自宅でセルフ断食する方法

はじめに、家で断食をしようと思い立ったのは、
3年前でした。

その頃、ゴールデンウィークに、何しようかなあと考えていて、

どこかに出かけるより、
新しい自分になるようなことがしたいなと思って、

話には聞いていた、断食というの思いついたのです。

カッコよく言うと、
「新しい出会いを、外に求めるのでなく、内に求めた」
ということになりますか。


断食の本を探してみたら、
ちょうど良いのがみつかりました。

yogadanjiki.jpg 
友永先生の
ヨーガ断食で美しく健康になるという本です。

""
この本のやり方では、

全部で5日間の日程ですが、
はじめの2日で、徐々に食事を減らして、
まんなかの1日は、ジュースのみ。
後の2日で、少しずつ復食する。

というものでした。


奥さんに(当時はまだ結婚してませんでしたが)、

「ゴールデンウィークは、いっしょに断食しないかね」

と提案すると、のってきましたので、
いっしょにやることになりました。


実際、断食を始めてみると、

そこまで「お腹が空く」ということもなく、
けっこう自然にできました。

ただし、
ぼくは、蓄えがないせいか、
フラフラになり、
頭痛になり、
胃酸過多で腹痛になり、
大変でした。

しかし、
奥さんの方は、
「いつもより元気だなあ」と言って、ルンルンしていた。


大変な目には遭ったのだけど、
いいことが、いっぱいありました。

何といっても、胃が一度小さくなって、
食習慣がリセットされたのがすごいです。

【いいこと】

・2人とも、これを境に、食べる量が減りました。
 食べる量が減ると、胃が楽になったのと、
 居酒屋などでの料金がだいぶ安くなった。

・お酒の量も、少し減った。

・ジャンクな食べ物が減った。
 野菜など、ヘルシーな食事が増えた。

・奥さんは、かなりお腹がへっこんで、ズボンがゆるくなってた。
(本に載っていた、お腹をすっきりさせるヨガ体操もやったので)


3年たった今でも、この効果が残ってると思います。


断食では、
食事メニューが決まってるのと、食事の準備も簡単なので、
食事に気を取られることなく、
家での自由時間がいっぱいなのも良いとこです。


ぼくは、このときに、
「暇だろうから英語の勉強でもしよう」
と、英語の本を3冊買ってきて、

そのまま英語を勉強する習慣が身について、
今では、だいぶん話せるようになりました。


そして、
断食中の、体の変化を感じるのも、とてもおもしろいです。
36時間ぐらい、固形物を取らないって、
ふだん、ありそうで、ないことだと思います。

胃の活動が止まる様子。
久しぶりにご飯を食べた時に、
胃が活動を再開して、ぎゅるぎゅる音を立てて、
血液がどくんどくん胃に流れて、
食べたものが食道から胃に流れるのが感じられることとか、
便の様子とか、
いろいろと興味深い。


という訳で、ぼくはけっこう、断食はおすすめなのです。

習慣が変わるというのは、すばらしい。

しかも、自宅で、自分で、っていうのが、価値ある気がします。


断食のまわしものみたいになってしまいましたが、
みなさんも、ぜひ、やってみてください。

5日間のコースだけど、
仕事をしながらとかでも、できなくはないと思います。

でも、まんなかの3日ぐらいは、休める方がいいかなと思います。


この記事へのコメント