トイレに置いている本

ぼくがいつもトイレに置いている本を紹介するよ。

「スピリチュアルガイド(エンジェル・セラピー編)」

engeltherapy.jpg

この本は、とってもやさしいです。

ぼくは、ちょっとやさしくされたい気分のときに、この本をめくる。

そうすると、いつでも天使さんがやさしくしてくれます。

この本は、ドリーンバーチューというヒーラーの人が、
天使から伝えられたメッセージを書いたものだそうな。

短編集みたいになっていて、

「憂鬱なときに」
「時間に追われている人へ」
「孤独を感じたときに」
「食べ物について」
「ねたみに心が毒されたとき」

というようなタイトルで、それぞれ3ページぐらいの長さです。
ぼくは、目次を見て、気になったやつを読みます。


天使さんのメッセージは、ポジティブで、愛にあふれていて、
いつでもやさしく応援されてしまう。


すごいやさしい言葉なんだけど、ヨガ的で深く、真理をついてるような。

みなさんも、良かったらぜひトイレにおいて、
癒されてください。


この記事へのコメント

2010年09月13日 12:26
初コメです。

とってもこの本に惹かれます。
是非、見てみたいとおもいます^^

nun
2010年09月13日 15:29
やさしいですよー