2011年01月03日

ニューヨークのローフード

せっかくのニューヨークなので、
ローフードにも触れてみたいなあと思って、行ってきました。


ローフードとは、火を通さず、生で食べる食事法のことです。

酵素やビタミンを壊さないためなどの理由から、
48℃以上の加熱を避ける食事法で、

欧米のモデルや芸能人などに実践者が多く、
最近、日本でも、少しずつ知られるようになってるようです。

ウィキペディアによるローフードの説明


行ってきたのは、
one lucky duck という、ローフードのデリ(テイクアウト)の店です。

この店は、ローフードレストランとして有名な、
Pure food and wine
の系列店だそうな。

60k-164.jpg

いっしょに旅をしていた、3人の同行者は、
ジャンクフードが大好きなような人たちだったので、

あんまり細かいことを伝えず、「デリのお店」だと言って、連れてっちゃったのですが、

店内での、3人の盛り上がってなさといったらありません。

死んだ魚のような目になってしまった。


店内に並んでいる、クッキーやナッツの袋を見て、

60k-176.jpg


「なんか、えさみたいだね」


メニューの値段を見て、

「何これ、ぼったくり。いらない。。」


前日に、ハンバーガー屋さんに行った時には、あんなに盛り上がっていたのになあ。


すまないねえ。
やっぱり、普通の人の反応は、こうなるよねえ。

と、あらためて実感した次第です。



家に持ち帰って、試食しました。


ズッキーニとトマトのラザニア 19$

60k-180.jpg

60k-191.jpg


カボチャの種と、ハーブのサラダ 14$

60k-187.jpg


ワカモレチップス(チップスと、アボガドソース) 12$

60k-183.jpg


緑のジュース 10$

60k-186.jpg


チョコプリン 10$

60k-185.jpg



加熱せずに、乾燥させたチップスとか、
砕かれたナッツがずっしり入ったソースとか、
スプラウトがたっぷりのサラダとか、

全体的に、ローフードのノウハウがいっぱい入っていて、なるほどなあという感じだったのですが、

全体的に、塩辛かったり、甘すぎたりで、
ナチュラルという感じではなかったです。


ぱさぱさ、もさもさとしていて、

私が、
マクロビで言えば、陰性体質
アーユルヴェーダで言えば、ヴァータ体質で、

元々ぱさぱさしてるので、

やはり、私には、「ご飯・味噌汁・納豆・漬物」がベストだなあ。と思いました。


NYでも、
まだまだ、「ご飯&味噌汁&漬物」のような、一汁三菜的な和食は浸透してなかったので、
まだまだこれからなんだろうと思います。

寿司はいっぱいあるんだけどねえ。

「粗食の和食」というのが、次のトレンドの気がします。
posted by ぬん at 03:12 | Comment(4) | 食と農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ローフード、好きですが冬はあまり食べたいと思わなくなりますねぇ。ローのスイーツは季節問わず大好きですが^^
梅田のRaw8さんはとっても美味しいですよ〜。
Posted by のりこ at 2011年01月03日 07:31
あけましておめでとうございます。ニセコでイバのNYのお気に入りはスパと聞きました。ロシアスタイルだそうです。その時のメモにはBanyas-Russian Bathと書いてあります。
行ってみて〜手(チョキ)
Posted by きむ at 2011年01月03日 08:44
食事はその人の体質に本当に合うかどうかだよね・・・
生食はアーユルヴェーダ的に言うとヴァータを
あげるから、元々冷え性の人とか、ぬんくんみたいに乾燥タイプの人は避けた方がいいよね。
私も生食が多いと便秘なるよ!!

自分は何をどれだけ食べたらいいのか知るのはホント大事だ!!
Posted by aco at 2011年01月03日 10:31
>のりこさん

ほええ、梅田にもあるんだねえ。行ってみます。

>きむさん

こんにちはー、ごぶさたです。
Russian Bath 検索したらあったよ。
ぼくにはちょっと。。。
興味ある人いたらぜひ。

>acoさん

そうだよねえ。
自分に何が必要かがわかる、直観を磨くのが大事だよね。頭で考えるのでなく。
ヨガで、自然と、少しずつ、そうなるよね。
Posted by ぬん at 2011年01月04日 01:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]