2016年12月21日

2/5、ファイブリズム by 雅代さん@わに(神戸・元町)

5rhy.jpg

2月5日(日)、spaceわにに、雅代ベノアさんをお招きし、
『ファイブリズム(5リズムR)』のワークショップを行います。

ファイブリズムとは、ガブリエル・ロスさんという方が、
アメリカのエサレン研究所にて考案し、体系化した、
ダンスを通じた瞑想です。

ファイブリズムでは、以下の5つのシーンを、順番に踊っていきます。

@フローイング
流れるようなゆったりとした動き、(陰、女性性)

Aスタッカート
ビートのきいた、はっきりとした、力強い動き(陽、男性性)

Bカオス
体の滞ったエネルギー、古い余分なエネルギーを思いっきり体全体を揺さぶり、
体のコントロールをはずし解放する。(女性性、男性性、陰陽の統合)

Cリリカル
体全体が軽くなり自由にまるで子どものように踊る。

Dスティルネス
動きが内に入り、ダンスの中で深い自分自身と結びつく。


ふだんヨガをしているぼくにとって、
この流れは、フロー系のヨガに似ているように感じます。

リラックスして体をほぐし、
ダイナミックな動きの中で、集中を高める。
徐々に静かな動きになって、心を落ち着け、
最後には、静かに、自分の内面に深く入っていく。

心の奥深くに入るために組み立てられた、すばらしい技法です。

ファイブリズムの場合は、ヨガと違って、
それぞれが、自分の内側から湧き出てくるまま、
自由に動くところがいいなあと感じています。

今回主催をさせていただいている「ぬん」も、
一度体験して以来、心を奪われ、何度か受けています。
はじめて受けた時は、あまり踊った経験もなかったし、
踊れるとも思っていなかったのですが、

先生の誘導に従って、体を動かしていくうちに、
体が解放され、心が解放され、涙が溢れてくるほど、自由になっていきました。

老若男女問わず、どんな方でも参加可能です。
初めての方も、おひとりの方も、どんな方でも、
お気軽にご参加ください。
踊ったことがないという人も、お気軽に。
そんな人にこそ、おすすめです。
ぜひぜひ、興味がある方、この機会に参加いただけたらと思います。

以下、雅代ベノアさんからいただいた、ファイブリズム紹介文です。

******************

【5リズムR(ファイブリズム)について】

5リズムRは、
1960年代にエサレン研究所で、
ガブリエル・ロス氏(2013年没)によって考案され、
世界100カ国以上で練習されている
「動きに命を与えてあげれば自らが癒す」事を根本とした、
哲学であり、アートの表現であり、
ダイナッミクな動く瞑想とも言われているメソッドです。

このプラクティスは人生の比喩としてもとらえられ、
文化や国、年齢を超え、
「困難をアートに」「アートを気づきに」
「気づきを行動に」シフトし、
変容していくためのメソッドとして知られています。

エサレンへ行った事がある方は
一度はそこでダンスを踊った事があると思いますが、
そのルーツはもちろん5リズム。
昨今ポピュラーに盛り上がっている
コンシャス・ダンス・ムーブメントの先駆けです。

このプラクティスでは、人生を以下の「マップ」になぞらえ、
1〜5までを踊ります。この一つのサイクルを「ウエイブ」と呼びます。

1)フローイング 流れる。女性性との繋がり。
2)スタッカート 鋭角。力。男性性との繋がり。
3)カオス    この二つを統合。プロセス。手放す。
4)リリカル 内なる変容を見いだす。スピリットを自由にする。
5)スティルネス 静寂。未知、偉大なるものとの繋がり。

これら5つのマップと呼ばれるステータスは、
意識をしてようとしてまいと、
外、中、前、後ろ、身体的、感情的、知的などにかかわらず
私達が生きていく全ての中、どこにでも存在します。
この5つのリズムにあてはめた
ダンスという手法を通して再体験することは、
手っ取り早く自分と繋がり、魂を自由にする練習となります。

5リズムRは
人生そのもの、ジャーニーそのもので、
本当に哲学的なのですが、
まあ、そんなカタい事言わなくても、とっても面白いので
今回はその面白さを味わっていただけたら嬉しいな、と思います。

色んな事を説明しちゃうよりも、
ガブリエル・ロスの有名な言葉で、感じてみて下さいね。

=========

エネルギーは波となり
波はパターンとなり
パターンはリズムを作る。
人間もまさに同じ。
エネルギー、波、パターン、リズム
それ以上でも 以下でもない
ダンス そのもの

