つぶつぶ雑穀の料理教室に行ってきた(神戸・兵庫)

tsubutsubu1 .jpg

先週、神戸・大開の「おっこ食堂」で行われた、

つぶつぶ雑穀料理教室に行ってきました。


「つぶつぶ雑穀料理」とは?

あわ、ひえ、きびなど、日本の伝統的な雑穀をいっぱい使う料理法で、
つぶつぶクリエーターゆみこさん」が、これからの食として提唱してるものです。

考え方のベースは、マクロビオティックに似ていますが、
いろんな雑穀をふんだんに使います。


ぼくは、1年ほど前、ゆみこさんのインタビュー記事を読んで、
食に対する考え方に、とても納得しました。

『食っていうのは、ファジー(あいまい)なもの。

これが正しいとか、これが正しくないとか、決めるべきではない。

今、自分がどんな食べ物を欲しているか、
どのくらいまでなら、大丈夫か。

そういう感覚を磨くのが大切。


何を食べても、体が持つ適応力で、ある程度は対応してくれるし、
人によって、何が良いかは変わってくる。

「正しいと言われるもの」を求めすぎるより、ほどほどに、

体の「ワクワク」を大切に、食を楽しむのが大切』


とおっしゃってました。


マクロビオティックを習って以来、
少しきゅうくつになっていたぼくの頭を、
とてもすっきりさせてくれたのです。


それ以来、ゆみこさんの「つぶつぶ雑穀料理」が気になっていたわけですが、

先日、有機やおやのジンジャーさんに行ったら、
たまたま、ゆみこさんの娘である「優気さん」に出会いました。

優気さんは、最近神戸に引っ越してきて、
つぶつぶ料理教室や、ランチ会などの活動をはじめられたそうです。


マクロビオティックの考え方では、
肉・卵・牛乳・魚などの動物性たんぱくを減らし、

全粒粉(殻つきの)穀物を、食の中心とします。

一般的には、
全粒粉穀物として、玄米を食べます。

玄米は、栄養バランスは完璧なのだけど、
消化が悪いという欠点があります。

そして、殻が硬く、繊維質が多いので、食感が苦手な人もいます。

やっぱり、白米の方が、軽やかで甘く、
みんなの体が、自然と白米を選ぶのも、当然のことだなあと思います。

ぼくも、胃が丈夫な方ではないので、
玄米は、ちょっと重く感じてしまうのです。


つぶつぶクッキングでは、
お米を、白米や五分づき米(半分精米したお米)などにして、

そのかわりに、雑穀を混ぜて炊きます。

玄米より、白米の方が、雑穀との相性が良く、おいしく炊けるそうです。


そしてさらに、
おかずや、スイーツにも、どんどん雑穀を使います。

玄米が好きでない人でも、
穀物がいっぱい食べられる、ナイスな料理法です。


マクロビオティックでは、
食べるものの50%ぐらいを、全粒粉の穀物にすると良いと言うのだけど、

グルメな現代人にとって、
食事の半分を玄米にするのって、むずかしいだろうなあと思うんです。

やっぱり、おかずやスイーツが多い方が、楽しい。

お酒が好きな人が、居酒屋に行った時、
料理の半分が、玄米だったら、
ちょっと楽しくないと思うんだよねえ。


でも、つぶつぶクッキングで、
雑穀をどんどん料理に混ぜていけば、
50%を雑穀にするのも可能だと思うのです。


雑穀は、
ヒエ、アワ、キビ、高キビ、ソバ、大麦、
ハト麦、シコクビエ、アマランサス、キヌア、黒米、赤米など、

種類が豊富で、
味も、食感も、さまざまなので、

料理に活用することで、
いろんなバリエーションが出て、創造性が高まります。

食べるときには、
雑穀の、プチプチした感触が楽しく、
なんだか元気になります。

雑穀の一粒一粒が、
土にまけば、芽を出して、何千粒という実をつけるほどの、
エネルギーのかたまりなのです。


今回の料理教室では、「もちキビ」を使った料理を作りました。

・もちキビとトマトのスープ
・もちキビとポテトの炊き合わせ
  →それを、ペペロンチーノ風に炒めるバリエーション
    →それを、パンにのっけてピザ風にするバリエーション

