11/25(土)、縁むすびキールタンします!@わに(神戸)

enmusubikirtanwani.jpg

歌うヨガとも言われる、キールタン。

この1~2年のあいだで、
ぼくのまわりでも、キールタンを始める人が急激に増え、

ぼく自身も、気づいたら、
キールタン、そして、歌うことが日常になり、
ハルモニウムという楽器や、
ウクレレ、ピアノと、
毎日のように接するようになりました。

一種の流行とも言える、キールタン。
(特に、日本の中でも、関西で流行っているようですが)

欧米でも、キールタンの人気の高まりはすごく、
いまや、多くのヨガスタジオで、
定期クラスが開催されるのが普通になっているようです。


ヨガとは、
心をよい状態にチューニングする行為と言えますが、

心の状態を整えるために、
瞑想をしたり、体を動かすことが有効なのと同様に、
歌うことも、とてもダイレクトで、パワフルな方法だと思います。

聞く音楽によって、心の波長が変わる。
口ずさむメロディーによって、心の波長が変わる。
口にする言葉により、波動が変わる。


元々、インドのヨガ道場では、
体操や、瞑想と並んで、
マントラ(お経)を歌うキールタンも、
ごく基本的な作法として、営まれてきました。

ヨガが、欧米や、日本のような先進国に伝わってきたときに、
歌うという行為が宗教っぽいため、
切り離されてきたのだと思います。

ヨガが市民権を得てきて、
より深い精神性が求められるようになった近年、
少しずつ、歌うという行為が戻ってきているのだと思います。


シンプルな言葉の繰り返しにより、
いつしか無心になり、

楽器や歌声により響き合うハーモニーの中で、
心の深い純粋な部分にアクセスし、

やさしい気持ちが表れたり、
自分の本心が表れたり、
つながりを感じたり、
うれしさが、こみあげてきたり。


キールタンについての前置きが長くなってしまいましたが、
11月25日(土)、14時より、神戸・元町の「spaceわに」にて、
そんなキールタンのイベントです。

「縁むすびキールタン」

このイベントは、
ぼくのまわりの、
キールタンを始めたばかりの人たちによる、
愛しいキールタンを、みんなと分かち合うためのイベントです。

みんな、経験も浅く、
歌うことも、弾くことも、全く上手ではないけれど、

やさしい愛の気持ちを、
このイベントに乗せられたらいいなと思います。

----------

『縁むすびキールタン@わに』

みんなでわになって唄いませんか?

唄うのが好きな方はもちろん、
はじめての方や、
唄は好きだけど人前ではちょっと…という方も、ご心配なく。

おひとりでも、お子様やご家族と一緒でも、
音楽を楽しむ仲間を作りたい人も、みんな大歓迎です!


「キールタン」は、インドのお祈りの歌で、唄うヨガとも言われます。

リード奏者の唄う、シンプルなメロディと言葉を、
繰り返しみんなで一緒に唄っていくので、はじめてでも大丈夫!

リードする私たちも、まだまだひよっこ。けれど、想いは熱く。

その場に居るだけで、みんなとのつながり、自分の内側ともつながれる。
そんなあたたかくて心地良い、時間と空間にできたらいいな~。

今回スペースわにでの『縁むすびキールタン』では、
キールタンを中心に弾き語りや楽器演奏も交え、音を楽しんでいきます。

この機会に音のご縁で結ばれましょう!
どなたでもお気軽にご参加ください。


◆スケジュール
11/25(土) 
14:00~17:00(13:40受付開始)

◆場所
spaceわに
http://www.spacewani.com/
神戸市中央区中山手通3-15-11 2階

・JR 元町駅(東口)より、鯉川筋を山側へ、徒歩10分。
・阪急 三宮駅(西口)より、徒歩12分。
・神戸市営地下鉄 県庁前駅(東1または西1出口)より、徒歩8分。

◆参加費 1000円 (中高生500円 小学生以下 無料)
※参加費は当日受付でお支払いください。

◆参加ご希望の方は、以下のフォームからお申し込みください。
http://kokucheese.com/event/index/488972/

◆お願い事
当日は、祈りをささげる祭壇を作り、
お菓子を捧げものとして、みんなでいただこうと考えています。
参加される際に、シェア出来るお菓子を持ち寄っていただけると嬉しいです。

◆リード奏者 紹介 (50音順)
いっちー
花音
くみ
ぬん
Ai
Ayako
Katsuko
miyabi
MaRi
Nori
Sachiko
Yusuke

以下、facebookイベントページにて、
今回の参加者の紹介などもお伝えしています!
https://www.facebook.com/events/345109775917031/


この記事へのコメント