表現による癒し「アーツセラピー」がおもしろい。

artsparty2.jpg

9月8日に、神戸・三宮の、KIITOで行われた、
アーツセラピーのイベントに参加してきました。
http://touch-arts.jimdo.com/

アーツセラピーとは、
「表現すること」を通して、
心の中の問題を解決していく、心理療法です。

絵を描いたり、歌ったり、踊ったり、演技をしたり、
様々な表現を通じて、
心の奥底にある問題を、解決していきます。

ヨーガでは、
体操や、呼吸法、瞑想や、哲学的な教えを使って、
心の奥にある、トラウマや、思い込みにアプローチしていきますが、

アーツセラピーの場合は、
声を出すとか、踊ってみるとか、
もっと単純な行為を使うところがおもしろいなあと思います。


今回のイベントで、ぼくは2つのワークショップに参加しました。

午前は、中野左知子先生の、
ドラマセラピー「演じること」のワークショップでした。

子供が、いろんな「ごっこ遊び」をして、
物事を覚えていくように、
人間は元々、
何かを演じることにより、自分を癒す能力を持っているそうです。

ワークショップの中で、
先生の出す課題を、体を使って表現していくうちに、
自分の殻を破っていくような感覚がありました。

「演じる」ことは、
「ふだんの自分を超える」ことであり、

自分の視点を超えて、物事を客観視することにもつながり、
深いなあと思いました。


午後からは、広瀬真奈先生の、
ダンス(踊ること)のワークショップに参加しました。

先生の誘導に従って、少しずつ体を動かしていくうちに、
体が勝手に、どんどん動き出し、

大胆に、自由に、
全身を動かしていく中で、
無心の恍惚状態に入っていきました。

最後には、心が静まり、
心の奥底の静けさや、至福感を味わえたような気がします。

まさに、先生が言っていた通り、
ダンスをしながらの「瞑想」でした。


先生は、正式な指導者ではないそうですが、
「ファイブリズム」というメソッドをベースにしているそうです。

ファイブリズムとは、

ガブリエル・ロスさんというアメリカ人が
エサレン研究所にて考案し、体系化した、
ダンスを通じた瞑想だそうです。

ファイブリズムでは、
以下の5つのシーンを、順番に踊っていきます。

①フローイング
流れるようなゆったりとした動き、(陰、女性性)

②スタッカート
ビートの利いた、はっきりとした、力強い動き(陽、男性性)

③カオス
体の滞ったエネルギー、古い余分なエネルギーを思いっきり体全体を揺さぶり
体のコントロールをはずし解放する。(女性性、男性性、陰陽の統合)

④リリカル
体全体が軽くなり自由にまるで子どものように踊る

⑤スティルネス
動きが内に入り、ダンスの中で深い自分自身と結びつく。


この流れ、なんだか、フロー系のヨガに似ているように感じます。

リラックスして体をほぐし、
ダイナミックな動きの中で、集中を高める。
徐々に静かな動きになって、心を落ち着け、
最後には、静かに、自分の内面に深く入っていく。


心の奥深くに入るために組み立てられたテクニック。
とても興味深いです。


今度、10月に、
日本人で唯一、
このファイブリズムの正式指導資格を持っている、
サハジャさんという方が、
大阪に来て、ワークショップをされるそうです。

10/3(木)に、夜のワークショップ。
10/5-6(土日)に、2日間のワークショップだそうです。

ぼくも、参加しようと思っています。
興味ある方おられましたら、
この機会にぜひご参加くださいませ。

詳細はこちらのようです。
http://www.dancemiracles.com/jp/schedule/index.php


また、
今回参加したワークショップの先生、広瀬真奈さんに、
ぼくが毎月やっている
ボディワーカー交流会&勉強会の講師として来てもらいたいと思っています。
早ければ、12月の会に来てもらえるかも。

広瀬真奈さんは、
フラメンコの舞踊家でもあり、
また、
スコットランドにあるスピリチュアル・コミュニティ「フィンドホーン」の
日本語ツアーのオーガナイズをしていたり、

いろんな方面に通じていそうな、すてきなお方です。

広瀬真奈さんHP
http://manahouse.jp/

お楽しみに~。


この記事へのコメント

あやぱん
2013年09月16日 17:35
うわぁ~!
なんか引き込まれてブログ読んでたよ~!
おもしろくて、深いイベントだねぇ^_^
演じることは、ふだんを越えるかぁ。なるほどなぁ。深いなぁ。
どんなカタチでも表現することが、心を解放することにつながるのかなぁ。
初めてきいたファイブリズム♪
大阪のワークショップ行ってみるよ~!