バリ島の両替屋で、手品詐欺に遭う

スミニャックの街で両替した時の話です。


家族みんなで、両替所を探しながら歩いていて、他よりレート(交換率)の良いところを発見しました。

レートがやけに良いので、少し怪しい。
家族7人とも両替所に入り、みんなが、だまされないように警戒して見守りながら両替しました。

普通の両替所は、50,000ルピア(約500円)札か、100,000ルピア(約1,000円)札にチェンジするのだけど、
ここでは、20,000ルピア(約200円)札にチェンジしてきました。

5万円分を両替したので、合計250枚の札束です。
数をごまかされないように、しっかりと家族みんなで数えました。


その時は、ごまかされたことに全く気づかず、両替所を出たのですが、

その後、たまたまカフェで隣にいたバリ人のお兄さんが、
ぼくたちが大量の20,000ルピア札を持っているのを見て、
「多分、両替屋でだまされたと思いますよ」と教えてくれました。
お札の数を数えたら、確かに、だまされていました。


手口はこうです。

①まず、20,000ルピア札を25枚ずつ数えて、金額分の山をつくる。
 今回は、10個の山。

sagi001.jpg

(この時点で、ちょっとあやしいので、
ぼくたちは、ごまかされないようにしっかり数えて、お札から目を離さないようにしてました。)


②全部の札束を、ひとつに束ねて、トントンと揃える。
 このときに、なんと、お札の約半分を下に落としている!

sagi002.jpg
横から見た図
sagi003.jpg

家族みんなで見てたけど、誰も気づかず。
なかなかの手さばきです。


③厚みが減ったのがばれないように、
 手でぎゅっと押さえながら、半分に折って渡してくれる。

 しかも、ていねいにも、
 「みんなで分けますか?」とか言って、家族数人に、分配して渡してきた。

このあたりの話術と、手順のスムーズさはさすがです。


かなり警戒してたにも関わらず、みごとにやられましたヮ。
みなさんも気をつけてくださいナ



負けず嫌いのうちの家族は、

次こそは、トリックを見破って、表示通りのレートで両替してやろうと言って、
もう一度、その両替所に行きました。

もちろん、だまされたことに気づいてないふりをして。


両替所のお兄さんたちは、さっきだました人達がまた現れたのを見て、少しおどおどした感じでした。
「今度は、50,000ルピア札でいいか?」とか言って、
今度は、手品をすることなく、普通に両替してきました。


うちの母は、まだ気が済まなかったらしく、
同じ日に、さらに2回、そこに両替をしにいきました。

だまされたお金を取り返せるわけじゃないけど、意地ですね。さすが、うちの母。いいぞ。

最後は、「もうお金がなくなったので、また明日来てくれ」
と断られたらしい。

そのレートでまじめに両替すると、きっと儲けが出ないのだと思います。


家族みんなで、とてもいい勉強、いい経験になりました。

感謝感謝

この記事へのコメント

いぬこ様
2010年05月08日 02:00
バリの洗礼受けちゃいましたか!
絵がおもしろ~い。

ちなみに私は6回ほど渡バリしていますが
一度も両替詐欺には会っていません。
さかきばらけいすけ
2010年05月08日 05:29
いぬこさんこんにちはー。バリよく行ってるんですねえ。20000ドル札が出てきたら、まずおかしいって言ってました。