2017年11月28日

陰ヨガ ティーチャートレーニング 2018 神戸 with Sebastian & Murielle 〜陰ヨガと経絡〜

yin2017a.jpg


2017年に引き続き、2018年4月にも、

フランス人の陰ヨガ講師である、

セバスチャンと、ミュリエールをお招きし、

今回は、4/26-29の4日間、合計25時間の、

陰ヨガ・ティーチャートレーニングを行うことになりました。


このティーチャートレーニングは、陰ヨガの実践とともに、

「気と経絡」に重きが置かれた内容になります。


過去に、陰ヨガのティーチャートレーニングを受けたことがある方はもちろん、

気と経絡について興味ある方や、

経絡にフォーカスした陰ヨガを体感したい方、

ヨガと気の関連についての学びを深めたい方にも、

有意義な時間になると思います。



ヨガを実践する上で、

「気」や「エネルギー」のことはよく聞くけど、

より具体的に「気」がどういうものか、

どのようにヨガと関連しているのかを学び、

漠然としている「気」への理解を深めていただけるのではと思います。



セバスチャンと、ミュリエルは、

数々の種類のヨガを経験する中で、陰ヨガにも出会い、

サラ・パワーズ、ビクター・チャン、ポール&スージー・グリリーといった、

陰ヨガの指導者たちから学びを深めていきました。


特に、陰ヨガの第一人者であり、

ヨガの解剖学の分野においても有名な、ポール&スージーのもとで、

アシスタントをしながら学びを深めました。



セバスチャンは、ヨガの他にも、

武術、指圧、仏教をベースにした瞑想などにも造詣が深く、

広い知識をベースにしています。


「感覚」を大切にしつつも「理論」で分かりやすく教えてくれる、

知的で、教え上手な先生です。


多彩な写真、図解、映像を駆使して、

難解な気と経絡の世界を、わかりやすく伝えてくれる先生は、

世界でも貴重な存在だと思います。


yin2017b.jpg



2人は、アジア・ヨーロッパなど、

世界各地で、この陰ヨガのティーチャートレーニングを行っています。


2017年3月に、2人は、spaceわにで、

module.1(解剖学メイン)のティーチャートレーニングを行いましたが、

凛とした空気の中、瞑想的な洞察が深まる、すばらしい時間でした。


今回は、module.2(気と経絡メイン)ということで、

ますます瞑想的な深まりがあることでしょう。

自分の内側の静けさに触れ、

自分の内なるおだやかさに浸れるのではないかと思います。

module.1を受けていない方でも、問題なくご受講いただけます。


クラスは、英語で行われますが、日本語への通訳がつきます。



◆習得が期待できること

・気や経絡の基本的な知識を学ぶことができる

・経絡とアーサナの関係性(アーサナごとのターゲットとする経絡、アーサナをとる際に気がどう働いているかなど)を学べる

・経絡に焦点を当てた陰ヨガクラス&インストラクションなので、アーサナを取りながら自分の体で経絡を意識できる

・以上をふまえて「気」の観点から陰ヨガを深めることができる


◆こんな方にも、おすすめ

・陰ヨガのポーズや指導方法を学びたい人

・「気」自体に興味があるけど、今ひとつ分からない人

・チャクラやその他のエネルギーワークを実践している人で「中医学」の気の捉え方に興味がある人

・鍼灸や指圧など中医学の知識がある人で、ヨガに興味がある人



講座中は、真剣で、静粛な空気を醸し出すセバスチャンですが、

大の「日本好き」&「銭湯好き」で、

夜になると、うれしそうに銭湯を巡る、お茶目な先生です。


セバスチャンと一緒に銭湯に行くことが、早くも楽しみな、ぼくなのです。

4日間の講座も、いっしょに受講させてもらいます。

興味ある方は、ぜひ、ご一緒しましょう。


◆講座の詳細は、以下特設サイトをご覧ください。


posted by ぬん at 20:59 | Comment(0) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]