2011年04月13日

おっこ食堂でのヨガイベント1つ終了。(神戸・大開)

100_179.jpg

日曜日に、
神戸・兵庫にある「おっこ食堂」にて、
おっこさんと、チャリティーイベントを行いました。


災害でも、あわてないような、
体と心を、どうつくっていくかということをテーマに、

おっこさんが、味噌を使った重ね煮のお料理を教えてくれて、

ぼくが、どんな状況でも、前向きに若くいられるような、
体と心の使い方のお話とヨガをしました。

せっかくなので、話した内容を、ここでも少しご紹介します。


最近の研究によると、
長寿遺伝子のスイッチをオンにして、
いつまでも若々しくいるためには、
以下の3つの条件が大切だそうです。

1.健康的な食生活

   新鮮なエネルギーを含む食物を、腹7分目くらい食べる。
   (消化の負担を減らす)

2.適度な運動

3.上手なストレス発散

   特に、ストレスのない思考法。


例えば、大切な人を亡くしたり、
災害に遭ったりというときに、

悲嘆にくれて、老けこんでしまう人もいるけれど、
新しい生きがいをみつけて、生き生きする人もいる。


何が違うかというと、受け止め方が違うのです。


自分がコントロールできないことへの執着が、ストレスの原因です。

コントロールできないのは、「自然、他人、過ぎ去ったこと、先のこと」

自分が変えられるのは、「自分の受け止め方、自分の行動、今この瞬間」

です。


コントロールできないものに対しては、「ゆだねる。受け入れる。」

そして、変えられるものに意識を集中していけば、

ストレスがなくなるし、
自分の力を活かすことができます。


というようなお話をさせてもらいました。


あの小さな空間に、ぎゅっと20人以上おいでいただいたので、
圧倒されて緊張しましたけれども、
みなさんの温かい空気で、なんとかできました。

100_186.jpg

ヨガの後は、
できあがった重ね煮料理をみんなで食べて、

それからみんなで輪になってトークでした。

100_188.jpg

みんな、それぞれ、最近のお気に入りを披露。

参加されてた人も、おもしろい人だらけで、
笑いと感心の連続。

パーマカルチャー関西の方々も乱入してきてくれて、
とても濃い時間になりました。


最近、よく思うのだけど、
最近の神戸は、すごいです。


またすてきな出会いがいっぱいあって、うれしかったです。


今度、4月28日(木)には、おっこ食堂にて、

心の勉強会&呼吸・瞑想ワークショップ
(おっこさんのカレー&スウィーツつき)

をさせてもらいます。

4/28は、すでに満席ということで、
5/5の18時半からも、同じ内容で行うことになりました。

よろしければ、こちらも遊びに来てくださいな。

posted by ぬん at 23:59 | Comment(0) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]