2014年10月16日

韓国で、国連の生物多様性会議に参加してきた

cop3.jpg

昨日まで、韓国の、ピョンチャン(平昌)で開催されている、
国連の、『生物多様性会議(COP12)』に参加してきました。
正確には、国連生物多様性条約第12回締約国会議というそうです。長!(笑)

近年、地球では、環境破壊が進み、多くの生物種が絶滅に追い込まれ、
今まで存在していた全生物種の、25%が、絶滅しようとしています。

ある生物種が絶滅すると、連鎖的に他の生物種も絶滅の危機になり、
歯止めが掛からなくなる恐れがあり、
今、地球は、けっこうな、危機的状況にあります。


環境問題は、1つの国だけでは解決できません。
地球は、つながっているので、各国が足並みをそろえて取り組まないと、解決しないのです。

そこで、国連主催で、2年に1回、
生物多様性会議(COP)が開催されています。

各国の政府が集まり、環境を守るための世界ルールが策定されます。
元々は、政府だけの会議でしたが、
1992年より、政府だけでなく、
NGOや、企業、自然とともに暮らす先住民や、未来を担う若者たちも参加するようになりました。

NGOとは、Non Government Organization(非政府組織)の略で、
政府ではなく、民間人が、世界のために、非営利で活動する組織です。

NGOは、国の利害関係と無関係のため、
各国のNGOどうしが、国を超えて協力し、国際問題を解決しやすいと言われています。


ぼくは、今回、NGO「いきものカフェ」の仲間に入れてもらい、
生物多様性会議(COP12)に参加することができました。
参加の経緯は、以前のブログをご覧ください。
http://nunyoga.seesaa.net/article/402799055.html

いきものカフェは、日本の生物多様性に関わるNGOの総代表である、坂田昌子さんとともに、
全国各地で、生物多様性について考える人たちの集まりです。
坂田さんは、おそらく、日本で一番、生物多様性の現場活動に詳しい人であり、
日本の自然環境を守るため、全国を奔走していますが、
いきものカフェの集いでは、
気さくに、わかりやすく、情熱的に、環境問題について教えてくれる、
すごい方です。

今回の会議中も、超多忙にも関わらず、
理解不足のぼくたちのために、いろいろと解説してフォローしてくれました。

NGOは、政府と比べて、
現場で活動しているため、知識が豊富で、
世界各国と連携しているため、データも多く、広い知見を持つ傾向があります。

政府は、情報豊かなNGOに頼りたいという気持ちと、
国の政策に反対して自然保護を訴えるNGOを邪魔だと思う気持ちと、両面あり、
とても微妙な関係性のようです。

生物多様性会議(COP)では、各国の政府首脳どうしで条項を作る本会議のほかに、
20ぐらいの部屋で、同時進行で、サイドイベントと呼ばれる様々な分科会が行われており、
ぼくたち参加者は、スケジュールを見ながら、好きなものに参加することができます。

サイドイベントは、政府主催のものもあれば、
NGO主催、企業主催、先住民主催、ユース(若者グループ)主催など、様々で、
それぞれが、みんなに伝えたいことや、話し合いたいことを、プレゼンし、情報交換しています。

自然環境を取り戻した成功事例や、
逆に、自然を破壊してしまった悪い事例が発表されたり、
科学的、専門的なこともあれば、
人の巻き込み方だったり、市民運動の成功例だったり、
地方自治体(市町村)から変革をおこした例だったり、
様々な内容があり、

お互いに情報をシェアし合うことで、
ヒントを得られたり、今後の参考にしたりできるようになっています。

cop4.jpg


生物多様性会議(COP)の主目的は、
開催される2週間の間に、
各国どうしで、環境に関する条項(世界ルール)を決めることです。

決めるのは、政府なので、NGOの人達には、発言権がないのですが、
政府の決定に、影響を与えることは可能です。

1つは、会場に、各国のマスコミがたくさん来ているため、
マスコミに訴えかけ、マスコミを通して、各国に情報を伝えることができます。
それが大きくニュースで報道されると、即座に政府の態度が変わることもあるそうです。

