エコハウス建築

WWOOFレポート、その4です。 

滞在先のお母さん(これから、ひろこ先生とよぶことにします)は、
波多野さんたちと、TAO塾という活動をしています。

TAO塾は、食育、健康、断食などの勉強会や、合宿を行ったり、
特産品(加工食品)の開発、販売などを行ったりしています。


ひろこ先生は、TAO塾の活動などの拠点となる、
エコハウスを建築中で、
ぼくも、ちょくちょく、この家づくりを手伝いに行っています。

この家を中心に、農、食、健康、
すべてを一貫して自然治癒できるような、
エコヴィレッジを建設していこうとしています。

kiso1.JPG

↓ ↓

kiso3.JPG

ようやく、立派な基礎ができました。
この上に、柱やら、床板が乗っていきます。

環境や、体にやさしい資材を選んで使っているそうです。

kiso2.JPG

建築中の家からの風景です。
下の方や、山の裏側にも、いくつか畑があります。

近々、柱を組み上げる「棟上げ」という儀式が行われるそうで、
楽しいことになりそうです。

4月中旬完成に向けて、急ピッチで進んでいきます。

ぼくも、手伝うにつれて、握力やら腕力やらがついて、ドカタの男に近づいてきました。


この記事へのコメント