とてもおいしいです。
ピザ風トースト、たまりません。

tsubutsubu2.jpg

雑穀は、いつでも家に常備しておけるので、
それで料理にバリエーションをつけられるのは、
とても便利だなあと思います。


つぶつぶの料理法は、マクロもそうですが、とてもシンプルです。

調味料もシンプルに、素材本来の味をいかします。

その分、調味料は、化学的につくられたものでなく、
昔ながらの、てまひまをかけて作られた、本物を使います。


・ミネラルをたっぷり含む海の塩
 (※食卓塩は、塩化ナトリウムだけを精製してしまっている)
 つぶつぶのおすすめの塩は、「海の精」

・木樽で発酵熟成された、本物の醤油

・ちゃんと発酵熟成された味噌

・なたね油
 (※ゴマ油や、オリーブオイルだけだと、α-リノレン酸が不足するので、
   なたね油をメインに使うと良いそうです。)
 つぶつぶのおすすめは、「オーサワのなたね油」

・純米酒
・梅酢
・ゴマペースト

以上が、基本の調味料。

その他のものは、楽しみで使っても良いけど、
なくても十分だそうです。
シンプルです。


ぼくも、さっそく雑穀を取り入れた食生活をはじめました。

雑穀は、まとめて炊いて冷蔵庫に保存すれば、
5~6日は日持ちするので、

タッパーに入れておくと、いろんな料理に使えて便利です。


重ね煮と、雑穀のストックを作っておくと、

料理がとても楽に、しかも健康的に、なるので、

とってもおすすめです。


みなさんも、つぶつぶ雑穀料理を、ぜひ食習慣に取り入れてくださいね。


つぶつぶをはじめるのに、おすすめの本は、これだそうです。

book_tsubutsubustart.jpg

雑穀と野菜でつくるつぶつぶクッキングSTART BOOK




ぼくも、買って読みましたが、ほんとにすばらしい。

レシピも載ってますが、
料理に対する考え方が書いてあって、
すごくわかりやすい。

なんだか、とても、共感できるのです。
ゆみこさん、すてき。


優気さんの、神戸での予定は、以下だそうですので、
興味ある方は、参加して、まず食べてみてくださいな。


■つぶつぶ雑穀料理とオーガニックなおしゃべりを楽しむ
つぶつぶランチ会☆★ vol.5 @自然派Cafe ごパン(神戸・六甲)

6月25日(月) *完全予約制!*


■つぶつぶ料理教室@おっこ食堂(神戸・大開)

7月25日(水)、8月8日(水)


■神戸三宮 de つぶつぶランチパーティー☆
20名限定のみんなでわいわい交流会(^^)/

7月1日(日)


詳細は、優気さんブログにて
http://yukichancooking.blog.fc2.com/


なんだか今日は、つぶつぶを絶賛してしまったよ。

ぼくも、まだ、つぶつぶ生活をスタートしたばっかりですが、
なんか続きそうな気がしてます。


この記事へのコメント

もっち
2012年06月10日 21:07
こんにちは。ぬんさん初めまして。8さいの子を持つもっちといいます。
ブログ興味深く読ませていただきました。ネットサーフィンしててなんと二回もぬんさんのブログにたどり着きました。それでコメントさせていただきました。
一回目は座禅で、二回目はパーマカルチャーで(*´∀`)
つぶつぶも面白いですね。
神戸で親子ヨガの予定とかありますか?ヨガか座禅か
やりたいと考えてて、イベントがあったら教えてください。
ぬん
2012年06月13日 07:34
もっちさんこんにちはー。はじめまして。
親子ヨガのイベントは、今のとこ、ないのですが、またあるときにはブログで告知しますね。よろしくおねがいします~。