてくれます。


ワークでは、白井さんと一緒に詩をかいてみましょう。

むずかしく考えず、心で感じたことを、言葉に。
きっと楽しい時間になると思います。

当日は旧暦のことを書いた本や、
詩集も持ってきていただくので、
ぜひお手にとってみてください。
イラストも素敵です。

*わにの庭についての想いは文末をご覧ください。

niwa02.jpg


■日時
3月24日(土)16時〜19時

■会場
spaceわに

■対象
どなたでも
*詩を書くワークは、小学校中学年以上を対象としますが
小さなお子さんの参加もOKです

■参加費
高校生以上 2,000円(事前申込*前日まで申込フォームにて受付)、当日2,500円
中学生以下 無料


■ゲストプロフィール
白井 明大(しらい・ あけひろ)さん
詩人。沖縄在住。詩集に『歌』『生きようと生きるほうへ』など。また旧暦に関する著書多数。
現在『天然生活』『こどものとも』『PHPスペシャル』でエッセイなど連載中。


■白井 明大さんからのメッセージ

目の前の季節を感じること
感じたなにかを言葉にすること
そんなふうに季節と言葉を楽しめるひとときを
皆さんとともにできたら幸いです


■持ち物

後半は、飲食自由の交流タイムになります。
ごはんを食べる方は、一品持ち寄りでお願いします。
(それぞれが、ちょうど食べる量ぐらいを持ち寄ると、適量になります)

会場では、蒸し器なども用意するので、
野菜などの持ち込みも可能です。
(包丁、まな板もあります)

お酒などを飲まれる方は、
ご自身が飲まれるぐらいの量をお持ちよりください。
お箸、お皿、コップは、会場にありますので、お持ちいただかなくて大丈夫です。


■スケジュール

2018年3月24日(土)
15:40 開場
16:00 トーク「旧暦のある暮らし」
17:00 ワーク「詩をかいてみよう」
18:00 交流タイム(食べたり、飲んだり、おしゃべりを)
19:00 終了

※大まかな予定ですので進行により多少変更あります。途中退出もご自由にどうぞ。


■お申込 こちらのフォームからお願いします

■お問合せ palmwinemusic@gmail.com

■主催
・spaceわに。(ぬん)
・身体と呼吸と心と。(梨絵)

■facebookイベントページ


■「わにの庭 トーク&ワーク」とは

「人と人をつなぎ 人と自然をつなぎ 街と森をつなぐ」
という、spaceわにのコンセプトと、
同じような思いで活動をしている、すてきなゲストの方々を招いて、

ゲストから、その活動についてお話を聴くとともに、
みんなで考えたり、手を動かしたり、というようなワークの時間を持ち、
最後はごはんを食べながら、みんなが近づいて交流する。
そんなイベントです。

今、みんなでシェアしたいこと、
みんなで考えたいテーマ、
そんなこんなを一緒に体験し、

よりよい未来に向けて、
日々の暮らしを整えるきっかけになるような、
そんな場を目指していきます。


■前回の写真

niwa01a.jpg

前回のゲストは、かやぶき職人の、相良育弥さんでした。
相良さんが持ってきてくれたわらの上で、
お話したり、わらを編んだり。
自然との間合いのお話。


niwa01b.jpg

みんなで持ち寄りご飯。
手づくりのものも多く、クオリティの高いごはんとなり、
おいしいごはんとともに、和やかな場でした。

posted by ぬん at 22:21 | Comment(0) | 環境・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする