淡河のパーマカルチャー講座に行った

60_iphone 059.jpg

先週末、淡河にて、
パーマカルチャーの1Day講座を受けてきました。

淡河は、三宮からバスで40分。のどかな里山です。


今回は、「森は宝物。自然を味わおう」というテーマでして、

みんなで、道端や畑に生えている草を拾ってきて、
野草茶を作りました。


さっそく、散歩に出かけます。

玄関を出て、3mも行かないうちに、

最初の獲物を発見!

60_iphone 034.jpg

これは、オオバコだそうだよ。

みんなで収穫します。


次に、

60_iphone 036.jpg

↑ ドクダミを発見。


60_iphone 037.jpg

↑ ササ。
これも、お茶に入れるとおいしいそうな。


60_iphone 038.jpg

↑ ツユクサです。


60_iphone 039.jpg

なんだったかなあ、名前を忘れちゃった。
これも収穫。


60_iphone 040.jpg

これは、ヨモギです。


60_iphone 041.jpg

↑ スベリヒユ。これも美味らしい。


60_iphone 043_2.jpg

↑ ヒガンバナ。

これは、食べてはいけません。


60_iphone 044.jpg

↑ ぼやけてますが、スギナ。


60_iphone 045.jpg

これは、ギシギシというそうです。
こんな大きな葉っぱが食べられるのか。


60_iphone 055_2.jpg

これは、ねこじゃらし。
正式名は、エノコロクサというそうですが、
粟の原種らしく、とても甘くて香ばしい。
多めに収穫します。



取った草を、はさみで切って

60_iphone 063.jpg


火で炒って、

60_iphone 064.jpg

沸かしたらできあがり!  ↓↓

60_iphone 066.jpg

いい色でしょう。
とても、うまかったです。



お茶に入れた草の標本も作りました。

60_iphone 068.jpg


意外に、草って、食べられるもんなんだなあ。と感心。



パーマカルチャーとは、

parmanent(永久)と、agriculture(農業)を組み合わせた造語だそうで、

農ある暮らし「自給農」を軸に、
環境を汚さずに永続していくための、
暮らしや社会のデザイン体系だそうです。

なんだか、おもしろそうだよ。

関西では、
・毎月の1Day講座
・1年講座(4月スタート)
があるそうです。

興味がある方、チェックしてみてください。
パーマカルチャー関西WEBサイト

60_iphone 060.jpg


この記事へのコメント