2011年10月05日

穂高養生園というところ(長野・安曇野)

008.jpg

アンドレの長野リトリートは、
「穂高養生園」というところで行われたのですが、
とても、すてきなところでした。

穂高養生園は、
自らの自然治癒力を高める、
統合医療(ホリスティック医療)をコンセプトにした場で、
ぼくも、前々から気になっていたのです。


病人に対して、

安静にして動かず、病院食を詰め込み、薬で治療するのがほんとうに良いのか?

適度に体を動かし、自然の食材を使った質素な食事をする方が、
自然治癒力を高めるのではないか?

そんな思いからはじまったようです。


豊かな自然の中で、
とれたて野菜で作られた自然食を食べ、

森を散歩したり、
ヨガなどの運動プログラムをしたり、

アロママッサージや鍼灸、ゲルマニウム温浴などのトリートメントを受けたり、

心とからだのケアをできる施設なのです。


087.jpg

食事は、1日2回。
食事の楽しみが減るのは残念なのだけど、
その分、のんびり休める時間が増えて、なんだか安らぎます。

この食事が、ほんとうにおいしい。

マクロビオティックをベースにした玄米菜食なのですが、

若くて熱心な、料理スタッフの方々が、
てまひまをかけて、じっくり、やさしく作ってくれている料理、
毎回、毎回、感動的です。

020.jpg

いつも、どういうふうに作ったか、説明をしてくれるのですが、
思いやりが伝わってきます。


そして、建物もすてきです。

自然にこだわった、そぼくで癒される空間がいっぱいです。

131.jpg

これは、ぼくが泊まった部屋。

041.jpg

これは、1階がカフェで、2階がヨガなどをするスペースの建物。

中に入ると、このように、

057.jpg

なんとも、曲線あふれる、なごみ空間。

062.jpg

これは、カフェのキッチン。

2階に上がると、

066.jpg

こんな感じで、

ベランダに出ると、

072.jpg

こんな感じで、

ベランダでくつろいだり、

縁側でくつろいだり、

屋根でもくつろげる。

111.jpg

なんとも、有機的で、かわいらしい建物なのです。


048.jpg

こんなような、屋根から草が生えている建物やら、

031.jpg

これは、アースバッグハウスといって、

土を詰めた麻袋が壁になっている建物だそうな。

たしか、900個の麻袋が積まれて壁になっていると言っていた気がする。


自然素材なので、

すべて地球に返って環境にやさしいし、

空間にいるぼくたちも、とてもなごむのです。

027.jpg

これは露天風呂。
ちっちゃくてかわいらしいですが、
ここから見る自然にいやされます。

106.jpg

猿や、カモシカがいっぱいいて、
目の前まで近づいてきます。


自分の中の自然を取り戻せるこの施設、

興味ある方は、ぜひ行ってみてください。

統合医療に関するワークショップなども、よく行われているみたいです。

穂高養生園ホームページ
http://www.yojoen.com/

126.jpg
posted by ぬん at 00:37 | Comment(0) | 食と農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]