「2022―これから10年、活躍できる人の条件」という本

最近のベストセラーということで、
気になる本があったので、
読んでみました。

book_2022.jpg

2022―
これから10年、
活躍できる人の条件



今の世の中の変化が、
これから、企業ベースや、ビジネスベースでどう変わっていくか?

そして、これからの日本の役割とは何か?

経営コンサルタントの先端をいっているような、
神田昌則さんから見た、
未来予測が描かれています。


ぼくは、この本を読んで、
もやもやと感じていたことを、論理的に納得できて、
楽しい未来や、自分の役割が、より明確に描けました。


ガイアの法則」という本では、

歴史の法則から見ると、
今後400年間は、東経135度が世界の中心になる。

と述べられています。

東経135度とは、明石と淡路島を通るライン。
つまり、神戸から姫路のあたりをさすらしいのですが、

今回の本を読んで、

日本が世界の中心になるのではなく、
アジアが世界の中心となり、
日本の西の方が、そのリーダー役としての拠点になる。

というイメージが、
自然に描けました。


今回の本の中で、

「会社の時代が終わり、NPOの時代になる」
と書かれていましたが、

それも納得できるところで、

これから、社内NPOが立ち上がり、
会社の個人営利を求める活動から、
社会の共感型の活動にシフトしていくのだと思います。

(※NPO=Nonprofit Organization 非営利団体)


『社会起業』と呼ばれるような、

継続できるビジネスモデルを持ちながら、
社会の問題を解決していく活動を
よく聞くようになってきたし、

スロービジネス」という本で語られているように、

ビジネスと、持続可能な社会の融合が、
進んでいくのだと思います。


これから起こる、時代の大きな変化。
その波に乗っていきたい人は、
ぜひ、読んでみてください。


この記事へのコメント

るみこ
2012年02月10日 16:16
早速読んでみました。
ありがとうございます☆
ぬん
2012年02月10日 17:21
さっそく、どうもどうも。