2011年10月24日

高野山 ヨガ合宿レポート

k_043.jpg

ちょっと時間がたってしまいましたが、
10/7から10/9に、
和歌山県、高野山の宿坊「熊谷寺」で行われた、
アンドレ先生のヨガ合宿について報告いたします。

「今回の高野山合宿は、
とてもmaturedな(成熟した、大人の、準備が整った)生徒が多かったので、
ヨガの次のステップに進むための、レベルの高いプログラムができた」

とアンドレが言っていた通り、
とても充実した、レベルの高い内容でした。

と言っても、むずかしいポーズをするということではなく、

自分のためだけのヨガから、
自分をささげるヨガへ、どのように高めていくか?

ヨガを通じて、どのように、
自分目線の意識から、みんな視点の生き方に変えていくか?

というようなことでした。

k_037.jpg

特に、以下の3つを日常に取り入れるのが重要だそうです。

@毎日の瞑想
A相手の立場で考えること(Compassion)
B宇宙的な、広い視野に立って役割を果たすこと(ダルマ)


それぞれについて、具体的に説明します。


@毎日の瞑想

1日2回、10分の瞑想タイムで、心を静めて空っぽにすること。

はじめのうちは、
浮かんでくる考えを、ただ眺めてるだけでよい。

それにより、感情やまわりの情報に左右されない
ニュートラルなマインドを保てるようになるそうです。


A相手の立場で考えること(Compassion)

人が、行動を起こすのには、必ずその理由がある。
どんな原因が、その行動を起こしているのか、
背景をくみ取ってあげること。

蚊が人を刺すのだって、
蚊の気持ちになって考えてみたら、
悪気があるわけじゃない。

すべてのものに共感できることが、
自分を越えて広い視野に立つことのはじまりです。


B宇宙的な、広い視野に立って役割を果たすこと(ダルマ)

「ダルマ」というのは、直訳すると、
「天からの使命」というような意味だそうです。

神さまの視点で行動する。つまり、
「神さまが、今ぼくの立場だったら、どうするだろう」
という意識で、すべてのことを行うこと。

自分という体を通して、
自分が生まれ持った特質をいかしながら、
世のために捧げるように生きる。

それが、真にヨガ的な生き方だそうです。

k_045.jpg


今回の合宿で、意識がガラっと変わり、
今までの生活から一変した参加者も多かったみたいです。


ぼくも、3つの教えを取り入れて、
より広い視野を持って生きていきたいなと思います。


アンドレ、来年も、ぜひ来てほしいと思ってます。

その際には、みなさんも、ぜひご参加くださいませ。

k_024.jpg

k_050.jpg

k_019.jpg
posted by ぬん at 17:40 | Comment(2) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高野山も素敵ですねー杉並木?のポーズいいね!
Posted by kikuko* at 2011年10月29日 21:47
なんか、オーラみたいなオーブみたいなやつが写ったよ。
Posted by ぬん at 2011年10月30日 08:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]