ダーマ先生のお人柄~アジアヨガカンファレンスレポート(4)

50k-20100515hongkong 007.jpg

ダーマミトラー先生は、広い部屋いっぱいに人が入っていて、とても人気でした。

ダーマ先生は、とてもキュートで、
先生の話し方や、動きを見ているだけで、
むしょうにうれしい気持ちになってしまいます。
途端に、会場がやさしい雰囲気に包まれした。

彼のキャラだからできることで、ずるいなあと思ってしまいました。
でも、人柄が表れているのですね。

ヤマ、ニヤマの大切さをお話された後、
プラーナヤーマをやって、アーサナに入りました。


先生は、
「コーォブラポーーズゥ」、
とか言うだけで、シリアスさが全くない感じ。
なのに、みんな、緊張感というか、やる気が出て
夢中になってむずかしいポーズに向かっちゃうのだからすごいと思いました。

おそらく、先生が、どんどんアドバンスのオプションを示してくれるのと、
アーサナの順番が、とても深く考えられているからだと思いました。


さんざんインバージョン(逆立ち)とか、
むずかしいポーズをいっぱいして、かなりいっぱいいっぱいになった頃、
先生が、

「はい、ここまでは準備運動。これからが本番」

と言ったので、みんなの中に乾いた笑いが起こりました。

先生曰く、
ダーマヨガでは、
前半は、ヴィンヤサ系の動きのあるポーズで体を温め、

後半は、静的なポーズ中心のアーサナをしながら、
目をつむって、眉間に意識を向けていくということでした。

とは言っても、後半にも、おもしろいオプションが次々出てきたり、
先生が冗談を言ってたりして、そんなにシーンとする感じでもなかったですが。


何と言っても、ダーマ先生が、楽しそうなのがいいです。

先生が楽しそうなので、みんなハッピーになるんだと気づきました。

自分も、見習わなければと思いました。


この記事へのコメント