自然派パン屋さんが書いた「腐る経済」という本

book_kusarukeizai.jpg

この本がすごいです。
ぜひ、みんなに読んでほしい。

この本を書いたのは、
岡山の田舎にある、タルマーリーというパン屋の主人です。

こだわりがすごくて、

天然酵母も自家培養。

和食パンという、ちょっと変わったパンは、
麹菌を使って発酵させるのですが、

その麹菌も手作り。
パン工房に住み着いた、天然の麹菌を育てて(培養して)、使っているのです。

ぼくが大好きな、江戸時代の酒づくりを復活させた「寺田本家」という酒蔵がありますが、
それのパン版と言えます。


タルマーリーさんは、菌と向き合う中で、いろいろなことに気づきます。
菌が、いろいろなことを教えてくれる。

化学物質など、人間のよぶんな手が入ると、パンが膨らまなかったり、
有機農業の小麦と、自然農の小麦で、パンの膨らみ方が変わったり、
地元の食材同士を組み合わせた時の方が、パンが膨らんだり、

理屈ではなく、実際にパンが膨らむかどうか、
酵母たちが、発酵してくれるかどうかで、
自然の営みを感じ取り、
どうあるべきか、学んでいくのです。

菌などの微生物と向き合うということは、
まさに、自然と生きるということ。

菌が喜ぶということは、
自分の体の細胞たちも喜ぶということであり、
自然の、宇宙の営みに沿うということなのです。

繊細な菌と向き合うからこそ、見えてくる世界があるようです。


そして、
タルマーリーさんは、
いろいろなパン屋で修業し、自分たちのパン屋を開くまでの過程で、
現代のパン業界、さらには現代の経済の仕組みのおかしさを感じ取っていきます。

経済成長(GDP)ばかりを追いすぎる、
お金中心の資本主義経済が問題だって、よく耳にしますが、

何が問題で、どうあるべきか、
「パン屋をする」という身近な視点から解説してくれて、とてもわかりやすいです。


以前のブログで紹介した、
寺田本家の前当主の「発酵道」という本
もすばらしいですが、
それと並んで、
自然と共存する持続的な生き方や、経営の在り方を考えるヒントになると思います。

興味ある方は、ぜひぜひ、読んでみてください。

book_kusarukeizai.jpg

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」




昨年11月に、岡山のお店にも行ってきましたが、
それはそれは、おいしいパンでした。
近くに行った際には、ぜひ、寄ってみてください。

タルマーリー
http://talmary.com/


この記事へのコメント