おっこさんの畑で自然農(神戸・長田)

095.jpg

昨日は1日、
神戸・長田の山奥にある、おっこ食堂のおっこさんの畑で、
農作業をしてきました。

おっこさんの畑は、自然農法と言われるやり方で、
「肥料をやらない、耕さない、草を抜かない」
という、自然に近い状態で育てています。

ちょうど、関東から、「タイガーさん」というおっこさんの友人が来ていて、
自然農の畑のやり方を、いろいろと指導してくれました。

タイガーさんは、本職は庭師らしいですが、ご自身でも自然農法の畑をやっているそうな。


草を抜かないと言っても、
雑草を生え放題にしておくと、
作物に光が当たらず、栄養も取られすぎて育ちません。

かと言って、雑草を根から抜いてしまうと、
土の中での微生物が育たず、土の栄養がなくなってしまうそうです。

ということで、
雑草は、地面の表面ぐらいで刈り取って、
さらに、刈り取った草を土にかぶせて、
土を肥えさせるように工夫したり、

なかなか奥が深いです。

全体的に、やさしくていねいな所作。

パーマカルチャーにも通ずるのですが、
虫や、自然と共生するというか、
自然を変える範囲を最小限に抑えて、
自然に溶け込んでる感じがとても心地いいなと思いました。


昨日植えたのは、
トマト、ピーマン、ししとう、なす、
ごぼう、落花生、ササラ、などです。

うまく育ったら、おっこ食堂のお皿に登場するかもです。
うまく育ちますように。

みなさんも、お楽しみに。
そして、よかったら、おっこさんの畑を手伝ってあげてくださいな。

109.jpg


この記事へのコメント