2018年04月03日

「ゆっくり小学校2018」6月から開講します(神戸-姫路-下関)

sss2018.jpg

いよいよ、ゆっくり小学校が、関西にやってきます。

辻信一校長たちとともに、
「スロー学」「脱経済学」などを学ぶ、
大人のための小さな学校。

新しい人生観やライフスタイルを“リラーン(編みなおし)”する、
学びなおしのプロセスであり、遊び場です。


みんなで山を歩いたり、
自然農を学んだり、
料理をしたり、

瞑想やヨガをしたり、
手仕事をしたり、
辻校長の、講義を受けたり。

2つのリトリート(合宿)も交え、
寝食をともにし、仲間と語りながら、
これからの時代の新しい価値観について考える、
貴重な時間になると思います。

sss3.jpg


校長である辻信一さんは、
「スローライフ」という新しい思想を世に広め、
日本の環境活動を引っぱってこられた方です。

「でんきを消して、スローな夜を」を合言葉に、
「100万人のキャンドルナイト」を呼びかけたり、

経済成長ではなく、国民の幸福度(GNH)を基準に国づくりをする
ブータンの思想を日本に広めたり、

サティシュ・クマールさん、ヴァンダナ・シバさんといった、
世界的な環境活動家を日本に紹介したり、

辻さんを直接知らない人でも、
辻さんが提唱してきた、新しい時代の価値観に、
知らず知らずのうちに影響を受けていると思います。

辻信一さんのプロフィール詳細はこちら
http://yukkuri-web.com/tsuji/profile


そんな、辻校長や、さらには個性豊かな教職員たちとともに、
ときには、まじめに、
ときには、遊びながら、

つながりある未来を目指し、
新しい時代のあり方について考える、学びの場です。


今の社会に疑問がある人、
よりよい未来を目指したい人、
自然とのつながりを取り戻したい人、
ヨガ的な生き方をしていきたい人、
などなど、

これからの生活のヒントが得られると思います。

昨年までは過去4回、関東での開催でしたが、
今年は、神戸を中心に、2回のリトリートを交えて開催することになりました。
2つのリトリート地である「姫路」「下関」それぞれ、すごくすてきな場所です。
ぜひ、この貴重な機会に、深い時間をともにすごしましょう!

sss1.jpg


◆ゆっくり小学校とは?

ゆっくり小学校は
3.11東日本大震災をきっかけに、
思想家のサティシュ・クマールさんの教育運動に倣い立ち上げた、
大人のための小さい学校です。

経済大国に生まれ育った私たちが
これまで信じてきたような価値観を、
一度“アンラーン(学びほぐし)” し、
新しい人生観やライフスタイルを
“リラーン(編みなおす)”する、
学びなおしのプロセスであり、遊び場です。

「スクール(学校)」の語源は
ギリシャ語の「スコーレ」と言って、
余暇や遊びを意味する言葉でした。

本当の学びとは、遊ぶゆとりの中で育まれる、というわけです。


2018年は関東から拠点を移し、
神戸、姫路、下関でのリトリート。

辻信一校長による“スロー学”講義をはじめ、
瞑想、ヨガ、自己表現、手仕事など、
スローな授業が時に忙しく?!
矛盾とともにプログラムされています(笑)。

本来の教育とは「内に秘められたものを引き出す」もの。
あなたの学びたい思いを糧に、
未知の世界観、自分の内にある創造性、
新しい生き方、そして仲間たち……
に出会う学びなおしの旅へ、ふるってご参加ください。

みなさんにお会いできるのを教職員一同、お待ちしています!

日程、内容などの詳細は、以下サイトをご覧ください。
http://yukkuri-web.com/smallschool/yearcourse


sss2.jpg

posted by ぬん at 11:00 | Comment(0) | 環境・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする