チベットハートヨガWS(@京都)行ってきた。

金・土と、masa先生の、「チベットハートヨガ」のワークショップに行ってきました。

チベットハートヨガは、
チベット仏教の哲学をベースにした瞑想が、中心になっています。

その瞑想は、
考える瞑想
が主体となっています。


自分の思考パターンを観察して、気づいていったり、

ある状況を想像して、そこで理想的な自分になりきったり、

あれやこれや考えて、
自分の思考パターンを塗り替えていくのです。


私たちの思考は、
ずいぶんと、思考パターンや、潜在意識に影響されています。

ついつい、無駄な心配をしてしまったり、
人に怒ってしまったり、
自分の可能性を自分で否定してしまったり、

本来なら、いろんな可能性があるようなことを、
自分の経験から、決めつけてしまっている。


潜在意識は、
今まで、自分で経験したことや、
人に言われたこと、自分で自分に言い聞かせたことからできているのです。


今の自分をすぐに変えることはできないけど、

将来の自分のために、

どんどん、良い潜在意識の種を植えていこうというのが、チベットハートヨガの主眼です。



チベットハートヨガの指導者である、
ゲシェ・マイケル・ローチ先生の本「ダイヤモンドの知恵」 の中で、
具体的に、日常生活の中で良い潜在意識を植えていく方法がいろいろ書かれていました。

「夜、布団に入ってから、一日を振り返り、自分の思考や言動で良かったもの、悪かったものを3つ思い浮かべる。
 そして、明朝の目覚めの瞬間、どんなことを考えるかについて思いを馳せる。」

というのが気になった。
中村天風の本にも、同じようなことが書かれていたのを思い出しました。

潜在意識に作用するのは、特に寝る前が大事なようです。

寝る前は、できるだけ楽しい気持ち、ポジティブな気持ちになるようにしてみようと思います。


この記事へのコメント

さにー
2010年09月19日 23:46
日本には色んなワークショップがあっておもしろそう!“ダイヤモンドの知恵”興味ある題ですね~。読んでみたいです。

カナダやアメリカでも、自分の思考や行動に意識する、そして考えるという行為よりも今の大切さを広めようという意識改革が少しづつ広がっています。

最近読んでいる本は、バンクーバー在住のエックハルトトールさんが書いた本です。日本語にもたくさん訳されているみたいなので、よかったらチェックしてみてください。ヨガや瞑想に通ずる所があるかも。

こっちでは彼のNew EarthとPower of Now がずいぶん話題になりました。Power of Now は、日本語では“悟りを開くと人生はシンプルで楽になる”になっています。ちょっと意味が違う感じはしますが。。。

以下のリンクは英語ですが、彼とある番組のMCが彼の書いたニューアースについて話している会話が聴け、スクリプトもダウンロードできます。

http://www.oprah.com/oprahsbookclub/Download-the-A-New-Earth-Web-Classes

ぬん
2010年09月20日 00:02
エックハルトトール、ぼくも、かなり好きです。
本も日本語のを4冊ぐらいもっているよー。

彼の本に出会って、自分のエゴに気づけるようになり、自分のマインドをおだやかに眺められるようになった気がします。

いいよねえ。

カナダに住んでるとは知らなかった。
ありがとーう