ヴィパッサナー瞑想と、体の感覚。潜在意識。

ヴィパッサナー瞑想合宿では、
毎日、練習内容が変わっていきました。

1日目は、
「呼吸をしている鼻先の感覚に意識を集中しなさい」

2日目は、
「呼吸をしている鼻と、上唇を結ぶ三角形の部分の感覚に意識を集中しなさい」

というように、
毎日、指令を与えられます。


夜の講義では、
その日に練習していたことを理論的に説明してくれて、

疑問がわきそうなことについて、
ちゃんと説明してくれる。

さらには、
その頃に考えていそうな、
なまけ心、疑い心などをズバリ指摘されたりして、
やる気を出させてくれる。

前向きで、よい心を持つための、たとえ話をいっぱいしてくれる。

とてもよくできた教育プログラムなのです。

瞑想をマスターするためのステップを、効率よく教えてくれる、
悟りにいたるための予備校みたいです。


4日目には、
敏感になった鼻先の感覚を、全身に広げていく練習に入りました。

それまで、何に向かってるのか、全くわかってなかったのですが、

「もしや、これは、全身ぞわぞわに向かってるのでは」

と気づきました。


全身ぞわぞわとは。。

全身がゾゾゾっという、鳥肌のような感覚になることです。
(ぼくが勝手に命名してるだけですが)

ぼくがこの全身ぞわぞわを発見したのは、大学生の時でした。

徹夜で麻雀をした翌朝に深呼吸をすると、
背骨に沿ってゾクゾクっという気持ちいい感覚がおこって、
癒されることを発見したのです。

なぜか、徹夜明けの時しか出ない。
しかも、2、3回やると、ならなくなる。


「なんと、ブッダの瞑想法とは、全身ぞわぞわだったとは」

「ぼくなんて、大学生のときからやってたもんね」

みみっちい優越感の雑念が沸き起こりました。
しかし、

「ブッダは、全身ぞわぞわで悟りに至ったというのに、
 ぼくは、麻雀の疲れを癒すだけだった」

という、へんてこな反省心も浮かびました。


ヨガをはじめるようになってから、
この全身ぞわぞわの感覚は、

くつろぎのポーズでの脱力(ヨガニードラ)のときや、
塚本先生の瞑想の中で、背骨に電気を通すイメージをする時に、
感じられるようになりましたが、

今回ほど、確実に、深く感じられることはありませんでした。


この状態は、
全身に恍惚感があり、気持ちよく癒されるのだけど、
もっと深い意味があるそうです。


ゴエンカ師によると、

人間の感覚は、潜在意識と密接につながっているため、
体の感覚の意識を研ぎ澄ますことで、
潜在意識にアクセスできるそうです。

そして、潜在意識を完全に浄化すると、悟りに至るそうです。

ゴエンカ師は、

「潜在意識は、何かを望んだり、嫌がったりしたときに作られる。

 もし、体の感覚の意識を保ったまま心の平静を保ち、
 新たになんの潜在意識も作らないのであれば、
 過去につくった潜在意識が浮き出てきて、消えていくだろう。」

とおっしゃっていた。


すべての感覚も、思考も、出来事も、
すべての物事は、生じては、消えていく。


そのひとつひとつを、
動じることなく、判断することなく、
客観的に眺められれば、

苦しみのない世界に到達できるというのです。


世間でよく行われている、
脳力開発や、イメージトレーニングの世界では、

何か叶えたいことを潜在意識に刷り込んで、
実現させていきますが、

このヴィパッサナーでは、とにかく平静の心を保って、
潜在意識を消していくそうです。


執着のない意図、
エゴのない意図は、
いいと思うんだけどなあ。

そのあたりをどう考えるかは、むずかしいところだなと思いました。


この記事へのコメント

なおみ
2012年03月02日 00:22
興味深いっす。
体感したことを”言葉”で共有してくれることに感謝!!
面白いなぁ~。
ヨーコ
2012年03月02日 01:16
ほんと毎回興味深いです!