2010年12月13日

「今ここ」に生きる下柳投手の事例

先日の勉強会でもお話したのだけど、

「今、ここに生きる」

「意図を持つけど、結果は手放す」

ということについて、とてもわかりやすい事例があるので、
ご紹介します。

阪神の下柳投手のお話です。


2005年、下柳投手は、
白石豊先生という、メンタルトレーナーについたそうです。
この先生は、トレーニングにヨガも取り入れている、ヨガの先生でもあります。

2005年のはじめに、白石先生が1年の目標を決めるように言うと、
下柳投手は、前年7勝しかしておらず、また37歳という年齢にも関わらず、
「最多勝投手のタイトルを取りたい」
と言ったそうです。

そして、2人は、最多勝を取るために、すべきことを考えていきました。


白石先生は、下柳投手に、禅の本を渡しました。

その本の中には、
「前後際断」という言葉が書かれていました。

前(将来)も後(過去)も断ち切って、今ここに集中するという意味です。


その言葉を見て、下柳投手は、気づいたそうです。

・今まで、マウンドの上で、ずいぶんと、過去のことや先のことに心を奪われていた。

・審判のストライクボールの判定に納得できず、引きづることがよくあった。

・打たれたボールを悔やんで、引きづることがよくあった。

・前の打席で打たれたバッターが、ネクストバッターズサークルで素振りをしている時は、
 今のバッターでなく、そっちのバッターに心を奪われることがよくあった。

下柳投手は、過去も未来も断ち切って、
目の前のバッターの、その一球だけに集中できるように、
「前後際断」
と、グローブに刺繍をし、
心が揺れそうな時はそれを見て、「今ここ」に集中するようにしたそうです。

その結果、37歳という年齢ながら、その年に15勝を上げ、
初の最多勝を獲得できたそうなんです。

すごいよねえ。

「今ここ」に集中することのすごさを感じます。


目標は立てるんだけど、
やることは、目の前のことを一生懸命やるだけ。

こんなふうに過ごせるように、がんばりたいなあ。
posted by ぬん at 14:30 | Comment(4) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええなぁ〜、この話。
下柳選手とは同世代なのでなおさら〜。
Posted by Liv at 2010年12月13日 19:26
ほんと、そうですね。
最近やったらといろんなところから「今、ここ」というメッセージが届くので、ものすごく納得しました。
素敵な話を、ありがとう☆
Posted by うえむらかな at 2010年12月13日 19:55
見失いがちになるけど、そうなんだよね。
素敵な話だねー。わかりやすい。ありがとう。
Posted by あやぱん at 2010年12月13日 23:16
あらあら、みなさん、ありがとうございます。
やっぱり、すてきな話だけあって、心に響くよねえ。
Posted by ぬん at 2010年12月14日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]