2017年04月17日

5/27-28、ホリスティックな生き方を学ぶ、帯津良一先生の養生塾(姫路)

obitsusensei-sq.gif

昨年もご一緒させていただいた、帯津良一先生との「芦屋養生塾」。
今年は、泊まりでの開催になり、
5/27-28(土日)に、姫路の書写山で行うことになりました。

1泊2日の合宿での参加だけでなく、
27日(土)の講演会だけの参加も可能です。


統合医療(ホリスティック医学)の第一人者でもあり、
自然治癒力を高めていくという本質的な健康のあり方を引っぱってきた帯津先生。

お近くにいるだけでも、
おだやかで平和なオーラに、なんだか楽しくなり、癒されます。

主催は、自然療法機構(Nao)になります。
ぜひぜひ、ご参加をお待ちしております。


◆帯津良一先生プロフィール

日本ホリスティック医学協会会長
日本ホメオパシー医学会理事長

1961年 東京大学医学部卒業。 東京大学第三外科助手、都立駒込病院外科医長を経て、
1982年帯津三敬病院開設。現在は名誉院長。

西洋医学に、中医学やホメオパシーなどの代替療法を取り入れ、
ホリスティック医学の確立を目指している。
主にガン患者さんを中心に治療にあたり、講演や講義も多く行っている。
その楽しく、大らかな人柄でファンも多い。

著書に、『健康問答』(五木 寛之共著、平凡社)、『生きるも死ぬもこれで十分』(法研)、
『全力往生』(小学館)、『死を思い、よりよく生きる』(廣済堂出版)、
『まじめな人ほど病気になる 不良養生訓』(青萠堂)、『1日1分の呼吸法』(大和書房)など。



イベントの詳細は、以下をご覧ください。

・5/27(土) 講演会についてのページ
https://www.facebook.com/events/1902143036728621/

・5/27-28(土日) 合宿についてのページ
https://www.facebook.com/events/864139250393934/


facebookをご覧になれない方のため、詳細情報を以下に貼りつけます。

◆5/27(土) 講演会

・日程: 2017年5月27日(土)
・参加費: 一般 3,000円(自然療法機構会員:2,000円)

・スケジュール: 
14:30 開場(講演会のご参加も可能です)
15:00〜17:30 帯津先生講演会
 お散歩瞑想(ぬん)
 質疑応答

神聖な空気感の書写山。
日常から離れ、美味しい空気と共にからだとこころをリセットしてみてはいかがでしょうか。

・料金
 参加費 一般:3,000円

・場所: 書写山(兵庫県姫路市)
・交通: JR姫路駅より神姫バス姫路駅前バスターミナル東のりば「書写ロープウェイ行き」終点下車。
 ロープウェイで山上駅まで4分。
 書写山:http://www.shosha.or.jp/

・お申込み
Email info@japannaturopathy.org
ご住所、お名前、ご連絡先と、下記口座への参加費のお振込みをお願いいたします。
入金確認後、チケットを発送させ頂きますので、当日受付にてご提示願います。

【一般社団法人自然療法機構 お振り込み先】
参加費 を下記の口座宛にご入金をお願いいたします。

・ゆうちょ銀行からお支払いいただく場合
銀行名 : ゆうちょ銀行
記号  : 14350
番号  : 36982121
受取人名 :  シャ)シゼンリョウホウキコウ

・その他の金融機関からお振込頂く場合
金融機関コード : 990
店番号     : 438
店名      : 四三八店(ヨンサンハチ店)
預金種目    : 普通
口座番号    : 3698212
受取人名    : イッパンシャダンホウジンシゼンリョウホウキコウ


◆5/27-28(1泊2日)合宿

・日程: 2017年5月27日(土)〜28日(日)
・参加費: 30,000円
・定員: 15名

・スケジュール: 
【1日目】 5月27日(土)
14:00  書写山集合 オリエンテーション

15:00〜17:30 帯津先生講演会/お散歩瞑想(ぬん)
*14:30 開場(講演会のご参加も可能です)

17:30〜19:30  自由時間 (随時入浴等)
19:30〜21:00  夕食 懇親会

【2日目】 5月28日(日)
6:30 早朝練功  帯津先生と朝の気功
7:30〜朝食
10:00〜 車座問答 帯津先生を囲んでQ&A
12:00〜 昼食 (サトケンさん)
14:00 解散

・場所、申し込みなどは、上記の講演会と同じです。

ご参加、お待ちしております!
posted by ぬん at 15:20 | Comment(0) | 日々、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]