パーソナルマーケティング

personalmarketing.jpg

今日は、この本を読みました。


会社にいるあいだは、最後の最後まで仕事に夢中で、
自分が会社で果たすべきことを、ギリギリまで追いかけていました。

不思議なもので、
最後の出勤日を過ぎた途端に、急に会社のことを考えなくなりました。

「あきらめた」というか、「やりきった」というか、
自分でもおどろくほど、スパッと切り替わりました。


そしたら急に、
今まで会社から与えられていたものを、自分で作っていかなきゃいけないんだなあと思い、

・生活のリズム(時間割、ToDoリスト、スケジュール帳)
・ルール(休み時間、勤怠、禁止事項、ドレスコード、メール返信の速さなど)
・オフィス環境(PC環境、BGM、机など)
・情報収集の方法

について考え始めました。

そして、特に決めなきゃと思ったのが、

・ビジョン、理念、ブランディングなど

です。

今までは、会社が決めたミッションやビジョン、事業定義に従ってやっていたのだけど、
これからは当然、自分で決める必要が出てくるわけで。


そんなことを考えていたら、

たまたま奥さんが、ぴったりな本を持っていたので、さっそく貸してもらいました。


本の内容は、

・自分の持っている資産(能力や、独自性など)を分析する。
・自分が貢献する相手(ターゲット)と、そのニーズを考えて、分析する。
・上の2つを、どうマッチングさせていくかを考える。

というようなことでした。

今まで、会社で考えていたようなマーケティングを、
自分個人に置き換えて考えることができて、とても参考になりました。


会社をやめた途端、こんなことを考えていて、我ながら、はたらきものです。
この調子なら将来有望だぞ。自分でちょっと安心。

今までの仕事に向かっていた速度のまま、やりたいことに全力で取り組んでいきたいなあと思います。


この記事へのコメント