寺田本家の蔵元に、泊まりで見学ツアーします(千葉・香取郡)

terada-hourei.jpg

ぼくが、ほれこんでいる、千葉の酒蔵「寺田本家」。

2015年2月8日に、蔵元の見学ツアーを行うことになりました。


菌に寄り添い、自然に寄り添う、究極の酒づくり。

菌たちが、発酵しやすい場づくりから始まる、
発酵の恩恵を最大限に発揮する寺田本家のお酒は、
ほとんど、二日酔いになりません。

百薬の長たる、体に良い、本物の酒づくりを目指しているそうです。


原料の米も、麹菌も、自然農法で自分たちで栽培し、

酒づくりに使う樽は、日本の職人技である、杉の木樽を利用しています。


このような、本物の商品を、みんなが選ぶようになれば、

このような、本物の作り手が増えて、

人も、自然も、社会も、健康になっていくのだと思います。


寺田本家の過去の紹介記事はこちら
お酒の紹介
昨年の蔵見学レポート(今回見学に行く人は、見ない方がいいかも)


terada-lineup.jpg


昨年も、ご縁があり、蔵元を見学させていただきましたが、
今年は、ぜひみんなで行こうということで、
今回、2月8日のツアーを催すこととなりました。

寺田本家の酒づくりの姿勢に、みんな、ますます惚れこむことでしょう。


場所は、千葉県の香取郡。成田空港の近くです。

遠い場所なので、前日から、泊まりで行きます。
(もちろん、当日の見学から参加でもOK)


土曜日の宿泊場所は、蔵元のすぐ近くにある、「とーじ舎」という古民家で、
これまた、すばらしいところです。

農ある循環型の暮らしをめざし、
自然とつながるための、食や、暮らしのワークショップをしたり、
コミュニティを作ったりしている、
トージバプロジェクトの一環として、

築170年の古民家を改装して作った「とーじ舎」は、
ロケットストーブという、ドラム缶と土塀で作られた暖房があったり、
掘りごたつがあったり、
とても和む空間です。

トージバの方が、すてきな夕飯と朝食を用意してくださいます。

夜は、寺田本家のお酒を飲みながら、ゆっくり語らいましょう。


お風呂が問題です。
お風呂に行くとしたら、タクシーになるかも。
お風呂なしでOKの人は、ゆっくり飲めますぞよ。

近所に、すてきな酵素風呂があるので、翌朝に酵素風呂に行くかもです。

流れに任せて楽しみましょう~。


どなたさまも、はじめての方も、おひとりさまも、大歓迎です。

この機会に、すてきなつながりが生まれたらうれしいです。

teradairiguchi.jpg

■集合場所と集合時間

2月7日(土)の19時14分に、JR成田線「下総神崎駅」に着くようにしてください。
駅の改札を出たところで集合です。

集合時間に間に合わない場合は、
下総神崎駅から「とーじ舎」まで、タクシーでも来られると思います。


2月8日(日)から参加する方は、
11時ごろから、寺田本家の蔵見学を開始する予定なので、
11時を目指して、寺田本家の蔵まで来てください。

「下総神崎駅」より徒歩20分です。


※「下総神崎駅」は、成田から近いので、
成田空港まで、飛行機で行って、そこからJRに乗ると便利です。

大阪(関空)から成田まで、
ピーチとジェットスターの格安フライトもあるので、
片道6000円前後で行くことが可能です。
(キャンペーンを狙えばもっと安いかも)


■だいたいのスケジュール

7日(土)の、19時14分に、下総神崎駅に集合したら、
車&タクシーで、とーじ舎まで移動します。

19時半頃から「とーじ舎」にて飲み&食事開始。

8日(日)、朝食を食べた後、
もしかしたら酵素風呂に行くかも。

その後、寺田本家に移動。
11時頃から、昼食を食べたり、蔵を見学したりします。

のんびりして、16時~17時ごろに、ぼちぼち解散。

途中で早目に帰ることも可能と思います。



■持ち物

寒いので、温かい格好でおこしください。
泊まる方は、寝袋を持参おねがいします。
ない人はご相談ください。

費用は、総額でたぶん4000円くらいになると思います。


■申し込み

以下のfacebookページで参加するボタンを押してください。
https://www.facebook.com/events/1531746080433023/

泊まりか、日曜のみ参加か、コメントしてくださいませ。

facebookしていない方は、ぬんまでメールください。
sakakiba@gmail.com

楽しみです~。行ける方、いっしょに楽しみましょう。


寺田本家ホームページ
http://www.teradahonke.co.jp/

とーじ舎ホームページ
http://kokokara.toziba.net/about/chiba-kouzaki


この記事へのコメント