将来の結果に対しての執着を捨てなければな

今日はディーパックチョプラさんという人の本を2冊読みました。

tomitoseikou.jpg


富と成功をもたらす7つの法則―願望が自然に叶う実践ガイド


わかってるつもりでも、
なかなか、無執着でいられていないなあと実感しました。

将来の結果に対しての執着が、自分を少し不安にさせてると気づいて、
楽になれました。

今に集中すれば良いのだなあ。
今、自分が、人のために、何を与えられるかに集中したいと思います。


yudaneru.jpg


ゆだねるということ (上)


この本は、シンクロニシティ(偶然の一致)についての本です。
引き寄せの法則みたいな。

物理学者シュレディンガーさんの理論についても書かれていて、
前、本人の本を読んだ時は、むずかしくてよくわかんなかったんだけど、なんとなくわかりました。

人生は、一瞬一瞬が選択肢の連続だけど、
選択した人生だけでなくて、選択しなかった裏の人生もあらかじめ存在している。

うーん。やっぱりよくわからんような。


自分には、自我のある自分(他と隔てた自分)と、
すべての共通意識とつながっている自分がいて、

その深いほうの自分は、無限の可能性を持っている。

自我を抑えて、自分の深い部分にアクセスできれば、
あらゆる可能性を呼び起こせるし、いろんなシンクロが起こってくるということですな。

スピリチュアル本では、よく出てくる話なので、
知識としてはわかるんだけどねえ、

実感としては、まだあやふやな感じだなあ。


やっぱり、ディーパック・チョプラさん、なかなか良いです。

spiritualyoga.jpg

スピリチュアル・ヨーガ―からだの中から美しくなる7つの法則

この本がけっこう好きで、
ヨガ思想の入り口本として、いろいろな人におすすめしています。


この記事へのコメント