気功のWSに行った(神戸・六甲)

先週末に、神戸・六甲のサラシャンティで行われた、
中健次郎先生の、気功のワークショップに行ってきました。

この先生の噂を2年ぐらい前に聞いて以来、気になっていて、
今回、ついにお会いすることができました。


先生のプロフィールを見ただけで、興味津々です。
中国やインドの、いろんな老師や聖者を渡り歩いておられます。

先生のプロフィール


お会いしたら、やっぱりすごかった。

おだやかで、力強くて、おもしろい方。


先生の気はすごくて、

先生に指をさされて、先生の気に取り囲まれると、
みんな、何も抵抗できず、なされるがままになっていた。


先生に、4つぐらい、気功の動きを教えてもらいました。
毎日、練習しようと思います。


いやはや、気功。おもしろいねえ。

もともと、気功には興味があって、
ませていたぼくは、中学生の時に、気功の本を買って読んでいた覚えがある。

ヨガより先に、気功の先生に会っていたら、今頃、気功の先生なのかもなあ。


気功は、ヨーガともルーツが同じだろうから、本質的には同じです。

気功の中にも、「命功」と「性功」があるそうで、
「命功」は、体や気を操って健康になり、潜在的な力を得ていくもの。
「性功」は、瞑想などで心を操って、無になっていくもの。

この「命功」と「性功」を合わせたら、
ラージャヨーガ(ヨーガの王道)と重なります。

気功の本来の目的は、大宇宙(自然の摂理)と、小宇宙(自我)の調和だそうです。

ヨガとまったくいっしょだった。


ヨガでは、気のことを、「プラーナ」と呼びます。
そして、気の操作のことを、「プラーナヤーマ」と呼びます。

なので、プラーナヤーマと気功は、同じようなもんなんですが、

気功が、「気を操ること」にフォーカスして進化しただけあって、
なんだかとっても実践的で、おもしろい。

気功も学びながら、気(プラーナ)について、理解を深めていこうかなあと思った次第です。


神戸あたりに、良い先生はおられるかなあ。
どなたか、ご存知でしたら教えてくだされ。

内気功(自分の体の中の気を高める気功)で、
動きが少なめなのがいいかなあ。


まずは、中先生の本を読んでいます。

nakakenjiro.jpg

病気が治る「気功入門」DVDブック―伝説の気功家・中健次郎が伝授!

とってもわかりやすい。興味ある方はぜひ。


中先生の公式ブログ
http://sakuranran0640.blog32.fc2.com/


この記事へのコメント