2017年10月11日

11/5、サティシュ・クマールさん来日&講演会(京都・左京区)

satish2017.jpg

2017年11月に、
環境活動家のサティシュ・クマールさんが来日します。
関西では、11月5日(日)に、京都で講演会が催されます!

ぼくの心の師であり、
ぼくの大好きな、サティシュ。
この機会にぜひ、みんなにサティシュのエネルギーを受け取ってほしいです。

ぼくは、2011年に、サティシュのことを知って以来、
サティシュのことを多くの人に知ってもらいたくて、
これまでに10回以上、サティシュの映像の上映会をしてきました。

ぼくのブログにいちばん多く登場しているのもサティシュだと思います。

昨年6月には、イギリスの、
サティシュの学校「シューマッハカレッジ」を訪れ、
スタディツアー(短期コース)に参加することができました。
そのときのレポートはこちら(http://nunyoga.seesaa.net/article/438898677.html


今のヨガスタジオ「spaceわに」も、サティシュの影響を大きく受けています。


サティシュは、
ぼくたちが、どんな生き方を目指すべきか?
ぼくたちが、どんな未来を目指すべきか?

というビジョンを、
いつも与えてくれる、偉大な師です。


愛にあふれる、崇高な思想はもちろん、
サティシュの活動のひとつひとつ、
サティシュの暮らし方、
話し方、教え方、生き方、

まわりの人へのやさしさにあふれた接し方、
ユーモアあふれる気遣いなど、
そのすべてが、ぼくのお手本であり、憧れです。


サティシュの講演会では、いつも、
後半の半分くらいは質問タイムになります。

どんな質問に対しても、
ユーモアと情熱たっぷりに、
みんなを勇気づけるような、すばらしい回答をくれるサティシュ。

講演会や講座での一問一答が、そのまま本になるほどです。




サティシュは、いつも、
ぼくたちが目指すことができる、ポジティブなビジョンを
発信し続けています。

自然が減り続けてきた時代から、自然が増えていく時代へ。

人と人が、人と自然が、つながりとやさしさを持てる時代へ。


「世界の変化を望むなら、まずは自分が変わりなさい」

ガンジーの思想をベースにした、サティシュの言葉は、
自分たちから世の中を変えられるという勇気を与えてくれます。

サティシュは、誰をも批判せず、
世界を変えるのは、まず、自分の意識と行動からだと説きます。

自分たちに何ができるのか?
どんな変化の一部になれるのか?


すべての人や、生き物、地球への愛にあふれた、
サティシュの力強い言葉は、とても深く、響いてきます。

今回のサティシュ来日の機会に、
ぜひ、多くの方に、サティシュを感じてもらえたらうれしいです。



◆サティシュ・クマールさんについて

1936年生まれのサティシュは、
9歳にして、自分から望んで出家し、ジャイナ教の寺院に入りますが、

18歳の時に、ガンジーの思想に深い影響を受け、お寺を飛び出し、

世界各地の思想家や活動家を訪れたり、
世界各都市に平和を訴えて歩く、巡礼の旅を数年間続け、

1976年から
西洋と東洋思想の融合や、
科学とスピリチュアリティ―の融合、環境と平和などをテーマにした
『リサージェンス誌』の編集長を務め、
世界中の活動家に、大きな影響を与え、慕われてきました。

リサージェンス誌では、
持続可能で、平和で、しあわせな社会を目指すために、

科学、文化、生活、アート、政治などの幅広い分野において、
世界各地の良い事例や、良いリサーチ結果、良い言葉や絵などが集められ、
見る人が勇気づけられ、良いビジョンを描けるような内容になっています。


また、サティシュは、1982年に、イギリスで、
自然とつながった生き方を、
生活を通して学ぶ場「スモールスクール」を開きます。

はじめは10代向けだった学校も、
世界中から、ホリスティックな世界観を学ぶ場として
多くの大人が集まるようになり、
「シューマッハカレッジ」と名づけられた学校(大学院)は、
衣食住の実践を通して学ぶ場として、
今でも世界中から意識の高い人が集まる場となっています。

「シューマッハカレッジ」では、
自然を損なうことなく、
自然と人が共生できる、持続可能な社会を目指すための、
新しい経済学、科学、農業、生活文化などを、
学問として探求し、実践されています。



◆今回のサティシュの来日ツアー スケジュール


◎11月5日(日)13時〜16時
サティシュ・クマールの「アート・オブ・ライフ」
 @京都・下京区・東本願寺 しんらん交流館大谷ホール
http://satish20171105.peatix.com/?lang=ja

・出演:サティシュ・クマール、辻信一、上野宗則、さとう うさぶろう、
KNOB(ノブ)、石坂亥士、魂宮時、YATCH(相沢恭行)、ほか。

・参加費:一般 2000円


◎11月5日(日)18時半〜20時半 @京都・中京区 ちおん舎
サティシュさん、ジューンさん、京都へようこそ夕食会
http://yukkuri-web.com/archives/6857
※満席


◎11月8日(水) サティシュ・クマールさんお話会 @島根・石見銀山
http://yukkuri-web.com/archives/6875


◎11月9日(木)18:00〜20:30 @横浜・戸塚・善了寺
サティシュ・クマールの「アート・オブ・ライフ」
http://yukkuri-web.com/archives/6882
※満席


posted by ぬん at 19:16 | Comment(0) | 環境・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]