コズミックダイアリーWS行ってきた(大阪・新福島)

先週末、アロマサロンココサリーで行われた、
コズミックダイアリー(マヤ暦のカレンダー)のワークショップ
行ってきました。

冨田貴史さんの暦ワークショップでも習いましたが、

現代で使われている、西暦(グレゴリオ暦)は、
とても自然を感じにくい暦。

日本が江戸時代まで使っていた旧暦(月の暦)や、
今回習ったマヤ暦は、
自然とのつながりを感じやすい暦だそうです。

特に、マヤ暦は、
7、13、20、28など、
数字のリズムを持ち、
宇宙の秩序と調和し、
シンクロをおこしやすいものだそうです。

スピリチュアルな領域なので、少しわかりにくいのだけど、
とても力がありそうな気がします。


とにかく、今のぼくたちに必要なのは、
自然を感じながら生活すること。

自然と隔絶されすぎた現代社会から、
自然の一部として暮らすという思想に戻していくこと。


そのことを強く感じました。


あと、もうひとつ教えてもらっておもしろかったのが、
古代マヤ人のあいさつです。

「インラケチ」

という言葉で、
これを、人に会ったときに
「こんにちは」
のような感覚で使っていたそうなのですが、

これは、
「あなたは、もう1人の私だよ」
というような意味だそうな。


そういう視点で、常にものごとを見ているというのはすばらしいです。


ずいぶん、大げさなあいさつだなあとも思ったけど、

よく考えると、英語でも、

「ブラザー!!」

とか言って、親しげに呼びかけることもあるなあと思いました。


日本だと、「兄弟!!」

とか言ってるのは、ちょっと怖い人たちだけだなあ。


「インラケチ」には、

「あなたは、私と違う使命を持った、もう1人の私だよ」

という意味合いがあるそうで、
それは、

「あなたは、あなたにしかない、素敵なものを持っている人に違いない」

というように、信頼と愛を持って、すべての人を見ることだそうです。

ぼくも、少しずつそういう見方ができるようになってきているのだけど、

そうすると、ただの出会いが、深いつながりになっていって、
どんな人とでも、仲よくなれる気がします。


今回のワークショップは、入門編ということだったのですが、
これから、5回シリーズで、
より深い内容を学べる講座を実施していくそうです。

興味ある方は、ぜひご参加ください。


コズミックダイアリーセミナー

9/20、10/4、10/18、11/1、11/8の全5回(すべて火曜日)
単発での参加も可です。

19:00~21:00

料金:1回4000円

場所:ココサリー(大阪・新福島)

内容:
1.時間はオーガニックオーダー
2.28日の自然時間
3.ツオルキンによる、高次元の時間へのアクセス
4.13の銀河の音の構造(らせんの宇宙の構造の認識)
5.虹の橋の瞑想
6.予言は、時間のリアクション
7.ナチュラル・マインド・メディテーション(宇宙意識と直接つながる方法)

お申し込み、お問い合わせは、
ココサリーのホームページより。
http://www.sarrie.com/


ぼくも、より、自然に近づき、
自分をよりすてきに生かせるようにがんばります。


ぬん
Kin 77 赤い水晶の地球
協力 捧げる 普遍化する
舵取り 発展させる 共時性


この記事へのコメント

nami
2011年09月17日 23:00
お久しぶりです。

何と私と同じkinですよ!!
嬉しいな~♪

私も、以前コズミックダイアリーつけてたよ~
ぬん
2011年09月18日 22:21
うわー。同じKINの人にはじめて出会ったよ。