おすすめの遊び「月の位置あてゲーム」

前のブログで書いたように、
手帳を、旧暦(月の暦)のものに変えたのですが、

そのおかげか、毎日、月を意識して生活するようになりました。


今、ぼくの中で、はやっている遊びが、

月の位置あてゲーム

なのです。


遊び方をご紹介するよ。


まずは、

「今、月がどの辺にあるかなあ」

「どんな形かなあ」

というのを予測します。


そして、空の、予測したあたりを見上げて、

予想した通りに月があれば、

「しめしめ」

と喜ぶ。

という、非常に高尚な遊びなのです。



ぼくは、月の暦の手帳を使い始めるまでは、

「満月の日には、夕方(日の入の頃)に月が出て、

 新月の日には、明け方(日の出の頃)に月が出る」

という、基本的なことも知りませんでした。


考えてみたら、

満月のときというのは、月が、太陽と反対側にいる時なので、

日が沈むと同時に月がのぼるのは、当然なのです。

moon_setsumei.jpg

満月のときは、月の出が18時頃ですが、

それから、毎日、約1時間ずつ(正確には51分ずつ)月の出が遅くなっていって、

7日後の半月(下弦)の時には、夜の0時頃が月の出、

新月の頃は、太陽と月は、ほぼ同じあたりにいるのです。


そして、月は、東から昇った後、
1時間に15度(3時間で45度、6時間で90度)動いて、
12時間たつと、沈みます。


なので、例えば、今の月を予測しますと、

満月から1日あとなので、月の出が19時ぐらいで、

それから1時間ほどたってるので、

東の空、15度あたりに、
少しだけ右側がかけた月が見えるはず。


と思って、今ぱっと空を見たら、当たりました~~。


しめしめ!


やったーー。


と、このように遊びます。


これを逆に使うと、

月の位置を見るだけで、
逆算して、今が何時か、だいたいわかるようになってきます。


この遊びを毎日してるだけで、

自然とのつながりを不思議と感じられるようになってきました。

みんなも、ぜひやってみてね。

90_020.jpg

※遊ぶ時の注意

月の出の時間は、場所によって変わるのと、
公転周期の影響で、時期によっても2時間ぐらいずれるので、
あまり細かく考えず、だいたいで考えるのがおすすめです。


この記事へのコメント