===

困難をアート(ダンス)に
アートを気づきに
気づきをアクションに

===

リズムとは、世界中で共通な母国語。
それは魂の言語

===

あなたの祈りを汗に
痛みを踊りに
そして、さあ、歩き出しなさい。

===

ダンスの服が無いから
太ってるから
膝が痛いから
昨日大変な事があって

そんな頭の中のおしゃべりは
全部ビートでかき消しちゃうの

===

byガブリエル・ロス

=========

今回、5リズムRをご紹介させていただき、
ガイドをさせていただく
雅代ベノア(Masayo Benoist)です。
よろしくお願いいたします。

ロサンゼルス在住で、
去年、日本人の2人目の5リズムの正式認定講師となりました。

私事ですが、どこで5リズムRに出会い、
どのようにして夢中になったか、
ダイジェストでお伝えさせていただきたいと思います。

2009年の秋のこと。
5リズムRが創られたエサレン研究所で、
5リズムRのワークショップに、
なんと日本人の団体が来るのだけれども、
折しも通訳さんが同行できなくなり、
カリフォルニア在住に通訳を探すメーリングリストが回って来ました。

そこには
「音楽、ダンス、演劇、ヨガの経験のある通訳さん」という
当時にしてはオモシロイ条件つきで、なかなか誰にも決まらず、
通訳ではないけど、最初の4つはOKという事で、
当時めちゃ英語のへたくそだった私に決まったのでした。

14年前に左半身不随というハンディキャップだった私は、
とりあえず普通に歩けるように「見える」ものの、
もう踊る事などないと思っていたのですが、
「通訳もいっしょに踊りなさい」と言われ、
通訳しながら何だかわからないけど涙が溢れ出て、
リズムを刻んでいるうちに、
あげくには動かなかった足で12年ぶりにスピンが出来て、
号泣をしてしまったというところがスタートです。

そして、通訳させていただいた日本人のグループを見ていて、
一日目と最終日(六日目)の歴然とした違いに驚きました。

一日目、まったく動けず、猫背で自分の心の扉を閉めたまま、
ただステップだけを無機質に踏んでいた女の子たちは、
涙、涙の後に、最高の笑顔でガンガンに
「おいっ!そこまで踊るんかい!」というほどにはじけていたのを見た時に、
ああ、人間、これだけの底力があるんだ?!
それを出させるこのメソッドはすごい!と思ったのでした。

それ以来、絶対に先生になる!と決め、
全米中ワークショップをおいかける、
通称「5リズムR・ジプシー」となり、
去年正式に先生の資格が取れました。

ふと振り返れば50にして先生になりたいだと??と思いますが、
人生は100年!?ようやく折り返し地点。

若いという事は
モチロン、ピチピチしてそれだけで奇麗!?
だけど、若い事だけが価値じゃない。
私の年にしかわからない価値もある。
それをキラキラに生かして、生きていきたいな、と思います。

「今のまんまでいい。自分のまんまでいい」

これは5リズムRが私に教えてくれた事。
そして、5リズムRとは学ぶ事ではなく、経験する事。生きる事。
そんな事を感じています。

******************

雅代ベノアさんWEBサイト
http://www.5rjp.com/masayo/

******************

◆持ち物

動きやすい服装、水、タオル

汗をかくぐらい動いてしまう人も多いと思うので、
動きやすく、薄着の服装がおすすめです。
はおれるものなど、温度調整できるようにお願いします。


◆日時:2017年2月5日(日)13:00〜17:30

◆場所:スペースわに
http://www.spacewani.com/
JR元町駅徒歩約10分
神戸市中央区中山手通3-15-11 2階

◆講師:Masayo Benoist

◆定員:25名

◆参加費:12000円
  早割10000円
  (1月20日までにお振込いただいた方)

◆お申し込み:こちらから(担当:前田)
http://processt-of-growth.jimdo.com/お申込み-お問合せ/

◆キャンセルポリシー:
一度、お申込を頂きました場合、
下記の要領でキャンセル料がかかりますのでご了承下さい。
キャンセルの際は、メールにてご連絡ください。
返金が必要な場合は、ご返金先口座情報をお知らせください。
また、ご返金の際の振込手数料は差し引かせていただきます。
ワークショップ8日前まで     ワーク料金の10%
ワークショップ7日前〜3日前まで ワーク料金の50%
ワークショップ2日前〜当日    ワーク料金の100%


大阪夜クラス・ハーフデイもあります!

【大阪クラス】
2月3日(金)19:30〜21:30
ココプラザ(JR新大阪)
https://www.facebook.com/events/566246500237441/

【大阪ハーフデイ】
2月4日(土)13:00〜17:30
カムロダンススタジオ(谷町四丁目)
https://www.facebook.com/events/171547733317929/
posted by ぬん at 18:04 | Comment(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]