ヴィシュワジのヨガ合宿に行ってきた(京都・亀岡)

週末をはさんで、3泊4日の、ヨガリトリートに行ってきました。

先生は、インド・リシケシュに修行道場(アシュラム)を開いている、
ヨギ・ヴィシュヴケトゥ先生(通称ヴィシュワジ)でした。

vishuwaji1.JPG

このお方です。
超キュート。


ヴィシュワ先生とは、
今年、香港のアジアヨガカンファレンスに行ったときに、お会いしました。

ヴィシュワ先生と、たまたまホテルが一緒で、
エレベーターやら、ホテルのロビーやらで、
やたらと遭遇しました。

そのたびに、ものすごく平和で丁寧なほほえみを、ぼくに投げかけてくれて、
このピースフルなオーラは、ただものじゃないなあと思いました。


だんだん、彼のことが、ものすごく気になりだして、
何か、重要な出会いのような気がしてきて、

受ける予定だった他のクラスをキャンセルして、
急遽、彼のクラスを受けたのです。


彼のクラスは、
平和で、ハッピーな空気に満ち溢れていました。

先生が、呼吸のカウントをするときに、指を楽しそうにパチンパチンするのを見ただけで、
幸せな気分になってしまい、
それだけでも受けた甲斐があったなあと思ってしまうほどでした。


そして、先生のクラスは、
ヨガのポーズの合間合間に、呼吸法が入っていて、
エネルギーが高められていく感じが、とても興味深かった。


ぼくはそのとき、英語が流暢に話せないにもかかわらず、

「先生のヨガは、他にもいろいろな技があるのでしょうか?」

と、とんちんかんな質問をしてしまいました。

先生は、
「もちろん。私がヨガを習ってきた分だけ、いろいろありますよ。
 説明しようとしたら、私が勉強してきた分だけかかるよ。」

と言って笑っていた。

なので、ぼくは、
「またいつか、先生のクラスを、じっくり受けたいです」
と言ったのでした。


そういう経緯があり、

今回、ヴィシュワ先生が、日本に来るという話を聞いて、参加することにしたのです。


ヴィシュワ先生は、香港でぼくに会ったことを覚えていると言っていた。
本当だかわかんないけどさ、うれしいです。


参加までの経緯だけで、長くなってしまったよ。
続きはまた明日。


この記事へのコメント