座禅の瞑想WS(@神戸)報告です

以前のブログで紹介した、禅のワークショップに行ってきました。

滋賀の山奥で、朽木學道舎という参禅道場を開いている、
飯高転石老師を招いての会でした。


なんだかねえ、とても良かったんだよ。

老師がかもしだす、おだやかでやさしく、純粋な、その雰囲気がすばらしかった。


老師は、ディープエコロジーについて、話をしてくれました。

ディープエコロジーとは・・・、

従来の環境活動が、「人間の都合」を考えた環境活動で、
「人間が快適に暮らすために、自然環境を守る」という姿勢だったのに対し、

ディープエコロジーでは、
「人間と自然は、そもそも一体である」という立場に立ち、
「人間も他の生物も、みな対等な自然の一部である」と考えるそうです。


老師は、

「禅や精神世界で、真理(ダルマ)を求めるのであれば、
それは、ディープエコロジーの環境活動と切り離しては考えられない。

逆に、環境活動をするのであれば、
禅などで、自分の内側も探求することなしには考えられない。

なぜなら、それらは一体であるのだから」

というようなお話をしてくれました。


それから、禅の瞑想をやりました。


禅の瞑想は、目を開けてやります。

禅の瞑想は、とてもシンプルです。
ただ、呼吸になりきる。
ただ、あるがままに見る。

イサギヨイというか、シンプルというか、
なんだか、とても私の性分に合います。


禅の修行では、
40分瞑想して、20分山歩きをして、
というのを、朝から晩まで繰り返すそうです。
伝統的にできあがった禅の行法は、すばらしいシステムだそうです。


禅は、とてもすっきりと、自分にはまりました。


直感的に、深く学んでみようと思ったので、
11月に、7日間の修行に行くことにしました。


今までやっている瞑想と別の瞑想を学ぶことは、
少し慎重になる部分があるのですが、

今回は、本質がかなり似ていることを直感したので、
とりあえずやってみます。


なんか禅に親しみを感じるのだよねえ。
日本人だからかなあ。

さっそく袴を買わなくっちゃ。

朽木學道舎のWEBサイト
http://www.gakudosha.e-soho.org/


この記事へのコメント

mari
2010年10月09日 10:44
行法は混ぜない方がいいと言われたけれど・・・先生は悩んでると私には禅の本を薦めてくれるよ。シンプルが必要なんだろうな。

あっ!服装から入ろうとしてる~~。
私も坐蒲持ってます。
けいすけ
2010年10月09日 11:45
まりさんこんにちは&ありがとうございます。

そうなんです、塚本先生、禅とも関わりがあるので、
きっとつながっている気がしたのです。

ワークショップの時、ちょっと座ってみたら、おどろくほど違和感がなかった。
全くいっしょに感じました。

昔から、
人からは「淡白」と言われるほどに、
シンプルにそぎ落とすのが好きで、
「あ、禅、いいかも」って思いました。

今回は、服装から変えて、モードを切り替えようかなあと思いまして。

ちなみに、禅の本って、どんなのですか?
mari
2010年10月09日 20:46
そうだね、永平寺に行きそうになったって言ってたもんね。

けいすけ君は初めて見た時からお坊さんかと思ってたよ~。似合いそうだね。

ラム・ダスの「覚醒への旅」に出てくる鈴木俊隆さんの「初心禅心」が好きだって言ったの覚えてくれてたのか、最近日本語版「禅Mind,Beginner's Mind」が出たって教えてくれて読んでるよ。
けいすけ
2010年10月09日 22:03
さっそく本を注文してみました。
ありがとうございます。
さるさる通り過がり
2011年08月27日 17:52
既製の禅寺はちょっとおかしくなってるってネルケさんの本読んで思った。
飯高転石老師のところのほうが良さそうだね。