2017年04月12日

5/12-13『いただきます』上映会します(神戸&西宮)

itadakimasu-title.jpg

子どもたちから元氣をもらう ピュア・ドキュメンタリー
「いただきます みそをつくる こどもたち」の上映会を、
5/12(金)、5/13(土)の2日間にわたり、
神戸と西宮、4か所で開催することになりました。

----------------------
福岡市 高取保育園。

そこには、まるでタイムトリップしたような懐かしい日本の子育てがありました。
それは、先人たちから引き継いだ”魂の育てかた”。
日本の伝統的な「食養生 医食同源」に基づいた給食の献立は、玄米、みそ汁、納豆、旬の野菜料理です。
みそは、園児たち自らが、毎月、毎月、100キロ仕込みます。
梅ぼし、沢庵、高菜漬けなども手づくりです。
アトピーやアレルギーだった園児の多くが、元気に巣立っていきました。
30年続く高取の「和食給食スタイル」は、教育視察を通して日本中に広まりました。
発酵学の第一人者である小泉武夫 東京農業大学名誉教授が、伝統和食に込められた先人たちの英知を、わかりやすく説き明かしていきます。
「家庭の和食」「手づくりみそ」が、本作の主役なのです。

石田ゆり子のあたたかなナレーション、宮沢賢治の「星めぐりの歌」、谷川俊太郎、小室等、ウォン・ウィンツァン、真砂秀朗、hanauta、多彩なヒーリングミュージックが、やさしい時間を奏でます。
「いただきます」のプロデューサーは、「はなちゃんのみそ汁」の原作者、安武信吾。
長女の安武はなちゃんは、高取保育園の卒園生です。
監督、撮影、編集は、映像作家のVIN OOTA(オオタヴィン)。
2015年夏から、2016年春まで、高取保育園の四季に密着しました。
触覚的な撮影技法で、子どもたちの質実な佇まい、昔ながらの子育てに秘められた豊潤な精神文化、その輝きを追いました。

子どもたちから元氣をもらうピュア・ドキュメンタリーの誕生です。

高取保育園は、福岡市認可保育園です。
栄養価基準も、給食費基準も、国の基準値をクリアしています。
つまり、全国どこの保育園、小中学校でも、献立として採用可能だということです。
日本中の学校給食が、こんな給食になったらいいなぁ、と思います。

『いただきます 〜みそをつくるこどもたち』WEBサイト
http://itadakimasu-miso.jp/

----------------------------------------

神戸や西宮で、食や味噌などに関わる活動をしている、以下の4会場で上映いたします。

5/12金 10:30からは、
垂水区の『シェアハウス和楽居(オーガニック)』
自然農や味噌づくり、養鶏など町中でできる自給率アップに取り組むシェアハウスです。

5/12金 15:00と19:00からは、
元町(山手)の『spaceわに』
体と心、食や暮らしなど、ホリスティックな学びとつながりを目指すヨガスタジオです。
spaceわにの上映会で、味噌汁を作るのは、「おいしくて、よいもの」をコンセプトにした乾物屋『うおくに商店』です。

5/13土 10:30からは、
西宮の『はらっぱ保育所』
お米やお味噌などの食育に取り組む保育所です。

5/13土 18:30からは、
元町の『シェアスペース + キッチン マルメロ』
食をテーマに、人と人がつながる空間です。


◆上映料は、各会場共通です。
予約:1200円(中高生600円)
当日:1500円(中高生800円)
※小学生以下無料

どの会場も、ご飯(おむすび)とお味噌汁の軽食を用意します。
希望者は、大人400円(子供200円)にて、上映後にお召し上がりいただけます。

どの会場も、子連れOKとさせていただきます。

特に、5/12(金)15時と、5/13(土)10時半からの回は、乳幼児連れのママ大歓迎の上映会にします。託児はありませんが、授乳スペースもあります。場合によっては、上映途中で休憩を挟むかもしれません。普段映画に出かけられないママも、ぜひこの機会にどうぞ。

上映時間は、65分です。
5/12(金)10:30(@和楽居)と、5/13(土)18:30(@マルメロ)の回は、本編(65分)上映後、「はなちゃんの味噌汁GIFT」(20分)を同時上映します。

