2017年06月26日

有機野菜など定期購入できる「安全な食べ物を求める会」(加古川、明石、神戸、西宮、尼崎)

motomeru-title.jpg

前回の記事の続きで、
『食品公害を追放し、安全な食べ物を求める会』(以下、求める会)についてご紹介します。

わにでは、生鮮品を置くことが無理なので、
調味料や乾物だけを扱っていますが、

会員になると、
有機野菜や、季節の果物、
安全な肉・卵・牛乳などを定期的に届けてもらえます。

motomeru-yasai.jpg

野菜の1回のお届け内容はこんな感じです。

料金は、その時々の内容によって多少変動しますが、
だいたい送料込みで、2000円前後になります。
(約2倍の大きなサイズで3000円前後のものもあります。)


営利を目的にしておらず、
グループメンバーの方々が、ボランティアに近い形で運営しているため、
仕入れ原価に近い値段での販売となっているようです。


求める会に入会すると、
毎月500円の会費を払う代わりに、

このような、無農薬・無化学肥料の野菜、果物、
安全な肉、卵、乳製品や、
調味料、乾物、お茶、その他商品を、
リーズナブルな値段で買うことができます。

ただし、一般的な通販とは違い、
配送も、自分たちのネットワークでしているため、
加古川、明石、神戸、西宮、尼崎のエリアに限られていて、配送日も選べません。

通販というより、共同購入に近い感覚です。


求める会は、生産者とのつながりを、とても大切にしています。

扱っている食品は、野菜や果物はもちろん、調味料に至るまで、
地元の兵庫県近辺で、信頼できる生産者を探し、
継続的な関係性を築いています。

生産者さんと、会員(購入者)が、
実際に顔を合わせられる機会を作るため、

生産者さんをお招きしてのお話会や勉強会をしたり、
生産者訪問をしたり、
毎年の感謝祭では、生産者さんもみんな参加していたり、

また、毎月のニュースレターで、
生産者さん達の近況や、作物の状況を伝えたり、

それは、
「単に食べ物を買う」というだけでなく、

自分の食べるものが、どこから来ているのか、
自分の命が、自然とどのように関わっているか、

を感じ取り、

「地球にもやさしく、体にもやさしい、安全な食べ物」を作ってくれる
生産者さん達を応援する行為に感じられます。


求める会は、1976年に設立して以来、40年にわたって、
「すべての人が安全な食べ物で健康に生きられるように」
「次の世代に良い環境が残せるように」
との願いで、
活動を続けてこられたそうです。


40年続けるうちに、メンバーの年齢もだんだん上がり、
今では、70代が中心になっているそうで、
なんとか若い世代につないでいきたいそうで、
ぼくとの出会いにもつながりました。

このようなすてきな思いを、なんとか、つないでいくきっかけになればと、
わにでも、調味料など無理ない範囲で置かせてもらうことにしましたが、

興味ある方、賛同される方いましたら、
ぜひぜひ、求める会の会員となって、つながってもらえたらいいなと思います。


そして、求める会では、以下のような食に関するイベントを、
年間を通して開催しているそうなので、
興味ある方がいたら、ぜひご参加ください。
神戸市灘区・六甲での活動が主になっています。

motomeru-sche.jpg

以下は、大豆畑を支援し、味噌か大豆をゲットできる、大豆トラストの案内。
ぜひご支援を!

motomeru-daidu.jpg

40年間、培われた、食の知恵、地球環境への思いが、
先の世代に続いていきますように。

ぼくの方でも、何か関わっていけたらと思っています。
ぜひ、ごいっしょに!

食品公害を追放し、安全な食を求める会 HP
http://motomerukai.com/
posted by ぬん at 08:06 | Comment(0) | 食と農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]