2016年03月15日

息子と2人、バリ島・ヨガの旅。

bali05.jpg

3歳の息子と、2人旅で、
バリ島での、ヨガ・リトリート(合宿)に参加してきました。

海と、山と、
すばらしい自然環境の中、
すてきな参加者の方々に囲まれ、

ふだん、日本のあわただしい生活では味わえないような、
息子との甘い時間をすごし、
今まで以上に、父子の絆が深まり、仲良くなれた気がします。
お母さんがいない分、息子もぼくに甘えてきますので、ラブラブしておりました。

C04A94E2-4D2A-4245-BE21-B4975CA91E48.jpg

bali11.jpg

参加者の方々といっしょに生活する中で、
息子は、みんなから、いろんなことを教えてもらい、
ふだんぼくたち家族では伝えられない、深い学びがあり、
1週間で、ずいぶんと、たくましくなったように思います。

そして、ぼくも、前より、ちょっとたくましい父になったんじゃないかな。

旅は、やっぱり、成長するなあと思います。
子連れでの参加を、温かく受け入れてくれたみなに、感謝です。

bali02.jpg

A18FE7C4-C45E-45FF-BBE5-972936672A7D.jpg

今回、参加したのは、
来月いっしょに、熊野で、ヨガ・リトリートをする、
ますみ先生(まっすん)のリトリートでした。

今回のリトリートでは、
まっすんに加え、ゲストとして、
ケヴィン、シャンテー、ヒロさん、アキラさんという、豪華なミュージシャンの方々や、
その他、ベビーシッターなどスタッフで参加されてた方々も多才で、
なんとも、ありがたく、ぜいたくな時間でした。

bali07.jpg

まっすんは、今までに出会ったヨガの先生の中でも、
かなり、ヨガに対する考え方や、
ヨガで伝えたい方向性が似ている気がします。

ヨガの形にとらわれず、
ゆるく、楽しみつつも、
自分の内にある、純粋でやさしい領域にアクセスしていき、
まわりとのつながり方、自分とのつきあい方をピュアにしていく。
まっすんは、キールタン(歌のヨガ)によっても、
心のフォーカスを合わせていきます。


歌や音楽は、人の感情や気分を、
とてもわかりやすく変化させるので、
ぼくも、だんだんと、歌のヨガの世界に、はまりつつあります。

bali06.jpg

7つのチャクラを切り口に、
奥深いヨガの世界を探る、まっすんのチャクラワーク。
来月末、ゴールデンウィークに行われる、
熊野での、コラボ・ヨガリトリートでは、
まっすんのチャクラワークに、
ぼくのヨガの世界を掛け合わせて、
さらに、チャクラの旅を深めたいと思っています。

bali10.jpg

すでに、いろんなイメージが膨らんでいますが、
最終的には、参加されるみなさんとの掛け合いの中で、
インスピレーションが生まれ、リトリートが完成していくと思います。

まっすんの、太陽のようなキャラで、
楽しく、温かい時間になるに違いありません。
みなとどんな時間がすごせるか、とても楽しみです。


熊野・ヨガ・リトリートについてはこちら

posted by ぬん at 10:58 | Comment(0) | 日々、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]