2つ目は、各国の政府に「入れ知恵」をできるということです。
NGO側から、政府に面会を申し入れることもあるし、逆のこともあります。

NGOが働きかけるのは、自国の政府のこともあるし、
別の国の政府に働きかけることもあります。
というより、NGO側は、各国が連携して、一体となっているので、
もっとも最適な国の政府に働きかけ、その政府を通して、発言してもらうのです。

各国のNGO連合チームの人たちは、
会議(COP)の2週間、少しでも良い条項を作るため、寝る間も惜しんで、活動していました。

伝えたいことをまとめた冊子を作って配ったり、
サイドイベントのプレゼン資料を作ったり、
声明文を作ったり、
いろんな手段を使い、思いを伝えることに、全力を尽くしていました。

海賊に扮して、パレード(デモ)をして、
もっとも地球環境を侵害している国や企業に、
海賊賞(パイレーツ・アウォード)を称して発表したりしました。
おもしろおかしくすると、メディアも多数取材してくれるようです。

cop1.jpg

ぼくたちのパレードが、翌日には、朝日新聞の記事になっていたようです。
このスピード感がすごい。


COP-news.jpg

そして、今回、坂田さんは、NGOのサイドイベントのために、
元首相の、菅直人さんを連れてこられました。
菅さんは、3・11の震災が起こった時の首相で、震災後の福島原発を収集する責任者の立場にありました。

今回、菅さんは、おっしゃいました。
「震災前までは、原発が安全だと信じて、海外に、原発を輸出することを推進していた。
でも、震災で、原発が安全でないことを悟り、今は、はっきり、原発はやめるべきだと思う」

3・11の震災後、放射能が、地面や海に流れ続けています。
(今週の台風後、過去最高の放射能が検出されたそうで)
生物多様性を守る上では、やはり原子力エネルギーは、問題が大きいようです。
今回の原発事故の情報を整理し、シェアしていくことで、
今後に生かしていかなければいけません。

そして、坂田さんは、生物多様性の条項(世界ルール)のひとつに、
原発に関する規制を入れたいと考えています。
もし、その条項が入れば、各国は、その基準を守ることが求められるため、
とても大きな力を持つのです。
でも、原発は、経済的なメリットが大きいと考える国も多いため、
簡単なことではなく、何年かかけて、長期的に取り組む必要があるそうです。

今回、菅さんが参加した、福島原発事故に関するサイドイベントは、
今回の会議中のサイドイベントの中で、もっとも注目を集めたそうで、
今後の生物多様性の条項に追加するための、大きな足掛かりとなったようです。

cop2.jpg

今回の会議には、日本各地で環境保護活動をしている方々も、来られていました。
愛知県の設楽ダム建設に反対している方々、
山口県祝島の、上関原発に反対している方、
東京と大阪を結ぶリニアモーターカーに反対している方々、
それぞれ、地元の豊かな自然の大切さを訴えていました。

自民党政権に戻ってから、
一度は止まりかけていた大型の公共事業が、また復活し始めていて、
自然より、経済優先、
短期的な利益を優先する傾向が強いようです。
長い視点で見て、何が本当に大切か、バランスを見ながら判断していく必要があると思います。


ぼくは、今回の会議に参加してみて、
ぼくたち、ひとりひとりが、
微力ながら、より良い社会づくりに貢献できるというイメージを、
より強く持てるようになりました。

政府や、地方自治体(市町村)、企業、市民が、
お互いの立場を尊重し合い、理解し合い、
なかよく、コミュニケーションを取りながら、
協力して動いていく必要があると思います。

まずは、どんな世の中にしたいか、
良いヴィジョンを描くところから!

人も、地球も、将来にわたって、
すこやかで美しいものになったらいいなと思います。

今回のすてきな経験に、感謝です。

cop5.jpg


posted by ぬん at 18:33 | Comment(0) | 環境・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]