瞑想合宿で10日間話さないと、どうなったか

ヴィパッサナー瞑想合宿の特徴は、
なんといっても、10日間、しゃべるのが禁止ということ。

聖なる沈黙と呼ばれるこの間は、
話すのはもちろん、アイコンタクトや、ジェスチャーも禁止。
知らない人と、会話することなく共同生活をするのです。

さらに、メモを取ることも禁止。

ひたすら、自分の心の中で会話をし、
自分の思考について、気づかされるのです。

メモ好きのぼくにとっては、
メモを取れないのは、なかなかつらいことでした。


ぼくは、今回、瞑想をしてたら、
なぜか、やたら、ブログの文章が頭に浮かんできて、
頭の中でずっとブログを書いていた。

これはもはや、職業病かもしれぬ。立派なブロガーです。

ブログ、10記事以上書いた気がする。(頭の中で)
ブログが終わると、
今度は、友達へのメールの文章がどんどん浮かんできた。

帰ってからメール書けばいいのに。
ぼくって、こんなに、書くことが好きだったか。

瞑想には、だいぶんじゃまでしたが、
作家(ライター)としては、ありがたい才能なのかもしれません。

これから先、書くことを大切にしていこうと思いました。


そして、瞑想が深まるにつれ、
いろんなアイデアが、どんどんひらめいて、すごかった。

ヨガのアイデアや、
ヨガ以外のアイデア、
自分の生活を改善するようなアイデアもいっぱい出てきた。

引っ越しのアイデア、
家の模様替えのアイデア、
料理のアイデア、
旅行のアイデア、などなど。

さらにさらに、

3年後の自分の役割、
10年後の自分の役割、
将来のビジョンが、たくさん浮かんできて、

脳が、天才になってしまった感じでした。


以前に、「アイデアのつくり方」という本を読んだことがあるのですが、
それによると、

アイデアを出すための方法は、

1.まずは、必要な情報を集めて整理する。

2.よく考える。

3.いちど忘れる(熟成期間)

4.アイデアが自然に生まれる。
  歩いてる時、トイレにいる時、寝てる時など、
  脳がリラックスしてるときに、自然に生まれる。

と書かれてました。


瞑想中に、脳がある種のリラックス状態になったため、
最近考えていたことに対しての答えが、
次々と湧き出てきたのだと思います。

瞑想ってやっぱりすごいなあと、実感しました。


「早くメモを取らないと忘れちゃう」
と、心配してたけど、
ふしぎと、こういうときに思いついたことは、忘れないみたいです。


ぼくの場合は、こんな感じでしたが、
瞑想中に出てくるものは、人によって、全然違うようです。

写真が好きな人は、映像がずっと出てきたと言ってた。
来る前にネットゲームをやりこんでいたという学生君は、
ゲームの場面が出てきたと言っていた。


合宿の10日目のお昼には、
ついに、聖なる沈黙が解かれました。

最初、しゃべるのが照れくさく、
自分の声って、こんな声だっけ?と思いました。
そして、どのくらいの声の大きさでしゃべったらいいか、
いまいちわからん。

10日目にして、はじめて聞くみんなの声は、
イメージしてたのと違ってたりします。
人柄も、イメージしてたのとけっこう違う。
会話も表情もないと、人柄を判断できないもんなんだねえ。

みんな、わざわざこんな瞑想合宿に来るだけあって、
想像してた以上に、おもしろい人ばっかりなのです。

しゃべってるうちにどんどん興奮してきて、
のどが痛いほどしゃべっても、まだしゃべり続けます。

参加者は、いつもそうなるので、
沈黙が解かれた後、まる一日センターにとどまって、
次の日に帰るようになってるそうです。

たしかに、あの興奮状態で下界に降りたら、
おかしくなったと思われます。

一日おいて帰ったにもかかわらず、
ぼくは、次の日も、まだかなりおしゃべりで、

家に帰ってから奥さんにしゃべり続け、
かもめ食堂にご飯を食べに行った時もしゃべり続けてたら、
かもめさんに、「ほんまに今日はよくしゃべるね」
と言われたのです。


この記事へのコメント

ヨーコ
2012年03月04日 00:40
是非、是非、参加したいです!
ほんと素晴らしいですね。
ただひとつ心配なのは、瞑想は正座なのかな?
長時間の正座に自身がないです。
両膝にトラブルがあって...。

「かもめ食堂」のお客さんだったんですね。
私も今度行こうと思ってるとこです!!
ぬん
2012年03月04日 10:31
ヨーコさん、いつもコメントありがとうございます。
瞑想の姿勢は、自由だよ。
だいたいみんな、安楽座(あぐらみたいな恰好)で座ってます。