各回とも、上映後に、15分程度のかんたんなシェアタイムを取る予定です。お時間ある方はぜひご参加ください。
-------------

◆5/12金 午前
シェアハウス和楽居(オーガニック)
〒655-0033 神戸市垂水区旭が丘1-7-11
http://sharehouse-warai.com/
・開場 10:00 上映開始 10:30
 「はなちゃんのみそ汁GIFT(20分)」も同時上映
・定員:25名程度

◆5/12金 午後
spaceわに
〒650-0004 神戸市中央区中山手通3-15-11-2階
http://www.spacewani.com/
・開場 14:30 上映開始 15:00
・定員:70名程度 
 ※この回は、乳幼児連れ大歓迎の上映会です。もちろん、子連れでない方のご参加も問題ありません。

◆5/12金 夜
spaceわに
〒650-0004 神戸市中央区中山手通3-15-11-2階
http://www.spacewani.com/
・開場 18:30 上映開始 19:00
・定員:70名程度 

◆5/13土 午前
はらっぱ保育所
西宮市中殿町6
http://hccweb1.bai.ne.jp/npo-harappa/hoikusyo.htm
・開場 10:00 上映開始 10:30
・定員 10名程度
 ※この回は、乳幼児連れ大歓迎の上映会です。もちろん、子連れでない方のご参加も問題ありません。

◆5/13土 夜
シェアスペース&キッチン マルメロ
神戸市中央区元町通1-7-2 ニューもとビル5F
http://marmelo-lab.com/
・開場 18:00 上映開始 18:30
 「はなちゃんのみそ汁GIFT(20分)」も同時上映
・定員:25名程度

-------------

申込フォームはこちら
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/461230/

-------------

ご近所の乾物屋さん『うおくに商店』さんから、
気になっている映画があると教えてもらったのが、
この『いただきます』でした。

日本の伝統食である味噌。
発酵食であり、日本人にとって最高の健康食品かもしれません。

便利さや、速さを求めすぎる現代において、
味噌を仕込むという行為は、
ゆっくり、ていねいに暮らすための、大切なヒントを持つ気がします。

うおくに商店』さんは、
ふだんから、味噌づくりや、出汁取りのイベントをしているようですが、
今回のspaceわにでの上映会では、『うおくに商店』さんに、
味噌汁とごはん(おむすび)を作ってもらうことになりました。


今回、上映会をするにあたり、
場所を変えて数回上映できるということだったので、
神戸近辺で食の活動をしている方々とともに上映会をすることになりました。


『シェアスペース&キッチン マルメロ』は、
すてきなキッチン(カフェ)がある、元町のレンタルスペースで、

食をテーマに、人と人がつながるイベントを開催していたり、
オーガニックマルシェ『イートローカル神戸』の中心になっていたり、
『ネイバーフード』というお店で、
自然農の野菜や、自然素材のお惣菜を販売しているすてきなところです。


『シェアハウス 和楽居(わらい)』は、垂水区で
「ヨガと自然農のある暮らしのシェアハウス」をコンセプトに、
みんなで畑をしたり、漆喰を塗ったり、マルシェをしたり、ヨガをしたり、
味噌や、ぬか漬け、ヨーグルト、キムチなどの発酵食づくりをしたり、
最近は、烏骨鶏も飼い始めた、おもしろいシェアハウスです。


『はらっぱ保育所』は、
古くから食育に取り組む西宮の保育所で、
みんなで味噌を作ったり、農家さんのところに行ったり、
食べることを大切にしている、すてきな保育所です。


『いただきます』の監督は、
この映画を、こどもがいるママたちにもぜひ観てほしいそうで、
「乳幼児連れ歓迎」の回も作ることになりました。

先日、試写会をしたとき、
うちの4歳の息子も、最後まで楽しそうに観ておりました。
(途中でうろうろしたりしましたが。)
自分のような子供がいっぱい出てくるので、おもしろいのかもしれません。
ぜひ、お子さま連れでもご参加くださいませ。


この映画が、みなさまにとって、食を大切にするきっかけとなり、
食がより楽しくなるような、すてきな世の中へ、
つながっていったらうれしいです。


◎予告編




神戸&西宮・上映会 facebookページ
https://www.facebook.com/events/447554465582203/

申込フォームはこちら
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/461230/
posted by ぬん at 20:31 | Comment(1) | 食と農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
植田陽咲(娘小3)と行きます。
おにぎり食べます
Posted by 植田 あや子 at 2017年05月06日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]