2/11、平和を目指す映画イベント(神戸・王子公園)

とても、アツい、映画祭があるので、ご紹介いたします。

2012年2月11日(土)、

神戸市灘区にある、神戸市立王子動物園ホールにて、

映画の上映をメインとしたイベントが開かれます。

1202movie01.jpg


「未来へ続く道」と題したこのイベントは、

『ホピの予言』という環境ドキュメンタリー映画で知られる、
宮田雪監督の、一周忌によせて、

『ホピの予言』をはじめ、
未来の平和をテーマにしたようなドキュメンタリー映画5本が上映され、

また、原発や平和をテーマにした活動を続ける内田ボブさんによる、
映像&ライブが行われるそうです。


集まっている映画がすばらしくて、観たい作品ばかりです。


●ホピの予言 (1986年 75分)

「人間が正しく使えるようになるまでは、決して掘り出してはならない」
アメリカ先住民族ホピやナバホの警告にも関わらず、
彼らの聖域からウランは掘り出され、広島・長崎に原爆は投下された。

それは、ホピの教えの中で、
人類存亡にかかわる危険な時代に入ったサインであった・・・。

母なる地球やいのちたちと引き換えに、
利権やエネルギー、快適さを追い求めてきた私たち。

その私たちに残された唯一の道は「質素で精神的な生き方」とホピ長老は語る。
http://hoshimeguri.com/landandlife/index.htm


●ナワカミッグ/インディアンドラムは鳴りやまず (2010年 74分)

日米加共同制作。
アメリカインディアンムーブメント(AIM)のリーダー、
デニス・バンクス(インディアン名ナワ・カミッグ)と
同胞たちによる「大地といのちを守る」運動の記録。
http://www.pakpoe.com/watchout/data/20110915/movie.pdf
 

●Canta! Timor (2010年 110分)

地下資源ビジネスに翻弄され、
インドネシア軍統制下の24年間に人口の3分の1が殺戮された東ティモール。
その大地と人々のきずなを描くドキュメンタリー作品。
口承文化が紡ぎだした言葉の数々と、子どもたちの笑顔と歌声が忘れられない。
http://www.canta-timor.com/




●祝(ほうり)の島 (2010年 105分)

「海と山さえあれば生きていける。わしらの代で海は売れん」
山口県上関原発建設を28年間阻んできた
祝島の暮らしと人々の表情を愛おしく描いたドキュメンタリー作品。
1000年先にいのちをつなぐ暮らしのヒントがそこにある。
http://www.hourinoshima.com/




●浄化の時代を迎えて (2004年 25分)

2003年3月イラク戦争開戦直後、
ホピ伝統派のひとりであるマーチン・ゲスリスウマ氏を取材したインタビュー映像。
「私たちは自分を見つめなければならない。」
と最後を結ぶ彼の言葉は、311以後の今をさらに鮮明にしている。
http://hoshimeguri.com/landandlife/



全部楽しみですが、
なかでも『Canta!Timor』は、
楽の森のおしょうが絶賛していたので、かなり楽しみにしてます。

今回、
『Canta!Timor』の広田奈津子監督、
『祝の島』のはなぶさあや監督、
『浄化の時代を迎えて』を制作され、今回の主催者でもある辰巳玲子さん
が、会場に来られて、
対談などもあります。


この盛りだくさんなイベント、
参加費は、なんと、2000円。(1演目のみ参加の場合1000円)

収益は、「フクシマの子どもたちを放射線被ばくから守る」
ための支援に使われるそうです。


定員300名らしいので、
お早めにお申し込みください。

スケジュール、場所、お申し込みなど、
詳細は、以下の公式ページをご確認ください。

http://hoshimeguri.com/landandlife/index.htm


ぼくも、1日行く予定です。
みなさんも、ぜひ、ごいっしょしましょう。

平和の輪、希望の道が広がりますように。

1202movie02.jpg


この記事へのコメント

あき
2012年01月28日 17:48
子供がまだ小さいので落ち着いては無理ですが絶対に見に行きます!!
ぬん
2012年02月03日 23:35
あきさん、ぜひぜひ。当日、現地で会いましょう~。