2016年01月18日

肌着とぼく

ここ数年、とっても寒がりだったぼくですが、

寒いのは、体脂肪率が低いせいだと思っていたのですが、

どうやら、それだけでなく、

やせ細っている分、シャツが、ぶかぶかで、
風がスースー通っていたためだと判明。

すかすかしてたのですね。
上にいっぱい着ても、中がすかすかだと、だめだったとは。。

いやー、初歩的なミスですね。
意外と、今まで気づかんかったなあ。
温かい肌着について、誰にも習わなかったもんな?。

ちゃんと肌着を着たら、めちゃ暖かくて、感激です。



みんなも、ちゃんと温かい重ね着をしたら、
暖房費が減って、エコな世の中になるのでは?

と、みんなに知らせたい気分ですが、
知らんかったのは、きっと、ぼくだけでしょう。笑


ネットで調べたところ、
温かい着方とは、
体温を逃さないように、すそや、袖口、首元などを閉じながら、
服を重ねて、空気の層を作ればよいようです。

今夜から寒くなるみたいなのですが、
とても楽しみなぼくなのです。

posted by ぬん at 16:39 | Comment(0) | 日々、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]