ダンナに家事を手伝わせる方法

とてもすてきな本を見つけましたので、紹介しようと思います。


book_ikedan.jpg

「イケダン育成術」


”イケてるダンナ”を育成するための技を書いた本なのです。

イケてるダンナとは?

仕事をバリバリこなしながら、
家庭に愛情を注いでくれ、
家事や育児を手伝ってくれるダンナだそうです。

この本によると、
そのようなすてきなダンナは、
たまたま見つけるのでなく、奥さんが育てるものだそうです。

この本では、
2073名の既婚女性にアンケートを行い、
「ダンナをうまく育成している上位100名の賢妻」が、
どんなふうに、ダンナを育てているか?
が書かれております。

「うちの夫は、何も手伝ってくれない」
「うちの夫は、ダメな人」

などと、文句を言っている人をよく見かけますが、

そういう人は、自分の育て方が悪いということになります。

この本の基準でいくと、
ぼくは、けっこう、イケダンなんじゃないかと思うが、

奥さんにうまく育てられているに違いあるまい。


この本に書いてある、ダンナの育て方は、とてもシンプルです。

まず、はじめの格言は、

「ほめて、おだてて、感謝する」

ダンナが家事を手伝ってくれたときには、
とにかく、ほめます。

「すごい。私より上手~」と言います。

「ありがとう。助かっちゃったわ~~」と言います。

間違っても、してはいけないのは、

・ケチをつける
・下手なアドバイスをする

男はプライドの生き物なので、
何か、ケチをつけられた時点で、
家事がつまらないものと思ったり、家事が苦手だと思ってしまいます。

たとえ、やり方が間違っていて、何か指摘したいと思っても、
ぐっとこらえます。

まずは、「すごーーーい。ありがとう~~」

ちょっとわざとらしくても、ほめられて悪い気がする人はいません。

ほめて、機嫌が良くなったところで、

「ここのところを、こうしてくれると、もっとうれしいな。」

というように、さりげなくアドバイスをします。

くれぐれも、プライドを傷つけないように。
言わないでいいことは、できる限り言わないようにします。
次の機会まで、言うのを我慢するのも大事です。


イケダン育成のために、重要なのは、おねだり上手になることだそうで、

何かをお願いしたいとき、何かを伝えたいとき、
「私は」を主語にして、
「~してくれると、うれしいな。」
と言うと良いそうです。
できるだけ、かわいらしく、じゃっかんのぶりっこで言うと良いらしい。

例えば、
「荷物が重たくって、私だけだと大変だから、
 ちょっと運ぶの手伝ってくれるとうれしいな。」

というように、男の力持ちな面を持ちあげるように、
かわいらしく頼むといいらしい。

逆に、
「あなたは」を主語にすると、命令や否定になって、
プライドを傷つけるそうです。

例えば、
「あなたは、なんでいつもやってくれないの?」
というように、
上から目線で、"やるのが当たり前"、"できてないのがおかしい"
というような言い方をすると、やる気をなくさせます。


考えてみると、今まで、

ゴミの分別やら、洗い物の仕方やら、洗濯物の干し方やら、
細かいケチをつけてしまっていることが、いっぱいあった気がする。

そんなことより、もっとほめなきゃいけないのだねえ。


この本に書いてあることを、実践するようにしたら、
その効果におどろきです。

言い方ひとつで、とてもやわらかく、頼みごとをできるようになったし、

やってもらえたことをほめてると、
どんどんやってくれるようになるし、

もっとすごいのは、
自分の言い方に気をつけることで、
自分の心がイライラせず、感謝できるようになったのです。

やってもらうことを当たり前と思わず、
やってもらえたときに、とてもありがたく思えるようになった。


うちの場合、この本を部屋に置いておいたら、
奥さんも、この本を読みまして、

今、うちの家では、褒め合いの応酬です。
(もともと、うちの奥さんは、ほめ上手だけれども)


そして、この本のノウハウは、
夫婦間だけでなく、
上司に対してとか、親に対してとか、子供に対してとか、

すべての人間関係に役立つと思います。


相手に文句を言うのでなく、
自分の接し方、自分の態度を変えることで、
まわりが変わっていくのです。

まずは、自分が相手に感謝して、ほほえむことから。

相手に、不快な気分を与えないようにすることから。

そうすることで、おどろくほど、
やさしい気持ちが返ってくるのです。

まさに、ヨガ的な生き方。

みなさんも、ぜひぜひ、実践してみてください。


この本、とてもわかりやすく、他にもおもしろいことが書いてあるので、
興味ある方は読んでみてくださいねー!


イケダン育成術―賢妻に学ぶ結婚生活を幸せにする技術


この記事へのコメント

やました
2012年04月09日 22:08
こんばんは
おぉ、家事分担問題がすばらしく
前進したのですね!よかったよかった!!

仕事復帰してさらに時間がないのですが
ヨガやりたいです~
ぬん
2012年04月10日 07:03
やましたさん、ありがとうございます。いい感じですよー。またいっしょにヨガしたいですね。5月以降、外ヨガも月1ぐらいでやろうかなと思うので、ぜひぜひ~。