ヴィパッサナー瞑想とは

前記事に続き、ヴィパッサナー瞑想合宿についてです。

ヴィパッサナー瞑想は、
お釈迦さま(ブッダ)が編み出した瞑想法と言われています。

ブッダは、この瞑想法により、悟りを得て、
この瞑想法を、多くの人に伝えていたそうな。

ヴィパッサナー瞑想は、原始仏教とも言われ、
ブッダの教えをもっとも忠実に伝えている仏教らしい。


「ヴィパッサナー瞑想では、
 一瞬一瞬の思考や動きに気づき続ける」

という話を聞いたことがあったので、

浮かんでくる雑念や、自分の思考を観察するようなものだと予想してたのですが、
行ってみたら、全く違いました。

ヴィパッサナー瞑想にも、いくつか流派があるらしく、
それによって、かなり違うらしいのです。


今回ぼくが受けてきたゴエンカ師のヴィパッサナー瞑想は、
体の感覚(触覚)に意識を置くものでした。

ヨガでも、
自分の呼吸や、体の感覚を意識して、
自分を客観的に眺められるモニター力をつけていくので、
ヴィパッサナーは、とてもヨガっぽい瞑想法だなあと感じました。


ぼくたちの感覚というのは、
どこにフォーカスするかで、感じ方が全く変わってきます。

例えば、耳から聞こえてくる音。

耳をすますと、
遠くで車が走る音や、
電化製品が動いている音や、
いろんな音が聞こえているのですが、

ぼくたちは、自動的に、必要な音だけにフォーカスして、
必要ない音には、ほとんど意識を向けないようにしているのです。

それと全く同じことを、
ぼくたちは体の感覚(触覚)でもやっているのです。

例えば、皮膚が服にあたっている感覚、
風があたっている感覚、
空気の温かさや冷たさ、
筋肉がひっぱられてる感覚、
胃が刺激されていたむ感覚、
などなど、

体の表面の皮膚だけでなく、
体の内部までも、
無数の感覚を、常に同時に感じ続けているのです。


ヴィパッサナー瞑想の練習では、
それらすべてに意識をフォーカスしていきます。

そうすると、どうなるか。。

vipa_image.jpg

ぼくたちは、元々、

上の図の、Aのような感じで、
自分の肉体を認識していると思いますが、

10日間の修行で、なんとなく、Bのような感じがしてきます。

修行を積んで、肉体感覚がもっともっと鋭くなっていくと、
Cのように、
自分とまわりの境目がよくわからず、
つながっているような感覚、

すべてのものとひとつであることを、体感としてわかるのだと思います。


「世界はひとつだよ。すべて、宇宙の一部だよ」

って、よく言われますが、

知識としては理解できるけど、
感覚としてわからんから、いまいち、ぴんと来ない。

それが、感覚としてわかってしまうのが、
このヴィパッサナー瞑想なんだろうなあと思います。

ぜひ、体得したいものだ。

具体的に、どんなふうに肉体が感じていったか、
また続きを書こうと思います。


この記事へのコメント

ヨーコ
2012年03月01日 00:47
ぬん先生の図解、分かりやすいです。
ますます瞑想に心惹かれます!!!

そうそう!
今日はチェンマイで、ぬん先生の生徒さんに会いましたよ。
しかもその方、この春から穂高養生園での勤務決定だそうで、人はつながるものですね。ぬん先生に教えて頂いた養生園に11月に行くつもりにしてたので、うれしい出会いでした!!