「ヒマラヤ聖者の教え」を読み終えた

バリにいたときに、ずっと読んでいた本が、

これ

himarayaseija.jpg


ヒマラヤ聖者の教え

です。

日本に帰ってきて、やっと読み終えました。


いやあ、なかなか良かったですお。


この本は、ヨガシャラのたかさんに教えてもらった本です。

ヨガシャラのたかさんが、
急にお酒をやめていたので、どうしてか聞いたら、

この本を読んで、ちゃんとしようと思ったからだと言いました。
それで、ぼくも気になって読んでみたというわけです。


特に、酒をやめろとか書いてないんだけど、
その気持ちはよくわかった。

ヨギーとして、ちゃんと生きていきたいなと思わされます。


この本は、
スワミラーマの弟子が、
師匠と過ごした時のことや、師匠の教えを記したものです。


師匠が、愛情深く、
今の時代に、どうヨガの道に向き合っていったらよいか、
教えを与えてくれます。

ヨギとしての生き方を示してくれるという点で、
あるヨギの自叙伝 」と通ずるものを感じました。

ヨギ、ヨギーニとして、ちゃんとしてみたい人は、
ぜひ読んでみてください。



この記事へのコメント

nami
2010年05月11日 09:05
私も、去年この本読んでから好きな本の1冊です。
本山先生のお名前もちょっこと出ていたしね。

でもあのたかさんがこれで大好きなお酒を断つなんて…
きっとすごいパワーがある本なのかも…?
さかきばらけいすけ
2010年05月17日 00:29
なんか、師匠の愛を感じて、うれしくなりますよね。
yogamimi
2010年06月12日 21:58
わたしは塚本先生に薦められてこの本を購入したよ~。内容が面白いし読みやすかったので、分厚い本だけど2日半で読み終わりました。

「あるヨギの自叙伝」現代版・・って感じ?だよね。

弟子として、師にたいしてどうあるべきか、ヨギとしてどう進んでいくべきか、いろいろな学びを与えてくれる本だよね。