ダイアログ・インザ・ダークにいってきた(東京)

60_iphone 039.jpg

結婚式で東京に行ったついでに、
ずっと行きたかった、「ダイアログ・インザ・ダーク」に行ってきました。

これは、まったく光が見えない真っ暗やみの中、
視覚障害者のガイドに誘導されて、90分ほどの時間をすごすというものです。
http://www.dialoginthedark.com/

暗闇の中には、街があって、
ぼくは、その中で、ブランコに乗ったり、橋を渡ったり、
カフェで利き酒セットを注文したり、
いろいろな時間をすごしたのでした。


8人の参加者がグループになって暗闇に入るのですが、
徐々に、みんなのことを声で識別できるようになり、
徐々に、みんなと仲良くなり、
視覚を抜きにして、みんなと触れ合う時間は、何か新鮮でした。
最後に、光があるところに戻ったら、ちょっと、こっぱずかしいような感じだった。


ふだん、ぼくは、かなり視覚に頼っているわけだけど、
それがなくなったら、どういう感覚なんだろう

というのが、いちばん興味がありました。

でも、視覚がなければないで、慣れてしまうもので、
特別なことではなかった。

人がそばにいるとやっぱりうれしいし、
新しいものを発見したら楽しいし、
お酒はおいしいし、

いろいろな感情が動くのでした。


今回の体験で、少なくとも、目が見えないということを特別視しなくなったと思います。
いろんな障害や、いろんな病気も、同じように、特別なことでないんだと思います。

五感というのは、ぼくたちを本当に左右するものでなく、
ただの刺激の一部にすぎない。

大事なのは、どう感じるかというぼくたちのハートの部分なんだなあと思います。

今回の体験で、自分の奥にあるハートの部分、自分の本質の部分に、
少し近づけた気がします。

またひとつ、やさしい自分に触れました。


興味ある方は、ぜひ行ってみてください。

ダイアログ・インザ・ダーク Dialog in the Dark HP
http://www.dialoginthedark.com/


この記事へのコメント

むい
2011年06月07日 14:44
偶然見つけました!笑

夢唯って言えばわかるかな?笑
ダイアログインザダークでご一緒させて夢唯です。

こんな特別な体験を一緒に回れて楽しかったです!
また機会があったら!

では(^-^)/
2011年06月09日 19:02
同じくTwitterから偶然発見しました(笑)

ご一緒させていただいた林と申します。

本当に貴重な体験でしたね!
ぬんさんと同じように、色々考えるところがありました◎
是非、別のバージョンも体験してみたいものです。

では、またどこかで!
ぬん
2011年06月09日 20:46
おお!!
むいさん、林さん、よくぞ発見してくださいました。
貴重な闇友ですね。
またどこかでお会いしましょう!
むい
2011年06月11日 15:53
みなさん、偶然見つけるものですね!

ぬんさん、林さん、良かったらTwitterアカウント教えてもらえませんか?
むい
2011年06月11日 15:54
度々すいません!

自分のアカウントはhiranomuiです!
よろしくお願いします。
ぬん
2011年06月12日 08:44
@nunyogaだよ。